フリーランスエンジニアの理想と現実!在宅案件のみで生活は可能か?

こんにちは。侍エンジニア塾ブログ編集部のダイキです。

在宅のフリーランスエンジニアというと、自宅やカフェなどで自由に働いているイメージをお持ちになる方も多いですよね。

しかし、最近ではフリーランスエンジニアでありながら企業と期間契約を結び、常駐して働くエンジニアも増えています。

「せっかく自由に働けるのに、何故?」
「常駐じゃ、いままでと変わらないじゃん!」

と思いますよね。

その理由は、在宅フリーランスエンジニアの厳しい現実があります。

どの記事もフリーランスエンジニアは、在宅やどこでも仕事ができて最高!という記事ばかり。

なので今回は、あえて誰も教えてくれない在宅フリーランスエンジニアの現実をお伝えします。

その上で、本当に在宅フリーランスエンジニアにあなたがなるかどうかの参考にしてくださいね。

【こんな方に向けて書きました】
・自由な働き方にあこがれている
・フリーランスになることを検討している
・在宅案件だけでの生活を考えている

誰もが憧れる在宅フリーランスエンジニア

働く場所が自由

会社にわざわざ出勤する必要はないので、通勤のストレスから解放されます。

また、在宅のフリーランスエンジニアのイメージとして強いのが、カフェや旅行先など自分の好きな場所で仕事ができるという事です。

在宅フリーランスエンジニアの最大のメリットの一つ、強制的に会社でしか作業できないよりも、柔軟にその日の気分で作業場所を変えることができます。

働く時間が自由

在宅案件一番の魅力は自由に時間を使える点ですね。

フリーランスでも常駐案件の場合、毎日企業に努めなければなりませんが、在宅案件であれば通勤する必要がありません。

日本の社会では、通勤に多大なストレスを感じている方が多いため、このストレスがなくなるというのは大きなメリットです。

勤務時間も特に設けられていないため、決まった時間で作業をする必要がなく、自由に作業時間を決めることが出来ます。

自分の意思で決められる

依頼された仕事をするかしないかは、自分で決める事ができます。

社員であれば、会社が用意した仕事をしなければいけません。

しかし、フリーランスエンジニアは、自分の意思で案件を選ぶ事ができます。

フリーランスエンジニアになれば、やりたくない仕事はやらなくていいですし、その時の状況を判断しながら柔軟にやるべきことを自分で決める事ができます。

在宅フリーランスエンジニアの現実

常駐案件に比べて単価が低い

常駐案件は、在宅案件に比べて高額なものが多いです。

エージェントが扱っている案件も多く、技術があれば案件を獲得することが比較的容易に出来ます。

常駐案件は大体1ヶ月〜3ヶ月くらいの期間で、契約更新を行い、企業に常駐して作業を行ないます。

フリーランスは、収入にばらつきがあることが多いのですが、常駐案件であれば毎月の報酬が決まっているため、安定した収入を得ることが出来るのは魅力的ですね。

しかし、在宅案件に関しては案件自体の数が少ないという問題があります。

クラウドソーシングなどの単発的な案件であれば、探すことは用意ではありますが、こういった案件は相手側と顔を合わせないため、常駐案件に比べると収入も少なくなってしまいます。

