2018年決定版!フリーランスエンジニア転身前に読むべき10冊の本

こんにちは。侍エンジニア塾ブログ編集部のダイキです。

近年、フリーランスという働き方が注目されていますよね。

エンジニアの方もフリーランスを目指そうと考えている方は多くいらっしゃいますよね。

しかし、フリーランスは仕事の獲得から税金など細かい部分まで全て自分でやらなければならず、ノウハウを知っていないと大変なことだらけです。

そこで、今回は「フリーランスにとって重要な金銭面の悩みを解決できる入門書籍」「フリーランスエンジニアになるためのノウハウを紹介しているおすすめ書籍」をお届けします!

基本的なことから、フリーランスの心構えなどが分かる書籍を集めたので、ぜひ参考にしてください。

フリーランスを目指すならまずこれを読もう!

フリーランスを目指そうと思っても、実際フリーランスになったら何をすればいいか分からない方もいますよね。

書籍には、著者の実績や経験に基づいた情報がたくさん詰まっていますが、本屋に行ってもなかなかどの本がいいか決めかねてしまいます。

そこでフリーランスを目指す人の指標になるような、おすすめの書籍を集めましたのでぜひ参考にしてください。

フリーランスの教科書

[引用元]

コメント

この本ではフリーランス1年目でやるべきことが全て記載されています!

フリーランスになりたての人が不安になりがちな税金、保険、年金、契約、法人化についてを分かりやすく解説しているほか、確定申告についても非常に分かりやすく書かれています。

フリーランスになる覚悟を決めた人に向けた「フリーランスの教科書」となるべき本です!

フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。

[引用元]

コメント

ほとんどのフリーランスが持っているといっても過言ではないロングセラー本です!

フリーランスライター兼イラストレーターの著者が、実際に税理士から講義を受けた内容を分かりやすくまとめた1冊。

自身の体験に基づいているため、フリーランスが抱く「なぜ?」という疑問を解決できる内容になっています。

特に「税金・社会保険の基礎知識」「帳簿」「青色申告」「消費税」「将来の法人化」について詳しく書いてあるので、手元に1冊は置いておきたいですね!

また、イラストも多くテンポよく読んでいけるため、本をあまり読まない方にもおすすめの1冊です。

フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法

[引用元]

コメント

フリーランスになる際に不安に思うのは「収入が不安定」「先行きがわからない」「保障がない」という点ですよね!

この本を読めば、そんな不安を解決する事が出来ます。

フリーランスが「職種に関係なく絶対やっておきたいこと」をはじめ、「安定して稼ぐためのノウハウ」を分かりやすく解説しています。

フリーランスに不安を持っている方におすすめです!

図解 いちばんやさしく丁寧に書いた青色申告の本 ’18年版

[引用元]

コメント

フリーランス・個人事業主にとって、欠かすことの出来ない青色申告の入門書です!

内容を分かりやすく図解で説明しており、「青色申告なにそれ?」という方でも、理解できるよう書かれています。

内容も年度ごとに更新されており、こちらの18年版を購入しておけば間違い無いでしょう!

こちらの本は青色申告に特化した本なので、青色申告について分からないことがある方は購入しましょう。

経費で落ちるレシート・落ちないレシート

[引用元]

コメント

フリーランスにとって、「経費」で落とせるものがどういったものかって非常に大切ですよね。

この本を読むことで、経費に関する基礎知識が分かる他、具体例をもとに経費で「落とせる基準」「落とすコツ」を知る事が出来ます!

会話形式で本を読み進める事ができるため、本を読むのが苦手な方でもサクサク読み進められる画期的な「節税」の入門書です。

フリーランスエンジニアになるならこれを読もう!

フリーランスエンジニアになると決断しても、やはりノウハウがなければ不安に感じてしまいますよね。

そこで、フリーランスエンジニアに知っておいてほしい情報がたっぷり詰まったおすすめ書籍を紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね!

ITエンジニアが独立して成功する本~年収2000万円を稼ぐ!

[引用元]

コメント

フリーランスエンジニアを目指す上で必要な考え方やノウハウが詰め込まれている指南書的な本です。

この本には「独立して失敗する人・成功する人の特徴」「顧客との交渉のコツ」などフリーランスとしてやっていくために必要なポイントが詰め込まれています。

フリーランスになりたい方やフリーランスになったがうまくいかないという方にとって、ぜひ読んでほしいおすすめの本です!

エンジニアがフリーランスで年収1000万円になるための稼ぎ方

[引用元]

コメント

実際に企業に属していたエンジニアがフリーランスになって年収1000万を達成した方法を紹介しています!

著者自身の実体験に基づいたものであり、フリーランスとして働くにはどのような考えを持って行動すればいいかが書かれています。

フリーランスのリアルな実情を書いているので「フリーランスの働き方ってこういう感じなんだ。」とイメージすることができます。

Team Geek ―Googleのギークたちはいかにしてチームを作るのか

[引用元]

コメント

Googleに入社してリーダーを勤めている著者が「エンジニアが他人とうまくやるコツ」を紹介しています。

フリーランスにフォーカスした本ではありませんが、フリーランスにとっても他者とのコミュニケーションは欠かせません。

特にこの本に記載されている「チームを作る3本柱」「チーム文化の作り方」「有害な人への対処法」などはエンジニアにとって非常にためになります!

文章も楽しい逸話を交えて解説しているため、読みやすく本が苦手な方もぜひ読んでほしい1冊です。

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

[引用元]

コメント

この本は「コードは理解しやすくなければならない。」という原則をもとにコーディングを様々な場面に当てはめる方法を紹介しています。

名前の付け方やコメントの書き方など表面上の改善についてや、コードを動かすための制御フロー、論理式、コードを再考ちくするための方法などを楽しいイラストと共に説明しています。

読みやすいコードを作成することは、フリーランスにも必要で業務を引き継ぐ際など非常に活用の場が多い技術ですので、自身のコードが「読みづらいコード」だと感じることがある方はぜひ読んでおきましょう!

ITエンジニアのための「人生戦略」の教科書 ~技術を武器に、充実した人生を送るための「ビジネス」と「マインドセット」

[引用元]

コメント

この本はエンジニアの人生設計にフォーカスした内容になっています。

社内SEとして上を目指すか、現場のスペシャリストとなるか、自分の技術を活かしてフリーランスとなるかエンジニアには意外とたくさんの道があります。

転職や独立起業も射程に入れた「マインドセット」の持ち方やお金、営業戦略、顧客対応術など様々なノウハウが詰まっているこの1冊。

フリーランスを目指す上でぜひ参考にしていただきたいです!

まとめ

いかがでしたか?

今回紹介した書籍を読めば、「フリーランスとはどういうものか」「フリーランスエンジニアには何が必要か」がわかります。

この記事が皆さんのフリーランスへの第一歩に役立つことができれば嬉しいです!

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

ナカガワダイキ

ナカガワダイキ

侍エンジニア塾ブログ編集部のナカガワです。ホテル業界に9年間従事し、未経験からIT業界へ転身。
初心者目線で、誰が読んでも分かりやすく読みやすい記事の執筆を心がけています。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説