WordPressの始め方が初心者でもわかる!失敗談から方法まで徹底解説

WordPressを使ってみたいけど始め方がわからない……

このようにWordPressに興味があっても、始め方が分からずに結局使えずじまいなんて人も多いのではないでしょうか。分からないままずっと放置し続けると、いつまでもやらないまま時間がすぎてしまいます。

そこで今回は初心者でもわかりやすいWordPressの始め方をステップ形式で解説します。ステップ通りに進めれば、最低限の設定ができ記事が投稿できるようになれます。

WordPressの始め方!最低限記事が投稿できるまでに必要なこと

WordPressの利用を始めるには、大きく分けて6つのステップが必要です。

  1. サーバー契約
  2. ドメインの取得
  3. サーバーとドメインの連携
  4. WordPressのインストール
  5. WordPressの初期設定
  6. テーマを選ぶ

この6つのステップを完了すると、最低限記事が投稿できるようになります。それでは早速始めましょう。

Step1.サーバー契約 【15分】

まずはサーバーを契約しましょう。どのサーバーを選べばいいか分からない人は、こちらの記事を参考にしてください。

レンタルサーバー徹底比較|WordPressを使うならこれだ!
更新日 : 2018年12月4日

今回はエックスサーバーで解説します。

引用元:エックスサーバー https://www.xserver.ne.jp/

トップページから「サーバーお申し込みフォーム」をクリック

引用元:エックスサーバー https://www.xserver.ne.jp/

左の「新規お申し込み」をクリック

引用元:エックスサーバー https://www.xserver.ne.jp/

サーバーIDはお好みで3文字以上12文字以内の半角英数字を入力してください。プランも好きなものをチェックしてください。今回はX10を選択します。

その他の会員情報については、ご自身の情報を入力してください。「内容の確認」をクリックし「お申し込みをする」をクリックすると申し込みが完了します。会員情報が記載されたメールが届くので、大切に保管してください。

インフォパネルからログインし、支払いを確定させましょう。

引用元:エックスサーバー インフォパネル https://www.xserver.ne.jp/login_info.php

左にあるメニューから「決済関連」→「料金のお支払い」をクリックしましょう。契約しているプランが表示されるので、選択して支払い方法を決めましょう。支払い形態はクレジットカードがオススメです。

自動で更新をしてくれるので、支払いを忘れる心配がありません。契約期間は1年が良いでしょう。契約期間が長ければ長いほど、割安になります。支払いはお試し期間が終了してから開始されるので、安心してくださいね。

※エックスサーバー 料金表はこちら

Step2.ドメインの取得 【10分】

サーバーによっては、サーバーと一緒にドメインも契約できます。サーバーとドメインを同時に契約した場合は、Step3へ進みましょう。

ドメインについて詳しく知りたい人は、こちらの記事をみてくださいね。

今回はお名前.comからドメインを取得しましょう。

引用元:お名前.com https://www.onamae.com/

希望するドメインを入力し、検索しましょう。

引用元:お名前.com https://www.onamae.com/

ドメインの後に続く好きな末尾を選びましょう。チェックを入れたら「料金へ進む」をクリック。

引用元:お名前.com https://www.onamae.com/

申し込みの内容を入力しましょう。登録年数は1年〜10年の間で選択できます。登録期限に近くなると更新のお知らせメールがくるので、とりあえず「1年登録」を選択しましょう。

ドメイン保持者は登録住所やIPアドレスの公開が義務付けられているのですが、個人情報をネット上に公開するのは不安ですよね。そういう場合はWhois情報公開代行がオススメです。

Whois情報公開代行とは、あなたの個人情報を公開したくない場合に、あなたの情報の代わりに「お名前.com」の情報を公開してくれるオプションです。

必要な情報を入力したら、「次へ」をクリックします。次に会員情報を登録します。会員情報を登録し、支払いも完了させます。すると登録したメールアドレスに、お名前.comからいくつかメールが届いています。その中の

