AIに仕事が奪われる!?時代を生き抜くために必要なこととは?

こんにちは!侍エンジニア塾ブログ編集部のダイキです。

皆さんは

「将来AIに仕事が奪われる」

という話を聞いたことがありますか?

オックスフォード大学で人工知能の研究をしているマイケル・A・オズボーン准教授が発表した
『雇用の未来—コンピューター化によって仕事は失われるのか』という論文が話題になり、「将来AIに仕事が奪われるのではないか」と不安に思う方が続出しています。

そこでこの記事では

・AI時代とは何か?
・AIに奪われる仕事の特徴
・AI時代に対応するにはどうすればいいか

についてまとめてみました。

「AIがどのようなものか興味がある方」「将来AIに仕事が奪われると不安に感じている方」はぜひ読んでみてください!

AI時代を知って対策をとろう

AI時代はもう訪れている

「AI時代ってそもそもいつから訪れるの?」

と疑問に思う方もいらっしゃいますよね。

現代においては、まだまだAIが社会に影響を及ぼすということはありませんが、既にAI時代は到来しています。

家電量販店に行くとよくAIを搭載した家電がピックアップされていたりしますよね。

たとえば、シャープの最新式冷蔵庫はAIとIoT技術を搭載しており、冷蔵庫に話しかけるとおすすめの献立や調理方法まで紹介してくれます。

このようにAI技術の発展によって、完全な自動化とまではいかないまでも生活のサポートを行うレベルには既に達しているのです。

また、目覚ましい進化を遂げているのが自動車の自動運転化です。

この技術は各国が研究を続けており、現在ではかなり高い水準まで達しています。

日本でも技術が完成したら、2020年のオリンピックで導入したいという話が出ています。

AI技術は年々進化しています。

近い将来、自動車の完全自動化など社会に影響がでる本格的なAI時代に突入するでしょう。

2020年にはAIが当たり前の時代に変わる

AIと聞くとハイテクなイメージを持ってしまいますよね。

最新の技術は世間に浸透するまで、なんとなく凄いイメージがついてしまいがちです。

たとえば、IPhoneが最初に出た時、すごい技術だと思いませんでしたか?

ガラケーからは信じられないほど進化していて、アプリなども感覚的に操作できるようになるなんて思いつかなかったですよね。

しかし、初めて発売された2007年から5年ほどでiPhoneは当たり前の存在になりました。

AIもiPhone同様、今はまだ凄いイメージを持たれがちですが、2020年頃には世間にも浸透して、当たり前のように活用される時代になるでしょう。

AIによって仕事がなくなる時代がくる

shutterstock_626410142

AIによって自動化されてしまう仕事の特徴とは?

AI技術が発達すると共に、将来的には「日本の労働人口の約49%が、技術的に人工知能で代替可能になる」といわれています。

約半数の労働人口がAIによって、不要になってしまうなんて驚きますよね。

そこで気になってくるのは「自分の仕事は大丈夫なのか!?」ってことだと思います。

まずはどういう仕事がAI化されてしまうのかを考えてみましょう。

現在、AI化されると考えられている職業が以下の職業です。

一般・経理事務員
受付係
建設作業員
自動車組立工
自動車塗装工
スーパー店員
タクシー運転者
宅配便配達員
電車運転士
路線バス運転者
通関士
…etc
参考

AI化される仕事の特徴を見てみると、「AI化によってコストが抑えられ、なおかつ正確性が求められる」職業が多いですね。

このような正確性が求められる職業は今後AI化されていくと予想されています。

逆にコミュニケーション能力や創造性、独創性が求められるクリエイティブな職業は、今後もAI化されることはないでしょう。

AI時代を生き抜くために今すべきこととは?shutterstock_1076482586

時代の流れを見極める

AI時代を生き抜くために今からやっておきたいことは「情報収集力」を鍛えることです。

AIの発展が早いからといって、急にほとんどの職業をAIが行うわけではありません。

発展と共に少しづつAIが導入されていくはずです。

常にAI関係の情報を集めておけば、今後どのような職業が自動化されていくか、どのようにAIが運用されていくかを把握することは難しくないでしょう。

その中で将来的に需要が高まる職業を見極めスキルを磨いておけば、将来的に仕事に困ることは少なくなります。

AIの発展は決して悪いことではありません。

それどころか、今行なわれている肉体労働を機械が行うことで、将来の労働問題は大きく改善されるでしょう。

AI時代に求められる人材像を把握する


[出典:総務省「必要とされるスキルの変化と求められる教育・人材育成のあり方」

平成28年に総務省が行なった調査結果によると、AI時代に求められる人材像は

  • チャレンジ精神や主体性、行動力、洞察力
  • 企画発想力、創造性
  • コミュニケーション能力、コーチング能力

という結果が出ています。

今までは重要視されていた業務遂行能力や理解力、表現力よりも人間関係や創造性、チャレンジ精神を持った人材が重要視されていくと考えられているようです。

この結果を踏まえると、今すべきことは

「クリエイティブな想像力を鍛えること」
「コミュニケーション能力を鍛えること」
「何事にもチャレンジしようという意思」

を持って日頃から作業を行うことでしょう。

どれも自分の意識で鍛えられることです。

将来に向けて今のうちから意識的に鍛えておけば必ず役に立ちますよ。

まとめ

いかがでしたか。

今回の記事ではAI時代がどのようにやってくるのか、時代に対応するにはどうすればいいかをご紹介しました。

AIは今後著しい進化を遂げていきます。

時代に対応するためには、時代のニーズを把握してスキルを磨かなければなりません。

しかし、AIの発達は世界的に経済を大きく成長させてくれる喜ぶべきことです。

必要以上にAIを恐れず、時代に対応することでより豊かに生活できるように変わっていくでしょう。

AIがどのように作られているのか興味がある方は下記の記事を読んでみてください。

この記事が皆さんの役に立つことが出来たら嬉しいです!

【初心者必見】AI(人工知能)分野への完全入門ガイド
更新日 : 2019年5月22日
LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

ナカガワダイキ

ナカガワダイキ

侍エンジニア塾ブログ編集部のナカガワです。ホテル業界に9年間従事し、未経験からIT業界へ転身。
初心者目線で、誰が読んでも分かりやすく読みやすい記事の執筆を心がけています。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説