スライドショースライドショースライドショー

各サイト徹底比較!特徴を踏まえたおすすめプログラミングスクール6選

こんにちは!
侍エンジニア塾ブログ編集部のヒロセコウキです!

年々プログラミングの需要が高まってきていますよね。

それに伴ってプログラミングスクールも増えてます。

しかしオススメのプログラミングスクールを紹介しているサイトをみていても

「オススメのスクールの数が多過ぎて選べない」
「結局どれが自分に合っているのかわかんなくなってしまった」
「料金が高過ぎて決めきれない」

と言う人も多くいると思います。

確かに一から自分に合ったスクールを探し出すのは時間も体力も使い相当大変です。

そこで各サイトの上位にあるスクールを徹底比較して厳選しました。

さらに受講スタイル別にスクールの特徴を紹介します。

この中から自分に合ったスクールをぜひ選んでください。

【こんな方に向けて書きました】
・プログラミングスクール選びに悩んでいる
・自分にピッタリのプログラミングスクールに通いたい
・各プログラミングスクールの特徴を知りたい

絶対失敗しないプログラミングスクールの選び方

有料スクール、無料スクールどちらを選ぶべきか

他のサイトをみてお金がかかる有料のスクールと無料のスクールがあり、気になった人もいるでしょう。

そこで無料スクール有料スクールとの違いを説明していきます。

それを聞いた上で、どちらが自分に合っているか決めていきましょう。

なぜ無料なのか

無料でできる理由としては、

運営会社、提携企業に人材紹介する代わりに支援をしてもらうというやり方をしているからです。

だから、無料でスキルを身につけて就職することはできます。

でもブラック企業だったり、後々こんなはずじゃなかったと思わないように下調べは十分にしましょう。

「条件」「制限」がある

年齢、居住地域、就職、期間、言語など

無料のスクールに通うには様々な「条件」「制限」があります。

学習サポートに差がある

教育費などの削減のため、講師の数が少なくほぼ独学のような学習スタイルだったり有料のスクールに比べると学習サポートが劣ります。

学習スタイルはどう選ぶべきか

スクールを選ぶ際に一番重要なのが受講スタイルです。

種類としては、オンラインで完結するもの通学が必要なものがあります。

いざスクールに通いだせば生活にも変化が出てきます。

だから、肉体的にも精神的にも無理が出ないように自分の生活スタイル、性格を考えた上で学習スタイルを決めていくと良いでしょう。

オンライン型

いつ、どこにいても講座を受ける事ができるのが特徴です。

仕事で忙しい社会人やバイトや課題に追われている学生、または通学するのに時間がかかり厳しい人はオンラインがおすすめです。

ですが、オンラインでは共に学んでいく仲間がいないためモチベーションを保ちにくい点がデメリットとされています。

通学型

わからない事、疑問に思う事はプログラミングを学習する上で必ず出てきます。

通学型ではそれらをその場で直接聞いて解決する事が出来ます。

時間に余裕がある人、オンラインではサボってしまうかもしれない人、疑問はその場で解決したい人にはおすすめです。

ですが、通学に時間、費用がかかります。

決まった曜日、時間に行かなければいけないなどのデメリットもあります。

プログラミング言語はどう選ぶべきか

やりたい事が最優先

どの言語を学ぶかによってアプリケーションを作る事が出来たり、Webサービスの開発が出きたり、できる事や仕事が変わってきます。

そう考えるとどの言語を選ぶかって結構重要ですよね。

現在、やりたい事が決まっている人はそれができるような言語を選ぶようにしましょう。

例えば、人工知能を学びたければC++、Pythonなどを学ぼうというようにすると良いでしょう。

また、各スクールで相談を受け付けていたりAIに特化したコースもあるのでうまく活用しましょう。

迷っている人は人気のある言語を

特にやりたい事もないが、これからプログラミングが必要で学びたいって人は

まず人気のある言語を選ぶべきです。

これは「スタンバイ」が発表した「プログラミング言語別 平均年収ランキング」です。

参照元:みんなのスタンバイ

どうせプログラミング言語を学ぶならできるだけ需要が高く年収も高い方がいいでしょう。

1位の「Scala」3位の「Kotlin」は初心者が学ぶには難しい言語です。

なので、それ以外の上位にある

2位の「Python」
4位の「Swift」
5位の「Ruby」
6位の「Java」

がおすすめです。

後にやりたい事が見つかり新たに言語を学ぶ事もあるでしょう。

その時にはプログラミングの考え方や学び方はもう身についているので、新たな言語の習得にはそれほど時間はかかりません。

料金は高いが未来への投資と考える

プログラミングスクールに通うことを考えれば結構な金額がかかってしまうものです。

少しでも安くしようと金額をばかり気にしてしまいスクール選びに失敗してしまうケースは多いです。

