フリーランス転向前にSEが副業をすべき理由と気を付けたい失敗事例

こんにちは。侍エンジニア塾ブログ編集部のダイキです。

ここ数年で大手企業が続々と副業を解禁していることは有名ですよね。

特にIT業界では副業を推奨している企業が多く、エンジニアでも副業を行なっている方は増えてきています。

企業にとっても副業はたくさんのメリットがあって、副業をさせることで社員の成長を促進している訳ですね。

しかし、いざ副業をするとなると、

「どんなことを始めれば良いのかな?」
「副業でどんなことが得られるの?」

と考える方は多いですよね。

そんな注目の副業ですが、エンジニアにとって非常にメリットが多いんです。

しかし当然、副業で失敗する人もいます。

そこで今回はエンジニアにとって副業はどんなメリットがあるか、副業の失敗事例もご紹介します。

【この記事はこんな方に向けて書きました】

  • 副業に興味を持っているSEの方
  • 企業に属しながら副業をしているSEの方
  • フリーランス転向を目指しているSEの方

なぜフリーランスになる前に副業が必要なのか

自分を試せる

今の自分のスキルが、フリーランスとして通用するかどうか試す事ができます。

長年一つの職業でスキルを磨いてきたとしても、需要がなければ意味がありません。

しかし、それは試してみなければ分かりませんよね。

副業であれば、今の自分がどの程度仕事をこなせるかを気軽に試すことができます。

そのなかで、フリーランス転向前に、今の自分の需要やかけているものを把握することで、フリーランス転向後の仕事獲得などに大いに役立つでしょう。

実績を積める

フリーランスは個人であるため、取引のない企業からの信頼を獲得するのは難しいです。

では、何であなたを評価するのか。

それは今までの実績です。

どういった仕事をしてきたのか、どういうもの作ってきたのかあなたのスキル信頼性を測る一つの基準です。

即戦力が求められるフリーランスにとって、何をやってきたかが重要視されます。

人脈を広げることが出来る

企業に属していると、あまり多くの人と交流する機会はありませんが、副業を行うことで普段接することのない人と交流することが出来ます。

フリーランスにとって、人脈は非常に重要な要素です。

特に副業では、自身の仕事ぶりを実際にみてもらうことができるため、企業が求めている以上の業績を残すことができれば、企業側も積極的に交流を取ってくれます。

フリーランス転向後、新規案件を獲得するうえで、副業時に印象を残すことが出来ていれば容易に仕事を貰うことが可能でしょう。

副業はなるべく1つの現場ではなく、多数の現場で行うと効率よく人脈を広げることが出来るのでおすすめです。

適性を見極めることが出来る

SEとして働いているからといって、本当に自分に一番適した職種がエンジニアかは実際に色々試してみないと分かりませんよね。

副業は職種を自由に選択できるため、

「デザインに興味があるから、デザイナーの仕事をやってみよう。」

という軽い気持ちでも始めることができます。

もしかしたら、様々な業種を試すうちに自身に一番あった職種が見つかるかもしれません。

結局、エンジニアが自分には1番あっているという結論が出たとしても、経験は無駄にはなりません。

様々な経験を積んだことがフリーランス転向時の仕事の幅を広げてくれるでしょう。

市場価値を高めることが出来る

副業では本業と違い、業務を自分で選択することができます。

本業とは別のスキルを身につけておけば、フリーランス転向時に様々な案件を受けることができるようになります。

企業にとって、多数のスキルを身につけたエンジニアは、絶対数が少なく非常に市場価値が高い存在です。

フリーランス転向前に、多数のスキルを身につけることができれば、転向後の生活は非常に楽なものになるでしょう。

では、具体的にどういったスキルを身につければ良いでしょう。

例えば、プログラミングスキルライティングスキルを身につけていれば、SE関係の仕事以外にもテック系記事の執筆が行えるようになります。

特に高いプログラミング知識を持った方のテック記事は価値が高く、好条件のものも多くあるため、隙間時間などを有効に活用できます。

このように様々なスキルの組み合わせがあり、多数のスキルを持ったエンジニアほど重宝されるため、副業を行う際は他業種にも積極的に挑戦するよう心掛けましょう。

多数のスキルを持ったエンジニアについては、詳しくまとめた記事がありますのでこちらを参照ください。