在宅案件でも高収入を得るためには、それなりの実績と信頼が必要になります。

実績がなければ仕事もない

フリーランスエンジニアに求められるのは即戦力であり信頼です。

雇う側に立って考えれば、どこの誰だか分からない人が本当に仕事をしているか不安ですよね。

在宅であるために、本当に仕事をしているかサボっているかもわかりません。

また、エンジニアとしてのスキルレベルも分からないので不安だらけ。

なので、フリーランスエンジニアとして在宅案件を獲得したいなら、

・いままでの実績をポートフォリオとして纏めて提示出来るようする
・常駐案件をこなして企業からの信頼を得る

といった事が必要になります。

まずは週3日勤務の案件などもあるので、こういった案件をこなして信頼を勝ち取りましょう。

コミュニケーションスキルが必要

先ほどもお伝えした通り、フリーランスエンジニアを雇う側も相当なリスクを負います。

そのため、フリーランスエンジニアは人としても評価されなければいけません。

社員であれば、自分に割り振られた仕事だけしていればいいかもしれません。

しかし、フリーランスエンジニアとして活躍したいなら、この人なら安心して任せられると思わせなければいけません。

在宅であればなおさら、取引先とのコミュニケーションが大切になります。

不信感を払拭し、また案件を依頼したいと思ってもらえなければいけません。

セルフマネジメントが必要

在宅で仕事をするのは、非常に大変です。

家の中にはたくさんの誘惑があり、会社のように強制力もありません。

また、在宅フリーランスエンジニアを始めた人が陥りがちな、案件を受注しすぎてしまうことにも注意が必要です。

在宅フリーランスエンジニアになりたての場合、収入への不安や少しでも多くの実績を作りたいために案件をとにかくいれてしまいがちです。

しかし、何も考えずにそうしていると、オーバーフローになってしまいます。

案件を受ける受けないもフリーランスエンジニアにとっては自己責任になります。

家族の協力が絶対必要

在宅のフリーランスエンジニアにとって、家族の協力が必要です。

家で仕事に集中できる環境づくりが何より大切です。

同居の家族がいたり、子供がいる場合は必ず邪魔が入ります。

そこで作業の効率が悪くなったりすると、せっかく請け負った案件がダメになります。

家族がいるから外で仕事をする…それって、会社員と変わりませんよね。

また、精神的にも家族との人間関係にも亀裂が生じます。

仕事は会社でするもの、というイメージが強いのが現状です。

家にいるんだから家事をしてよ、と言われてしまいがちです。

自分の作業環境を家族に協力してもらいながら作っていく事も必要です。

自己投資に費用がかかる

在宅であろうとなかろうと、フリーランスエンジニアにとってスキルアップのための自己投資は大切です。

案件を継続的に受注できるかに関わってきます。

会社員であれば、会社がスキルアップのための制度を用意してくれている場合が多いです。

しかし、フリーランスエンジニアは自分で選択して、自分に投資をしなくてはいけません。

どんなことにどれくらいの投資をするのかは、戦略的な意思決定が必要です。

在宅フリーランスエンジニアに向く人向かない人

在宅フリーランスエンジニアに向いてる人

  • アプリやサービスの開発実績がある
  • コミュニケーション能力が高い
  • 決断力がある

あくまでも一例ですが、フリーランスエンジニアは常駐とは違いセルフマネジメントができなくては仕事になりません。

また、遠隔でも安心してあなたに仕事を任せられるかどうかが大切です。

在宅フリーランスエンジニアに向かない人

  • エンジニアとして経験が浅く実績がない
  • コミュニケーション能力が低い
  • 優柔不断

こちらもあくまで一例です。

フリーランスエンジニアの特に在宅ワーカーは、自主性やコミュニケーションが大切です。

取引先に安心してお仕事を任せられる人材になる事が重要です。

まとめ

いかがでしたか?

今回はフリーランスエンジニアの在宅の働き方についてご紹介しました。

フリーランス最大の魅力は自由です。

メリットを活かすにも、デメリットを知らなければいけません。

在宅であるかどうかが大切なのではなく、自分にあった働き方を見つけることが一番幸せだと思います。

皆さんも自分の働き方について考えてみると新しい発見が見つかるかもしれませんよ。

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

ナカガワダイキ

ナカガワダイキ

侍エンジニア塾ブログ編集部のナカガワです。ホテル業界に9年間従事し、未経験からIT業界へ転身。
初心者目線で、誰が読んでも分かりやすく読みやすい記事の執筆を心がけています。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説