なので、金額よりもまず受講スタイルなどが自分に合う方が間違いなく良いです

スクールの費用は自分自身の未来への投資と考えてそんなに重要視しないようにしましょう。。

プログラミングを習得してしまえば1,2ヶ月もすればすぐにチャラにできます。

オンライン型

侍エンジニア塾マンツーマン

侍エンジニア塾

特徴

・フルオーダーメイドのカリキュラム

侍エンジニアでは受講者一人一人の将来やりたいに合わせてカリキュラムを作ります。

・マンツーマン

マンツーマンレッスンでは一人では乗り越えられなかった壁も乗り越える事ができます。

未経験者はプログラミングを学んで行く上でいくつもの壁にぶつかります。

そんな時にはこのマンツーマンレッスンは心強いですね。

Tech Academy

Tech Academy

特徴

・豊富なプログラミングコース

Webアプリケーションコース
PHP/Laravelコース
Javaコース
フロントエンドコース
Wordpressコース

など全20コースあります。

ピンポイントでこのコース受けたいという人にはおすすめです。

・教科書が永久閲覧可能

受講期間を過ぎたとしても教科書が永久に閲覧が可能です。

さらにネット閲覧なのでアップデートされ続けます。

忘れてしまい後になって見直したいと思いますよね。

そんな時これは嬉しいメリットですね。

Code Camp

Code Camp

特徴

・マンツーマンレッスン

オンラインでマンツーマン形式の講義が受ける事ができます。

普段忙しくてスクールに通う余裕はないが、一人で学んでいると挫折してしまうかもしれないという人にはオススメです。

・講師の対応時間が長い

受講可能時間が9時〜22時40までと、広い時間で受講する事が出ます。

Tech Academyの場合質問できる時間が15時〜23時なので朝学習したい人には嬉しい点ですね。

通学型

Web Camp Pro

Web Camp Pro

特徴

・転職率98%、転職、就職保証付

プログラミングスクール トップの転職率を持っています。

こんなに転職率が良い理由としてプログラミング 講師の質が良いのはもちろん、転職のプロであるキャリアエージェントが常駐しているからです。

キャリアエージェントとの接触が多い分、履歴書、面接対策もしっかりしていて紹介できる企業も多数あります。

・選抜制度導入

Webcamp Proでは選抜制度を導入しており、

この選抜を通過した人だけが入校できる仕組みになっています。

選抜テストの内容は、

・タイピングテスト
・GitHubを使った実務テスト
・対面での面談(職務経歴/学歴/etc)

となります。

講師は受講生の「意欲」と「適正」を見ますが選抜制度の通過率は98%なので、やる気を伝えれば大丈夫です。

クリエイターズハイブ

クリエイターズハイブ

特徴

・実践型のクリエイターの輩出を目的にしている

クリエイターズハイブ はプログラミングが出来るだけではなく、企業が求めるクリエイティブクラス人材の輩出を目的にしています。

例えば、

・学んだ知識と技術をビジネスに活かせる
・プロジェクトや仕事で円滑なコミュニケーションが取れる
・1人で学ばなくてはいけない際にどう勉強したらいいかわかる

というような「実践的なスキル」を持っている人の事を指します。

・未経験が多い

受講者の90%が未経験者です。

10名が同時期にスタートするので、共に学べる仲間ができます。

何をやったら良いかわからない未経験の人には、同じ境遇で一緒に学べる仲間ができるということは嬉しいですね。

オンライン、オフライン選択型

GEEK JOB(無料)

GEEK JOB

特徴

・職についていても通うことができる

社会人だと受け入れてもらえない転職支援型プログラミングスクールは少なくないがGEEKJOBでは退職が決まっていれば就業中でも受講する事が可能です。

・学べる言語がPHP、Java、Ruby

GEEKJOBで学べる言語は基本的に

・PHP
・Java
・Ruby

になります。

上記で紹介した言語ではない言語もあるがGEEKJOBと提携している企業はこの言語を使える人材を求めているという事なので安心してください。

・関東在住

現在は地方からの参加を受け付けておらず関東限定での募集になっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここまで、学習スタイル別に各スクールの特徴を解説してきました。

失敗しないスクールはそれぞれ違います。

自分に合った失敗しないスクールを選ぶために、金額ではなく性格、目的、住んでいる地域などを考えた上で選択していきましょう。

そうすれば、キャリアアップ、転職などそれぞれの目標に近づいていくでしょう。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

ヒロセ コウキ

ヒロセ コウキ

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説