【重要】【お名前.com】ドメイン情報認証のお願い

というタイトルのメールから「メールアドレスの有効性認証」を行いましょう。

これは単純に利用されているメールアドレスかどうかを確認する作業です。メール内のURLをクリックし、有効性が確認されればドメインの取得は完了です。

Step3.サーバーとドメインの連携 【10分】

契約したサーバーでドメインを利用するためには、サーバー側とドメイン側で紐付けしてあげる必要があります。

お名前.com(ドメイン)を連携する

引用元:お名前.com ドメインnavihttps://navi.onamae.com/login

お名前.comのドメインnaviにログインし、「ドメイン設定」をクリックします。

引用元:お名前.com ドメインnavihttps://navi.onamae.com/login

次に「ネームサーバーの変更」をクリックします。

引用元:お名前.com ドメインnavi https://navi.onamae.com/login

その他のメールサーバー」をクリックし、ネームサーバー情報を入力します。以下のリスト(*)からをコピーして上から順番に入力してもOKです。エックスサーバーの場合は、

【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ

というメールに記載されています。

*:ネームサーバー情報

  • ns1.xserver.jp
  • ns2.xserver.jp
  • ns3.xserver.jp
  • ns4.xserver.jp
  • ns5.xserver.jp

エックスサーバーを連携する

引用元:エックスサーバー https://www.xserver.ne.jp/

まずサーバーパネルにログインします(インフォパネルと間違いやすいので注意が必要です)。

引用元:エックスサーバー サーバーパネル https://www.xserver.ne.jp/login_server.php

右上の「ドメイン設定」をクリックします。

引用元:エックスサーバー サーバーパネルhttps://www.xserver.ne.jp/login_server.php

ドメイン設定追加」をクリックします。お名前.comで取得したURLを入力します。③のチェックボックスはとりあえず両方チェックを入れて、「確認画面へ進む」をクリックします。

引用元:エックスサーバー サーバーパネルhttps://www.xserver.ne.jp/login_server.php

内容に間違いがないか確認し、「追加する」をクリックします。

引用元:エックスサーバー サーバーパネル https://www.xserver.ne.jp/login_server.php

このようにURLが表示されたら登録完了です!

Step4.WordPressのインストール 【5分】

引用元:エックスサーバー https://www.xserver.ne.jp/

サーバーパネルのトップページに戻り、WordPress簡単インストールをクリックします。

引用元:エックスサーバー https://www.xserver.ne.jp/

入力項目に以下の内容を入力します。

サイトURL
お名前ドットコムで取得したURL

ブログ名
ブログの名前(変更可能)

ユーザー名
好きなユーザー名を設定

パスワード
パスワード

メールアドレス
自分のメールアドレスを入力

キャッシュ自動削除
「ON」のまま

データベース
「自動でデータベースを生成する」のまま

※パスワードはセキュリティを考慮して、半角英数字で8文字以上にしましょう。またWordPressのログインに必要になるので、必ずメモを残しておきましょう。

確認画面に進む」→ 内容に誤りがなければ「インストール」をクリック。ページが切り替わるまで待ちましょう。

引用元:エックスサーバー https://www.xserver.ne.jp/

インストールが完了すると上記の画面に切り替わります。WordPressにログインするために必要な情報なので、必ずキャプチャやメモを残しておきましょう。

Step5.WordPressの初期設定 【15分】

SSL化

画像:WordPressダッシュボード

ダッシュボードの左側にある「設定」→「一般」をクリックします。

画像:WordPress 一般

「WordPressのアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」を「http://」から「https://」に変更して、設定を保存します。

※反映には1時間ほどかかる場合があります。

リダイレクト

次にリダイレクトの設定を行います。もし「http://」のURLを入力されても「https://」から始まるURLへ自動でリダイレクトしてくれる設定です。今回はインフォパネルからサーバーパネルへログインしましょう。

引用元:エックスサーバー インフォパネル https://www.xserver.ne.jp/login_info.php

インフォパネルトップページのサーバーから「サーバー管理」をクリックします。

引用元:エックスサーバー サーバーパネル https://www.xserver.ne.jp/login_server.php

サーバーパネルにログインし、「.htaccess編集」をクリックします。

引用元:エックスサーバー サーバーパネル https://www.xserver.ne.jp/login_server.php

.htaccess編集」をクリックします。

引用元:エックスサーバー サーバーパネル https://www.xserver.ne.jp/login_server.php

画像のように下記のソースをコピペして先頭に貼り付けます。(※万が一失敗した時に元に戻せるように、編集する前に必ず元のソースをコピペして保存しておきましょう)

