WEBアプリを開発する方法が学べる種類別コンテンツ25選

侍エンジニア塾ブログ編集部
侍エンジニア塾ブログは、未経験からWebアプリ開発と仕事獲得をサポートする
侍エンジニア塾のオウンドメディアです。
プログラミング学習を覗き見

WEBアプリ作成に興味があっても、いざプログラミングを学習してみようとしたとき、一体どこから手を付けたら良いのか分かりませんよね。

今の時代、無料でたくさんのコンテンツをみれますが、どのコンテンツを選べば効率が良いかは、知識と学習経験がある人でないとなかなか分かりません。

そこで、今回は「WEBアプリ開発を学べるオススメコンテンツ」を種類別にまとめました。

「記事」
「動画」
「書籍」

それぞれで「こんな人にオススメ!」というコンテンツがありますので、ご自身にあったものを利用して効率的に学習を行ってみてください。

前提知識を付ける

プログラミングの学習に入る前に、ITの入門学習を行いましょう。

横文字ばかりで億劫になってしまう前に、前提として抑えておくべき用語をまとめていますので、ITの知識に自身がない方はまずここから学習を行って下さい。

WEBの仕組みについての理解に自信がないという方は、次のページで基礎知識を付けていきましょう。

学習計画を立てる

まずはそもそも自分が何を学習すべきかを決めていきましょう。

WEBプログラミング言語について

どのように学習して、仕事獲得や自分も目標達成に到達できるのかというステップを理解しておきましょう。

WEBプログラミングといってもたくさんの言語があります。どの言語を学ぶのか決めましょう。

アプリ開発を具体的にどのように行っていくのか、イメージを予め持った上で学習に入っていきましょう。

WEBフレームワークとライブラリについて

効率的なWEBアプリ制作をする際に必須とも言えるWEBフレームワークについて理解しておきましょう。

よく理解していない人はまずは次のページでWEBフレームワークとはなんなのかから抑えていきましょう。

またWEBプログラミングを行う上で、W正解のEBサイトの4分の1のシェアを占めるWordPressの存在は無視するわけにはいきません。

WordPressでも簡単な会員機能などをつけたサービスを制作することが可能です。

自分がやりたいことが「WEBアプリを制作すること」なのか、「WEBサイトを作ること」なのか、またWEBアプリを開発するならどういったタイミングかということもはじめに考えておくと良いでしょう。

WEBフレームワークやWordPressについて理解して、実際にWEBアプリ開発を行うことを決めたら、実際に自分が使うべきWEBフレームワークについて検討していきましょう。

次の記事などで各種WEBフレームワークへの理解を深めた上で選ぶと良いでしょう。

開発環境について

プログラミング言語やWEBフレームワークの選定が済んだら、実際に開発を行える環境を用意していきましょう。

よく分からない!という方はとりあえず次の記事で紹介されているCloud9で作成するのがオススメです。

WEBアプリ開発を行う上でLinuxコマンドの理解は欠かすことが出来ません。

Cloud9などを使う場合においても、最低限のことは次の記事で抑えておくと良いでしょう。

テキストエディタについて

自分のパソコンで開発を行う場合、実際にコードを書くためのテキストエディタにはこだわりたいものです。

次の記事で様々なテキストエディタを紹介していますので、まだしっかり準備をしていない方は参考にしてみてください。

テキストエディタのAtomを利用する場合は次の記事も参照してカスタマイズを行いましょう。

SublimeTextを利用する場合は次の記事も参照して設定を行いましょう。

Vi/Vimに興味のある方は次の記事も参照すると良いでしょう。

動画で学ぶ

最短で成果を出していきたい人、まずは全体像を掴んだ上で学習を進めていきたい人にオススメです。

どのように動画教材等を活用すべきかはこちらをご覧ください。

動画教材と一言で言っても様々なものがあります。

こちらでオススメの教材も紹介していますので、学習対象が決まっている方は是非活用してみてください。

具体的に「ドットインストール」を活用した事例を紹介しています。

書籍で学ぶ

プログラミング学習で躓いたり、学習する前に自身を付けたい人はこちらの書籍で、そもそもプログラミングとは何が嬉しいものなのかを学んでおきましょう。

WEBアプリ開発全般のノウハウ・知見が得られる書籍もチェックしておきましょう。

各言語を学ぶための書籍も平行して利用すると良いでしょう。

アプリを開発する差異、必要なのはプログラミング言語の知識だけではありません!

ネットワークやデータベースなど、基礎としてIT全般の知識も次に紹介している書籍で少しずつ固めていきましょう。

まとめ

WEBアプリが学べる学習コンテンツをまとめてきましたがいかがでしたでしょうか。

様々なものを紹介してきましたが、ひとつでも自身に使用できそうなものがあれば、この機会に是非導入してみてください。

学習の順番や学習ノウハウを知っているか知らないかで、効率には大きな差が出てきます。

是非積極的に活用していって頂けますと幸いです。

関連記事


33歳、未経験だった僕がフリーエンジニアになれた理由
現在フリーでWEBエンジニアをやられている濱口直行さん。33歳で、プログラミングを学び始め、約半年という短い期間で独立までされた学習ログを余すことなくインタビューさせていただきました。

プログラミングを学習中の方はもちろん、独立をお考えの方まで幅広く活用できる記事になっています。この機会に是非活用していただければと思います。


未経験者でも安心の徹底サポート!まずは完全無料の体験レッスン!

「プログラミングに興味があるけど未経験だし、、、」とお悩みの方はご安心ください。

  • 24時間質問し放題
  • あなただけのオーダーメイドカリキュラムで学習の効率化
  • 仕事獲得方法からオリジナルアプリ開発方法

侍エンジニア塾では徹底したサポートによる「オーダーメイドカリキュラム」を作成しています。

まずは無料体験レッスンで、「挫折しない学習方法」や「あなただけの学習ロードマップ」を知り、学習の効率化をしましょう。独学の難点である「オリジナルアプリの作り方やエラーの対処法」についてもアドバイスさせていただきます。

詳しいサービス内容は、下記よりご参照ください。

cta_mtm1

非常識な結果を出した卒業生

活躍する現役エンジニア

人気記事セレクション

LINEで送る
Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!をしてフォローしよう

最新情報をお届けします

書いた人

侍エンジニア塾ブログ編集部

侍エンジニア塾ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
ホームページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら