スライドショースライドショースライドショー

プログラマーに独学未経験でなる人となれない人の違いとは

ニャンズとにゃんにゃんしている侍エンジニア塾ブログ編集部のモリシタです。

「プログラミングを独学で勉強することは可能なのか?」
「独学でプログラマーになれるのか?」

など、ネットでも独学でプログラマーなれるという人と、なれない人といますよね。

どっちが本当なの?と悩みますが、独学でもプログラマーなれる人は確かにいます。

しかし、独学でプログラマーなれない人もいます。

独学でプログラマーになれる人となれない人は何が違うのか気になりますよね?

そこで今回は、独学でもプログラマーになれる人の条件なれない人のポイントを解説します。

この記事を読めば、あなたが独学でもプログラマーになれる人なのかそうでないのかがハッキリわかります。

また、独学でプログラマーになれない人の傾向を見て、独学からプログラマーになれる人になりましょう。

プログラマーに独学でもなれる人の条件

年齢の壁

未経験でプログラミングの知識が一切なくても20代前半であれば、プログラマーに就職できます。

特に20代前半は、新卒でプログラマーとして育てるために採用されるので企業も教育が必要という前提で人材をとります。

なので、プログラマーとしての知識や実績があるかないか、独学で勉強したかスクールに行っていたかは重要視されません。

また、20代後半であってもまだまだ若手であり、伸び代が期待できます。

若い人は吸収力も高く、今はプログラマーとして未熟でも今後が期待してもらえます。

しかし、これが30代、40代になってくると違います。

30代、40代は社会人としての経験もそれなりにあり、20代に教育するよりもハードルが上がります。

また30代、40代で異業種からプログラマーへの転身は、ストーリーが求められます。

なぜその歳でプログラマーなのか、転身を決意したきっかけなどしっかりと答えられる準備が必要です。

成果物があるか

プログラマーは経験も大切ですが、何よりもアウトプットを重視されます。

プログラマーはプログラムを作るものづくりの職業です。

料理ができないシェフなんていませんよね?

プログラマーも同じです。

プログラムを作ることだできて、プログラマーです。

独学かどうかではなく、アピールできる成果物があるかどうかが重要です。

また、オリジナルのプログラミングを通し、プログラムを作る一連の流れを学べます。

採用する側は、あなたが作ったオリジナルのプログラムで、あなたの技術面を評価できます。

コミュニケーション能力が高い

実績も経験もない人の何を評価するか、それはやはり人柄です。

あなたが転職や就職をする時に、この企業で働きたいか、人間関係はどうか考えますよね。

それは採用する企業側も同じです。

せっかく採用したのにすぐに辞められては困ります。

自社に適応できそうか、既存社員とうまくやっていけそうかなども見られています。

プログラミングスキルがめちゃくちゃ高くても、コミュニケーションが取れなければ業務に支障が出てしまいます。

独学でプログラミングを勉強するかスクールに行くか最初に悩むかもしれませんが、まずはあなたが行きたい企業がどんな人を求めているのかを考えましょう。

プログラマーに独学ではなれない人の傾向

目的・目標がない

プログラミングは多くの人が挫折する難易度の高い分野です。

未経験かつ独学で勉強するには、非常にハードルが高いです。

また、独学の人にありがちな

  • スクールは受講料が高い
  • スクールに通う時間がない
  • などの理由で独学を選ぶ人は、挫折します。

    プログラミング学習は難しいため、色々な場面でつまずきます。

    しかし、目的をしっかり持っていれば、なんのために独学でプログラミングを勉強しているのか目的がハッキリしています。

    ただなんとなく独学をスタートした場合、強制力がなくなんとなく学習を辞めてしまいます。

    あなたがなんのためにプログラミングスキルが必要なのか、しっかりと目的を明確にしましょう。

    計画性がない

    目的がないため、そこに向かうための計画がありません。

    そのため、いつまでもだらだら学習を続けていたり自分が成長しているかどうかの実感がありません。

    そのため、独学は不安や迷いが生まれがちです。

    誰かに相談することもできず、独学はやっぱり自分には難しかったと諦めてしまいます。

    また、独学のみでプログラミングスキルを身につけようとした場合、約1000時間の学習時間を確保しなければならないと言われています。

    計画性がないため、その日の気分や仕事の忙しさで勉強に手がつけられない人が非常に多く、結局は学習自体をやらなくなってしまいます。

    ゴールを設定して、そこから逆算して計画を作りましょう。

    相談する人がいない

    プログラミングを未経験でしかも独学で学ぶと、何度もわからないことにぶつかります。

    簡単なエラーを一つ解決するにも、非常に時間がかかってしまいます。

    自分の力で考えることも大切ですが、考える事悩む事を混同している人がいます。

    わからない事を悩むのは学習効率が非常に悪く、プログラミング自体が嫌いになります。

    初心者がつまづくレベルは、実務でプログラミングができる人にとって一瞬で解決できる内容が多いです。

    実際、独学で学習するよりもプログラミングができる人に相談しながら学習する人の方がプログラミングスキルの習得が何倍も早いのが現実です。

    独学で勉強するなら知人やネットでアドバイスをもらえる人を必ず作りましょう。

    成果物がない

    先ほどもお伝えした通り、プログラマーはプログラムを作れてこその職業です。

    若ければいいですが、ある程度社会人経験を積んでしまった人は途端に市場価値が下がります。

    では、若い人に対抗するにはどうすればいいか?

    それは自分の実力を評価してもらえる成果物を用意する事です。

    1つオリジナルのプログラムを作れば、ポートフォリオとして活用できます。

    また、プログラムを作る事は、プログラミングスキルの上達にも繋がります。

    独学でプログラミングを学習した成果として、オリジナルのプログラムを作りましょう。

    まとめ

    いかがでしたか?

    独学でプログラミングスキルを身につけるのは困難です。

    そのため、独学をへてプログラマーになれる人は非常に限られます。

    しかし、ご紹介した失敗する人の傾向を学び、対策すれば独学からでもプログラマーになるチャンスは十分あります。

    しっかりと目的を明確化し、計画的に学習しましょう。

    また、気軽にプログラミングについて相談できる人を見つけ成果物も作りましょう。

    これができるかできないかで、あなたの人生が大きく変わります。

    ぜひ、頑張ってください!

    LINEで送る
    Pocket

    「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

    当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

    その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

    侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

    cta_under_bnr

    「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

    cta_under_btn

    書いた人

    モリシタ

    モリシタ

    猫をこよなく愛する、侍エンジニア塾ブログ編集部のモリシタです。
    価値ある情報をお届けする為、日々精進しながら執筆活動に取組んでいます!

    おすすめコンテンツ

    あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

    プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説