「http://」のURLを入力し「https://」で表示されればリダイレクトはこれで完了です。

パーマリンクの設定

パーマリンクはドメイン以下のURLの設定です。最初に設定した内容から変更はしません。途中で変更をするとリンクが切れたりリダイレクトが必要になるので、注意が必要な項目です。

画像:WordPress ダッシュボード

WordPressのダッシュボードから「設定」→「パーマリンク」をクリックします。

画像:パーマリンク 共通設定

基本設定」または「カスタム構造」をクリックして「/%postname%」を選択します。画面下部にある「変更を保存」をクリックして保存します。

以上で基本設定は完了です!

Step6.テーマを選ぶ 【20分】

次にテーマを選びます。選ばなくても投稿はできますが、どうせならテーマも設定しちゃいたいですよね。テーマはたくさんあるので、悩み出すとキリがありません。ある程度めどをつけてくださいね。

画像:WordPress ダッシュボード

WordPressのダッシュボードから「外観」→「テーマ」を選択します。

画像:テーマを追加

画像のような画面になります。インストール済みのテーマは「インストール済み」となっていますね。検索窓の「テーマを検索」から好きなキーワードを入れてもいいですし、メニューの「人気」や「最新」「特徴フィルター」から検索してもOKです。

画像:テーマをインストール

テーマの上にマウスを乗せると、画像のように「インストール」と「プレビュー」ボタンが表示されます。決まったテーマをインストールしましょう。

画像:テーマを有効化

インストールが終わったら、「有効化」をクリックします。これでテーマの設定は完了です!

これだけは気をつけて!初心者によくあるミス

画像:Shutterstock

ログインできない

サーバーの契約やWordPressのインストールが終了し、いざログインしようと思った時にログインできない! という現象がおこることがあります。よくあるミスとして、サーバーのログインIDとパスワードをWordPressに入力する間違いがあります。

WordPressのログイン情報を確認して、正しいIDとパスワードを入力しましょう。もしどうしてもログインできない場合は、ログイン画面の「パスワードをお忘れですか?」をクリックし、パスワードの再設定を行いましょう。

WordPressをインストール後すぐに入ろうとしてログインできない

正しいログインIDとパスワードを入力してもログインできない場合があります。WordPressをインストールしてすぐにログインしようとした場合に多い現象です。少し時間を置かないとログインできない合があります。

ログインできないからと焦らずに、1時間程度たってから再度ログインしてください。

更新時の振込忘れ

サーバーの利用料金などを振込にしている場合、更新時にまた振込が必要になります。更新前にメールで通知が送られてきますが、意外と忘れてしまうんですよね。そのため更新がされずに契約が切れて、突然サイトが見れなくなってしまうケースがあります。

このようなミスを防ぐためにも、更新はクレジットカードで自動更新にすることをオススメします。

パーマリンクの設定を途中で変更する

パーマリンクの設定を途中で変えたいと思う時ってありますよね。変更が必要なときは仕方ないのですが、変更するときは注意が必要です。パーマリンクの設定を変更すると、既存記事のパーマリンクも一括で変更されてしまいます。

そのためSNSでシェアされていた場合、リンクが切れてしまっているので見れなくなってしまいます。パーマリンクは最初の設定から変更しない方が良いでしょう。どうしても変更が必要な場合は、リダイレクトを設定しリンク切れをおこさないように注意しましょう。

親テーマをカスタマイズする

WordPress初心者にありがちなミスとして多いのが、親テーマを変更してしまうことです。でも

WordPressの醍醐味って、カスタマイズなのに何がいけないの?
って不思議に思う人もいますよね。カスタマイズ自体がダメなのではなく、親テーマを変更してしまうことが問題です。

親テーマはWordPressがアップデートした時に、アップデート対象になります。そのためカスタマイズした親テーマがアップデートされると上書きされて編集内容が消えてしまいます。また親テーマの編集に失敗してレイアウトが崩れてしまうような危険性もあります。

