フリーランスを目指すなら〇〇×〇〇エンジニアで市場価値を勝ち取れ

こんにちは。侍エンジニアブログ編集部のゆってぃーです。

最近ではフリーランスエンジニアなんて言葉が流行っていますね。

フリーランスエンジニアになり「自由な働き方」をしたいと思う人は多くいます。

現在では、フリーランスエンジニアの仕事の案件も増え、市場価値の高い人材を求める企業も増えています。

そんな中、案件を勝ち取るためには

「市場価値の高い人材になること」

これが一番の近道です。

そこで今回は、そんな市場価値の高い人材とはどんな人なのかをご紹介します。

この記事を読んだあなたは、明日から市場価値の高い人材を目指す準備ができるはずです。

市場価値の高いエンジニアとは?

技術スキル

まず市場価値の高い人材とはどんな人なのかを紹介します。

市場価値は2つに分けることができると考えています。

1つ目は「技術スキル」です。

企業側はスキルを持っている人材を求めています。

仕事を頼む上でスキルがなくては仕事をこなすことができません。

「結局できない」なんてことが起きてしまえば、企業側も赤字になってしまいます。

コミュニケーションスキル

2つ目は「コミュニケーション(道徳)スキル」です。

いくら技術スキルがあっても、企業側の要求を聞かず自分勝手に仕事を進めてしまうと、企業側は不満に思うこともあるでしょう。

なので、コミュニケーションや会話がしっかりできなければ仕事を続けていくことは難しくなるでしょう。

もっとフリーランスに必要なスキルを見る

市場価値は誰が決めているのか?

では一体市場価値は誰が決めているのでしょう?

企業側が決めていると思っている人も多いかと思います。

それは間違いではありません。

しかし、最も注目すべきなのが、企業が抱える顧客なのです。

企業側が求める人材になることも大事ですが、どれだけ顧客を満足させられるかが重要です。

企業の指示されるとおりに仕事をすれば、無難に役割を果たせるでしょう。

ただ、またあなたに任せたい!と思わせるほどの価値を感じてもらうことはできません。

スキルを習得する意味として、企業を満足させるだけではなく、顧客を満足させることを忘れないで下さい。

その気持を忘れずにいれば自分に本当に必要なスキルも見つかるはずです。

資格や能力だけではダメな事実

資格を習得して、スキルがあることを企業側に証明できれば、仕事がもらえると思う人も多くいると思います。

間違いなく仕事を受けることは可能でしょう。

能力が高くても仕事をもらうことはできます。

しかし、自分の考えと企業の考えがマッチすることは少ないでしょう。

考えのすれ違いで、仕事を続けられなくなるのも事実です。

そうならないためにも、自分に合った企業先を見つける必要があります。

現代社会では、多くの情報で溢れています。

その情報をうまく収集して企業の考え方を知ったり、SNSなどで自分の考えや情報を発信することで、相手からスカウトされる可能性も上がるでしょう。

自分に合った企業を探すのには、このように「情報リテラシー能力」なども必要になってきます。

最強スキル!〇〇×〇〇エンジニアとは?

エンジニアになって、1つのスキルを極めることも大事です。

1つのスキルを極めることで、必要とされる人材になることもできます。

しかし、1つのスキルしかないと他のことに対応することができません。

視野も狭くなり、活躍の場も少なくなってしまいます。

その視野を広げるためにエンジニアにプラスして、もう1つのスキルを身につけることが良いかと思います。

例えば

「プログラミング × 営業」

などがあります。

他にも

  • マーケティング
  • ライティング
  • Webデザイン
  • コンサルタント

など色んなスキル を目指すことができます。

※補足※
ただし、1つのスキルをある程度身につけていないと仕事を獲得するのが難しい場合があります。
1つのスキルがある程度身についている人は、もう1つのスキルを磨ける環境を見つけることができると、より効率的に学ぶことができます。

なぜ多くのスキルを持った人が求められるのか?

なぜ多くのスキルを持つ人は、企業から求められるのでしょうか?

1つのスキルを身につけた人は、その業界ではものすごく頼りの存在になります。

一方で多くのスキルを身につけている人は、全体を見る視野と柔軟な考えで冷静な行動をすることができます。

アドバイスをするときも、豊富な知識や経験でより結果の出る方向にすることができます。

一つのことだけではなく、色んな面で頼りになる存在として活躍することができます。

このように、企業からすれば1つのことだけではなく、多方面で活躍できる人事を求めています。

今のあなたの市場価値を確かめるには?

まずは、エージェントを活用しましょう。

エージェントを利用することで、エージェントからの評価や自分ができる案件の幅がわかります。

今、自分のレベルが市場でどのように評価されるのか、また現在の市場の動向なども客観的に分かります。

市場価値を高めるために何をすればいいのか?

紹介案件を獲得する

市場のニーズというものは、必ずしも求人案件に全て反映されているわけではありません。

ニーズはあるけれども、求人市場に出ていない案件は多く存在します。

そういったニーズは、人づての紹介などで発掘できる場合があります。

人に紹介してもらえるということは、スキルはもちろん、あなたの信用性を担保してくれます。

人に紹介したい、ぜひあなたにやってほしいと思われるのは、継続的に仕事を獲得するために必要な要素です。

そこで得た実績と経験は、市場価値として大きな評価を受けることができます。

セミナーでスキルアップ

先ほども紹介したとおり、エンジニアとしてのスキルの他にマーケティングやWebデザインのスキルなどを習得しましょう。

プログラミングの周辺スキルを身につければ、守備範囲の広いエンジニアとして市場価値が高まります。

また、一つの言語だけではなく、複数の言語を扱えるようになりましょう。

プログラムは複数のプログラム言語を利用する場合が多くあります。

複数言語の案件ではなくても、言語の数だけ受注できる案件が増えます。

キャリアプランを作る

市場の動向などを加味して今後、自分がどうなりたいか、どのようなキャリアを構築するかをプランニングするのは非常に大切です。

それによって自己投資の方法や獲得する仕事内容も変わってきます。

とはいえ、一人でキャリアプランを立てたり、セルフブランディングをするのは非常に難しいですよね。

そんな場合は、プロのキャリアコンサルタントに相談するのが最短の近道です。

でも、多額のお金がかかるのでは…と心配はご無用!

実は、無料でキャリアカウンセリングを受けることができるんです。

まとめ

いかがでしたか?

フリーランスエンジニアで市場価値の高い人材がどんな人かわかりましたね。

どんなスキルを身につけるかはあなた次第です。

しかし、どのスキルを身につけてもあなたに合った最高の企業は必ず見つかります。

そのためにもスキルを高めることをおすすめします。

ぜひこの記事を参考にスキルを身につけて下さい。

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

小林 幸秀

小林 幸秀

茨城県出身。29歳。地元茨城で機械のエンジニアを10年間やっていて、侍エンジニア塾と出会い、今はライターとして侍で楽しく日々を過ごしています。最近の趣味は本を読むことです。日々成長するために頑張っています。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説