簡単入門!AI(人工知能)と機械学習の違いとは?

こんにちは!フリーランスのフクロウです。

AI機械学習、最近バズワードになっています。

しかし、

  • AIと機械学習って何が違うの?
  • 機械学習って何ができるの?
  • どうやって勉強すればいいの?

など、たくさんの疑問がわきますよね。

この記事では、AIと機械学習の違いや機械学習は何ができるか、学習方法についてまとめました。

この記事を読んでなんとなく使っていた「AI・機械学習」という言葉の意味、しっかり覚えちゃいましょう!

AIと機械学習の違い

ai_ml_e1

人工知能(AI)と言ったらドラえもんや鉄腕アトムのあれですよね。

じゃあ機械学習は……?

そもそもAIと機械学習の違い、わかりますか……?

この章では、AIと機械学習の区分について紹介しますよ!

機械学習はAIの一分野

さて、答えから簡単に書くと、AIという大きな分野の一分野として機械学習(英語でいうとMachine Learning)があります。

Deep_Learning_Icons_R5_LR_JP

引用:NVIDIA ブログ「人工知能、機械学習、ディープラーニングの違いとは」

スマートフォンにAIが搭載されたり、機械学習の一技術である深層学習(Deep Learning)が話題になったりと、何かと話題に事欠かないAI。

そんなAIはたくさんの研究分野を含んでいます。

  • エキスパートシステム
  • 事例ベース推論
  • ニューラルネットワーク
  • ベイジアンネットワーク
  • ファジィ推論
  • 進化計算

AIの研究分野の中では、研究の中で開発が停滞したり、ブームが去ってしまった技術もあります。

そんな中で、今は機械学習と呼ばれる技術がブームになっています。

そしてそのAIというファジィな言葉は実際のところ、機械学習という技術のことを指していることがほとんどです。

特に、機械学習の中でも深層学習が今は大ブーム!

そして更に、実際のデータ解析などでは、深層学習のようなニューラルネットワークベースの技術以外の機械学習技術も広く使われています。

決して機械学習は古い技術ではなく、今現在も使われていて、研究が続いている分野なんです。

機械学習は弱いAI

さて、AIという大きな言葉と、機械学習の違いについてもう一度考えてみましょう。

機械学習はドラえもんなどの「強いAI」ではなく、何かの問題解決に特化した「弱いAI」に対応する技術です。

tuyoiai_yowaiai

つまり機械学習とは、普通のソフトウェアが更に強くなったような存在、だとも見れます。

ドラえもんみたいになんにでも対応できるような柔軟な人工知能ではありませんが、特定の用途に関しては、人間以上に活躍してくれることもあるんですよ!

機械学習でできること

ai_ml_e2

機械学習システムの流れ

機械学習はデータ解析などの分野で使われています。

機械学習システムの一般的な流れは

  1. データを用意する
  2. データを前処理で綺麗にする
  3. データの中から必要な特徴を選択したり、特徴を作ったりして準備する
  4. 学習器(機械学習)にデータを使って学習させる
  5. 結果を得る

のようになります。

ai_ml_e4

この流れに従って機械学習を行うことで、例えば

  • 車のナンバープレートから数字を識別する
  • 音声から喋っている言葉を文字起こしする
  • Webサービスの利用者を購入履歴を元にクラスタリングする

などができるシステムが作れます。

機械学習を使う利点

今列挙したような仕事は、人間がやれば簡単にできる作業です。

でもこれが10万、100万単位のデータに対して行う作業だとしたらどうでしょうか。

多分こういう単純作業をずっと続けるのは大変ですよね。

その上、熟練の職人さんでもない限りは、凄く時間がかかってしまいます。

そんな時、機械学習ならばその作業をコンピューターに任せることができます。

つまり、機械学習とは「人間がやったら凄く時間がかかるような、決まった手順で行う作業を、人間に変わってコンピューター上でやってしまう」というものなんです。

機械学習でできることをちゃんと理解することで、

「既存のあのシステムに機械学習を組み込んで高速化しよう」
「この部分に人的リソースが掛かり過ぎているから、機械学習の導入を検討しよう」

といった発想ができそうですね。

機械学習について勉強しよう

ai_ml_e3

機械学習としてまとめられている技術は非常に膨大です。

その上、必要な数学的な知識、新しい機械学習モデルを実装するためのプログラミングスキルなど、覚えるべきこともたくさんあります。

そんな中で機械学習の技術を習得するには、独学では厳しいことが多いです。

最も手堅い勉強方法は、機械学習を研究している大学の研究室で勉強することです。

でも実際は、仕事やお金の問題でなかなか大学入学まで踏ん切れませんよね。

そんな方には、オンラインスクールでの学習が便利かつお手軽です!

大学ほど授業料もかからず、仕事が忙しい方でも両立しながら学習することが可能なんです。

オンラインスクールでは、今の仕事を続けながら、卒業後はフリーランスやエンジニアとして活躍する方が多数いらっしゃいます。

侍エンジニア塾は、中でもフリーランスやエンジニアを多く輩出しているオンラインスクールです。

オリジナルカリキュラムなので、自分の作りたい世界で一つのプログラムが作ることができます。

その作品がポートフォリオとして、独立や転職の際に、圧倒的な実力の証明になります。

また、機械学習のプロがマンツーマン専属講師として、基礎から実践まで徹底的にレッスンしていきます。

【機械学習を徹底的に学びたいなら侍エンジニア塾】

最先端技術を身につけて、引っ張りだこの人材になりましょう!

「でも、どうやって学習進めて行けばいいの?」
「具体的なカリキュラムのイメージが沸かない...」

そんな方は、無料体験レッスンで、まずは指導実績7000人のプロコンサルタントに聞いてみてはいかがでしょうか。
無料体験レッスンを受けた人の92%が悩みを解決できています。

 

最後に

この記事では、AIと機械学習の違いについて解説しました。

機械学習は特定のタスクに特化した「弱いAI」です。

人間のようなふるまいができる「強いAI」じゃなくても、機械学習をうまく使えば効率化できちゃうことがたくさんありそうですね。

この機会に機械学習を勉強して、新しい技術を使いこなしてみませんか?

LINEで送る
Pocket

SEからWebエンジニアへ転職した理由

侍エンジニア塾卒業生の小池さんは、以前は社内SEとして約5年ほど勤務していました。しかし業務内容は社内のヘルプデスク対応など、プログラムを書く仕事は全くなかったそうです。

SEながらプログラムを書けない現状に「将来仕事がなくなるんじゃないか」と不安を感じ、プログラミング学習を決意。

弊社スクールで学習し、無事ベンチャー企業のプログラマーとして転職に成功しました。そんな小池さんの学習法や転職体験談を伺いましたので、是非ご覧ください。

「プログラミングができないSEは仕事がなくなる」不安を感じたSEが未経験から転職成功するまで
更新日 : 2019年10月7日

書いた人

フクロウ

フクロウ

第一言語はPythonです。
皆さんRustやりましょう。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説