初心者が気になっているWEBアプリを開発ができる言語まとめ

こんにちは! 侍エンジニア塾ブログ編集部です。

Webアプリを開発できるプログラミング言語って何があるんだろう?
どのプログラミング言語を選べば良いのか分からない

そんな疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

Webアプリが開発できる言語でも得意な分野が違ったりするので、選ぶのって難しいですよね。

そこで、今回はWebアプリを開発できる各言語の特徴違いをまとめました。この記事を読めば、あなたがどのプログラミング言語を選ぶべきかがわかります。

Webアプリ開発を成功させるためには

Webアプリ開発の言語を選ぶためには、各言語の特徴や違いを知る必要があります。

なぜなら、まったく同じWebアプリを開発するとしても、言語によって簡単に作れたり、逆に作ることが難しかったりします。

Webアプリの開発を成功させるためには、最適なプログラミング言語を選ぶ必要があります

各言語の概要、特徴、作れるモノなどをまとめた記事をご紹介しますので、言語選択の参考にしてみましょう!

Webアプリ開発ができるプログラミング言語一覧

Ruby

web-logo_ruby
Rubyを選ぶ一番の理由は、生産性の高いRuby on Railsが使えることではないでしょうか。

有名なWebサービスの「クックパッド」、「食べログ」などで採用されています。小回りのきく開発ができるので、多数のお客さんを相手にするWebサービスに向いています。

Webサービスを作りたいならRubyを選んでみましょう!

詳しくはこちら。

PHP

web-php
PHPを選ぶ一番の理由は、ブログサービスで有名なWordPressが使えることです。個人や企業のホームページをはじめ、ネットショップなどの商用サイトで主に使われています。

自分のブログやショップを運営してみたいならPHPを選んでみましょう!

詳しくはこちら。

Python

画像:Shutterstock

Pythonは数学が得意な言語です。業務効率化や統計解析など専門分野のアプリを開発することができます。有名なサービスでは業務効率化ツールの「Evernote」で採用されています。

データ解析や機械学習のスペシャリストを目指してみたいならPyhtonを選んでみましょう!

詳しくはこちら。

Java

画像:Shutterstock

なんでも作れて、どんなコンピューターでも動く汎用性の高さと堅牢性の高さは、他の言語にはないJavaの魅力です。安定性も高いので、企業の業務システムで主に使われています。

需要が高く仕事の案件も多いので、就職や転職をしたい方が学習することが多いです。エンジニアとして長く安定して働きたいという方はJavaを選んでみましょう!

詳しくはこちら。

JavaScript

画像:Shutterstock

Webの世界では共通語として需要が高い言語で、もはやWebアプリにとって欠かせない言語です。WebページやWebアプリの使い勝手をあげて、ユーザーのアクセスを増やしたり、顧客を増やすために使われます。

企業の利益に直結しますので、Webアプリ開発を行う人であればJavaScriptは実質必須になってきます。

JavaScriptによって、Webアプリの品質が決まってくるといっても過言ではないでしょう。そのため、JavaScriptは日々改良されて進化を続けていき、どんどん新しいライブラリやフレームワークが開発されています。

Webの最先端で働きたい人はJavaScriptを選んでみるといいでしょう!

詳しくはこちら。

初心者にオススメするWebアプリ開発言語3選

言語選択に迷った時は、初心者が習得しやすく、かつ人気のある言語を選択すれば間違いないです。

特におすすめできる人気言語を厳選して3つご紹介します。

迷った時は、この3つの中から選んで学習をはじめてみましょう!