社内SEが副業で失敗する5つの事例

【失敗その1】タイムマネジメントに失敗する

本業以外で副業をする場合、平日の余った時間や休日を利用します。

自分の体力に見合わない量の副業をしてしまい、本業に差し支える事があります。

いきなりそこまでがっつり副業する人は少ないですが、副業が軌道にのりだすとそちらの方が楽しくなり、ついつい無理をしてしまう事があります。

副業が禁止でもOKでも、本業に支障をきたさないように注意が必要です。

【失敗その2】報酬に見合わない仕事を受ける

副業を始める人の多くは、自分のスキルの市場価値を理解していません。

そのため、低い報酬で買い叩かれるケースがあります。

副業サイトを複数登録し、それぞれの仕事の単価を確認しましょう。

【失敗その3】続けることができない

副業にどんなものがあるか分からず、とりあえずやってみたけれど自分に合わずにやめてしまうこともあります。

また、本業が忙しくなり、副業にまで手が回らなくなる場合もあります。

他にも、一時的な衝動で始めたはいいけれど、そこまで副業に対するモチベーションが高くなく続かないケースもあります。

【失敗その4】立ち上げたプロジェクトでトラブルになる

副業は依頼を受けてするものだけではありません。

自分でプロジェクトを立ち上げ、人を募って行う場合もあります。

その場合、チームメンバーとのトラブルも起こりやすく、結局プロジェクト自体をダメにしてしまうことがあります。

【失敗その5】スタートアッププロジェクトに注意

スタートアップ段階のプロジェクトに参加する場合、自分のタスク期限を明確にしておきましょう。

スタートアップのプロジェクトは、とにかく人手が足りずタスクも膨大です。

また、組織的な管理体制も未熟です。

いつまでに何をやるのかを明確にしなければ、トラブルの元となります。

また、チームリーダーの経験が浅い場合、プロジェクト自体がダメになります。

スタートアップのプロジェクトに参加する場合、注意が必要です。

SEが副業を始めやすい職業

副業を通して、フリーランス転向の足がかりになり得るものをいくつかご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

コーディング

昨今、副業としてクラウドソーシングを活用する方が増加しています。

その中でも、WEBサイト制作やWEBサイトをWordPressに移行させる案件が多くあります。

納期は大体1週間〜1ヶ月ほどで、報酬が5万〜30万円とかなり高額です。

WEBサイトのデザイン修正など、軽い案件もあるので自身の許容範囲に合わせて案件を選択できます。

WEBライター

ブログ、メディアなどの記事を作成する案件も多くあります。

1つのテーマを掘り下げて記事を作成するため、ある程度のスキルが必要になります。

簡単なライティングであれば、隙間時間などの短い時間に記事を作成することができるため、比較的始めやすい副業と言えます。

単価にかなりばらつきがあり、100円〜3万円くらいの幅で多くの案件があります。

最初は安い案件で、数をこなしていき慣れてきたら、高額な案件を受けることがおすすめです。

アプリ開発

スマートフォンの普及によって、ゲームアプリユーティリティアプリなどの開発案件も多くあります。

大体納期は1〜2ヶ月ほどで、報酬額も10万〜30万円と高額です。

普段、上流工程の多いSEにとって、プログラミングスキルを磨く良い機会となりますが、規模の大きい案件も多数あるので、自分の許容を超えないか見極めが必要になります。

出来のいいアプリを作成することが出来れば、フリーランス転向後も仕事を紹介してもらえる可能性があるため、人脈を広げる機会としても活用できます。

まとめ

いかがでしたか。

副業には様々な種類があり、エンジニアとして副業で経験を積むことはフリーランス転向にも役立つことが伝わりましたね。

この記事が、皆さんのフリーランス転向に役立つことが出来れば嬉しいです。

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

ナカガワダイキ

ナカガワダイキ

侍エンジニア塾ブログ編集部のナカガワです。ホテル業界に9年間従事し、未経験からIT業界へ転身。
初心者目線で、誰が読んでも分かりやすく読みやすい記事の執筆を心がけています。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説