システムエンジニアも英語が必要!エンジニアの為の目的別勉強法

どうも!侍エンジニアブログ編集部のテラです!

最近は、外国人エンジニアの雇用増加や海外でのオフショア開発の増加が進み 「エンジニアにも英語が必要」という時代になってきました。

この流れを受けて、英語の学習に取り組む人も多いのではないでしょうか?

しかし、

英語を勉強したいけど、何から勉強したらいいのか分からい……。」
「どんな学習をすべきなのかな」

こんな疑問がでてきますよね。

そこでこの記事では「エンジニアの為の英語学習方法を目的別」でをご紹介します。

実際の現場では、英語ができる人材が圧倒的に不足しています。

英語ができるようになることで、キャリアアップができることはもちろんですがエンジニアならではのメリットもあります。

【こんな方に向けて書きました】
・エンジニアとしてステップアップしたい
・最先端の技術をいち早く収集したい
・グローバルな人材として国内外で活躍したい

システムエンジニアに英語が必要な理由

システムエンジニアに英語が必要な理由

技術情報の情報取得

エンジニアの人で最新技術の情報を調べたい場合、日本語で解説されたものが少なくて、
英語で解説しているものしか見つからなかった。ということが良くありますよね。

最新技術を習得したい場合に、英語ができないと大きな壁が立ちはだかるんです。

そのため、英語の情報にアクセスできて情報を取得できる人は、海外の最新情報や技術情報をいち早く知ることができます。

英語ができることによって、周りのエンジニアと差をつけることができることはもちろん、
会社でも必要とされる人材になることがでます!

海外人材が採用が急増中

2017年頃から日本企業でも外国人エンジニアの採用が急増しています。

日本でエンジニアの不足が進んでいることで、日本人エンジニアの採用が難しいという背景があります。

また、最新技術を使いたい場合に、適した人材見つからないことや
日本語を話せるよりも、最新技術でプログラミングができる人材を確保したいという理由があります。

海外人材が増える中で、適切なコミュニケーションを行うためには英語ができる必要があります

システムエンジニアが英語をできる事で得られるメリット

システムエンジニアが英語をできる事で得られるメリット

市場価値の上昇

日本で英語ができるエンジニアというのは貴重な人材です。

IT業界は市場は日本だけでなく海外にもあるため、海外に進出する日本企業も多いですよね。

市場がグローバルになる中で、英語ができるエンジニアが必要となります。

そのため、英語ができるエンジニア待遇良かったり、転職のときも良い条件ですることが可能です。

英語ができることで、貴重な人材の1人になることができるのでメリットが大きいですね。

最新情報にアクセスできる

IT技術の最新情報はほとんどが海外から発信されるため、最新技術の情報は英語の場合が多いです。

日本に情報が広まる、翻訳の作業が必要になるので、海外に比べて情報が遅いということがよくあります。
リファレンスを見ようと思ったら「英語の情報しか無かった」なんてこともありますよね……。

英語ができることで、最新技術に関する情報を理解できるので、
知識のアップデートが早くより多くの情報にアクセスすることができるというメリットがあります。

海外で就職も可能

エンジニアの最大のメリットはプログラミング言語が世界共通だということです。
基本的に使えない技術がほとんどないことです。

英語を話す事ができれば、海外の企業で働く事ができるんですよ!

技術があり英語が話せることで、働ける場所が一気に広がりるので、英語ができるめメリットは大きいですね。

英語に自信がない人は基礎学習から【文法】

英語に自信がない人は基礎学習から【文法】

英語の基礎に自信がない人

英語の基礎に自信がない人は、まずは基礎を固める必要があります。

基礎が出来ていないと、読む、書く、聞く、話す全てにおいて壁を感じる原因になります。

TOEICで500点以下の場合は、最低でも中学3年間の文法を学習し基礎を身に着けましょう。

↓オススメの参考書↓
参考>>中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。

リファレンスの読解力を高める勉強法【リーディング】

リーディングは理解が難しく、壁を感じる方が多いと感じます。

リーディングで壁を感じる原因の一つに、知らない「単語」「定型句」が多いのが原因です。

特に技術に関する文章は、専門用語がよくでてきますね。
エンジニアであれば専門用語を理解しているかどうかが、リーディングをの読解力を伸ばす鍵となります。

ちなみに、技術関連の用語は、頻出する「単語」「定型句」が多くあります

これを覚えることが英語のリファレンスを一早く読めるようになるコツです!

リーディングの勉強法

リーディングは参考書で専門用語を覚えながら、英語の技術書やIT情報のニュースサイトを読むのがオススメです。

そこで分からない単語があれば、メモを取り覚えましょう。

↓リーディング学習にオススメの参考書↓
参考>>現場で困らない!ITエンジニアのための英語リーディング

この参考書は、リファレンスや仕様書などのタイプごとのリーディングのコツが学べ大変参考になる部分が多いです。

また、「単語」「定型句」も学ぶことができるのでエンジニアにとって学びやすい参考書なのでオススメです。

先ほど紹介した参考書で学びを読みながら、ニュースサイトを合わせて読みましょう!
参考>>TechCrunch

ニュースを読むことで、話題になっているニュースの単語、言い回しが繰り返しでてくるので、覚えやすくなります。

海外カンファレンス内容を丸わかり!【リスニング】

リスニングができるメリットは海外のカンファレンスの内容を理解できたり、

海外の勉強会などに参加して理解できるようになります。

リスニングの勉強法

リスニングを上達させるコツは興味ある話題の音声を聞くことからはじめましょう。
そして、エンジニアであれば自分の得意とする技術分野の話題がオススメです。

日本語での知識が少ない分野の話題だと、どうしても聞き取りに壁を感じてしまいます。

オススメの参考書

リスニングは参考書を購入するよりもPodcastの利用し、繰り返し聞くことをオススメします。

リスニングは情報一つ一つ得るというよりは、英語に触れる機会を作って楽しむように行うほうが続きます

スクリプトをスクリプト付きのものを選ぶと、内容を把握したい場合に役立ちます。

英語で議論をできて将来は海外勤務【スピーキング】

英語を話せることで、外国人とコミュニケーションを取ることができるようになりよね。

外国人とコミュニケーションをとれるようになることで、海外で働くという選択肢が生まれます。

プログラミング技術は世界共通言語なので、英語ができることで
海外のクライアントと取引できるできたり、海外ではたらくことが可能になるメリットがあります。

スピーキングの勉強法

先ほど紹介した、専門用語の「単語」や「定型句」をアウトプットする練習を行いましょう。

英会話の基本は、インプットしたものをアウトプットすることです。

オススメはオンライン英会話を使って、覚えた語句を使いながら話す練習をすることです。

エンジニアの現場では、正しく伝わる英語を話すことが重要になります

基本的な動詞の使い方をインプットして、繰り返しアウトプットする練習をすることが上達のコツです。

↓オススメの参考書↓
参考>>ITエンジニアが覚えておきたい英語動詞30
参考>>ITエンジニアのための場面別英会話&キーフレーズ

参考書に書いてあるフレーズを使いながら、技術用語を組み合わせてとにかくアウトプットの練習を行いましょう。

まとめ

IT業界がよりグローバルになることによって、エンジニアにも英語力が求められます。

現在は英語ができるエンジニアは希少ですので、英語ができるかどうかで市場からの評価が変わって来ます。

今回紹介した、学習方法を使って今から少しづつでも英語を学習し自信のキャリアにつなげていきましょう。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI TERAKOYA

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら
ページ上部へ戻る
Close