テーマをカスタマイズするときは、必ず子テーマをカスタマイズするようにしましょう。

デザインにこだわってみよう

引用元:WordPress.org WordPressテーマ https://ja.wordpress.org/themes/

WordPressのテーマはとても豊富で、無料テーマと有料テーマがあります。それぞれの特徴をしっかり理解して、あなたに合うものを選んでくださいね。

無料テーマの特徴

無料テーマの一番の強みは、やはり無料で利用できることですよね。WordPressのテーマは無料でもクオリティが高く、お試しでWordPressを使ってみたい人やお金をかけられない人にオススメです。

ただし、以下の点に注意が必要です。

  • アップデートの日付が新しい
  • WordPress公式ディレクトリテーマである
  • 使いたい機能がある

WordPressは逐次アップデートされ不具合や脆弱性の改善、機能アップがされています。そのため古いテーマだと悪意ある攻撃のターゲットにされるなどの危険性があります。

また無料テーマの中には野良テーマと言われる個人が自由に作成・配布しているテーマがあります。野良テーマは自由な反面、セキュリティ面での対策が不十分だったりアップデートなどサポートが行われていないものも多くあります。

初心者がそれを見分けるのは難しいので、公式テーマを利用しましょう。テーマ選ぶときは、自分が利用したい機能があるか確認することも大切です。無料テーマは有料テーマと比べると機能が少ないこともあります。

カスタマイズを前提としているテーマも多いので、ある程度知識がないと扱いづらく初心者には難易度が高くなってしまいます。


安心安全高品質の無料ビジネス向けWordPressテーマまとめ
更新日 : 2018年12月3日

有料テーマの特徴

WordPressの有料テーマはデザイン性が高く、機能も充実しています。ほとんどのテーマがそのまま使うことができます。また医療・ネットショッピング・美容など目的や業種ごとに適切なテーマを選びやすい特徴もあります。

またサポートも充実しており、分からないことがあれば問い合わせをすることもできます。アップデートも適切に行われるので、セキュリティ面でも安心です。

ただし人気が高いテーマはそれだけ利用者が多いということもあり、オリジナル性を出しづらいという点もあります。


SEO対策に特化!WordPressテーマ有料無料11選
更新日 : 2018年12月3日

オススメは有料!

無料テーマか有料テーマかで迷ったときは、有料テーマがオススメです。有料テーマはそのまま利用できるものが多いので、公開までの工数が大幅に削減できます。自分で色々設定する必要がないので、手軽に始めることができます。

初心者にとって記事作成だけでも大変なのに、始めるまでの工程も難しいと継続してWordPressを利用し続けることができません。挫折防止のためにも有料テーマを選ぶと良いでしょう

はじめに導入しておきたいプラグイン一覧

画像:Shutterstock

プラグインを入れすぎると動作が重くなったり不具合の原因になりますが、最低限必要なプラグインもあります。

SiteGuard WP Pluginセキュリティを強化してくれるプラグインです。WordPressはオープンソースであり、世界中の人々が利用しています。そのため不正アクセスも国内外問わずブロックする必要があります。

WordPressを安全に利用するためにも、セキュリティの強化はしっかりとしましょう。

BackWPupはバックアップを行うプラグインです。サーバーでも自動バックアップがされていますが、復元する時に費用がかかったりする場合があります。またサーバーが何らかの不具合が発生する可能性もあります。

データは大切なあなたの資産なので、念には念を入れてバックアップをしましょう

【初心者必見】WordPressおすすめプラグイン5選を徹底比較
更新日 : 2018年12月3日

まとめ

いかがでしたか? WordPressを始めるのは、一見とても大変そうですが手順がわかっていればそこまで難しくはありません。難しそうだから、と諦めるのではなくまずはチャレンジしてみましょう!

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

河出 光咲希

河出 光咲希

侍エンジニア塾マーケティング部グロースハック担当。大手製薬メーカーをわずか3ヶ月で退職し、木内代表の理念や侍エンジニア塾のビジョンに共感し、ジョインすることに。私自身も、侍エンジニア塾を通して仕事の楽しさややりがいを実感し、人生が変わった経験から、同じように侍エンジニア塾を通して多くの方の人生をより良くしたいと思って日々働いている。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説