Ruby

Rubyは「プログラミングを楽しむ」ために作られている言語です。初心者でも楽しみながらWebアプリを開発できるでしょう。

難しい部分は考えなくてもいいように設計されていて、書くコードも少なく、文法もわかりやすいです。簡単なWebアプリであれば、初心者でも短時間で作ることができます。

また、生産性が高い言語なので、ベンチャー企業だけではなく一般企業でも採用されるケースが増えており、仕事案件もどんどん増えています。

プログラマーから愛されている言語なので、将来性も高いです。

Python

文法がシンプルで覚えやすいプログラミング言語です。

シンプルでありながら非常にパワフルな言語で、機械学習・科学技術計算・データ解析など、数学を使った専門分野が得意です。

最近では機械学習やデータ解析が非常に注目されていて、需要が高くPythonを採用する企業が増えてきています。

Pythonを使えるエンジニアもまだ少ないので、将来活躍できるチャンスは多いでしょう。

PHP

PHPは、初心者でも簡単に使い方を覚えることができるプログラミング言語です。

PHPが使われているサービスで一番有名なのは「WordPress」です。機能を追加することも簡単で、PHPを覚えれば自由にカスタマイズすることもできます。商用で使えるので、覚えて損はありません。

日本語の情報も充実していますので、何か困ったことがあっても調べればほとんど解決できます。初心者にとって優しく実用的な言語といえるでしょう。

言語を選ぶのに悩んでしまう人は?

今回の記事で、Webアプリが開発できる言語についての理解が深まったと思います。ですが中には、

結局どの言語でWebアプリを開発すれば良いのか分からない

このように思う人もいると思います。

こんなに言語を並べられても正直迷いますよね。このプログラミング言語を選ぶというのはとっても大事で、今後の働き方や人生においても大きく関わってきます。

そんな言語選定ですが結局、自分がどんなWebアプリを作りたくて、どんな働き方をしたいのかが明確ではないと、迷ってしまい選ぶことができません。「とりあえず人気な言語を……」そう選んでしまうと後悔することになる可能性があります。

そうならないためにもまずは、

  • なぜプログラミングを学ぶのか
  • 自分が理想とする働き方を明確にする
  • どんなものを作ってみたいのか


このあたりを再確認してみましょう。

とは言われてもどんな物が作れるかイメージできなくて、目的がはっきりしない……sc name=”voice_end”] このように感じる人もいるのではないでしょうか?

その場合は、こちらの「学習プラン診断アプリ」を使ってみてください。こちらのアプリは、あなたの作りたいものや理想とする働き方から、あなたにぴったりなプログラミング言語を提案してくれる仕組みになっています。
学習プラン診断アプリを使う

直接話してもっと詳しく話を聞きたい

このように思う方は、弊社で行っている「無料体験レッスン」へ参加してみましょう。

この無料体験レッスンでは、なぜプログラミングを学ぶのか目的をヒアリングして、その目的に合ったプログラミング言語と、その目的を叶えるために必要なあなただけの学習プランを提案させていただきます。その他にも、

  • Webアプリ開発についてもっと詳しく知りたい
  • どの言語を学ぶべきか、その言語の将来性を知りたい
  • プログラミング学習を進める上での不安


など、あなたが抱える不安を業界屈指のコンサルタントが解決してくれます。

目的から考えた、あなたにぴったりなプログラミング言語と学習プランがわかれば、最速でエンジニアになれるイメージが湧くと思います。目的が明確になり、その学習プランで進めていけば、自分の理想に一歩ずつ近づいているのを実感できるので学習が楽しくなります。

無料で、しかもオンラインか対面(渋谷)かあなたのお好きな方を選べますので、下記のカレンダーより気軽に申し込みしてください。

最後に

いかがでしたでしょうか?

各言語の特徴や違いを知ることで、言語を選択しやすくなります。

ぜひ自分に合った言語をみつけて、Webアプリを開発に挑戦してみましょう!

現役フリーランスエンジニアによる無料体験レッスン実施中!

もし、あなたが、

  • 経験、年齢、学歴に不安がある
  • 挫折しない学習方法が知りたい
  • アプリ開発で困っている
  • エンジニアの”生”の声が聞きたい!
  • 仕事獲得の仕方がわからない
  • エンジニアに転職したいが何をすればいいかわからない

など、プログラミング学習やキャリアのことでお困りであれば、まずは『無料体験レッスン』にお申し込み下さい。

あなたにとって、最適の解決策をご提案させていただきます。

詳しくは下の画像から詳しいサービス内容をご確認ください。

cta_mtm3

LINEで送る
Pocket

書いた人

侍ブログ編集部

侍ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説