スライドショースライドショースライドショー

結局どれ?最初に導入すべきWordPressプラグイン厳選3選

こんにちは!侍エンジニア塾ブログ編集部の井上です。

WordPressのプラグインはとても便利ですし、ぜひ使いこなしたいですよね。

しかし情報が多すぎて最初に最低限どれを入れるべきなのかが分からないという方も多いのではないかと思います。

そこで今回は、WordPressの利用を開始する際に、「まずこれだけは入れておきたい!」という必須プラグインを厳選して3つ紹介しています。

既にWordPress運用されている方も、ご自身のサイトでも使っているかチェックしてみてくださいね。

初心者がハマるWordPressプラグインの落とし穴

初心者が導入するプラグインが増え続けるのはなぜ?

よくわからないけど、ススメれたしとりあえず入れてみる、という方が多くいます。

本当に必要な機能以外も入れてしまっていることに、気づかないんですよね。

多過ぎるとメンテナンスができなくなってしまうので、注意が必要です。

相性やサイトの重さを考えてない

入れれば入れるほど、サーバーに負荷がかかって重くなります。

また、実はプラグインには相性があるのをご存知ですか?

入れるプラグインの相性が悪いと、最悪サイトが壊れます。

例えば、権限を操作するプラグインなど、同じような機能のプラグインを複数入れます。

すると、機能の奪い合いのようなことが起こって、最終的に不具合に繋がります。

違う機能を持ったプラグイン同士の相性もありますが、基本的に1機能1プラグインがベターです。

入れ過ぎると、エラーなどが起こった際に、何が問題だったのか原因の究明ができなくなります

プラグインがハッキングされるって知ってます?

事例としては、WordPress「All in One SEO Pack」に深刻な脆弱性がありました。

他にもキャッシュプラグイン「WP Super Cache」に複数の脆弱性などがあります。

WordPress自体もそうですが、オープンソースであるため、色々な人が利用可能です。

もちろん、悪い人も。

有名なプラグインだから狙われたり、そもそもプラグイン自体に脆弱性があったりします。

失敗しないためには、安全性が確認されているプラグインを利用するこが大切です。

また、バックアップやアップロードは必ずしなければならないと覚えておいてください。

最初に絶対に入れておくべきプラグイン3選

アクセス解析!All in One SEO Pack

スクリーンショット 2016 05 14 18 54 33
URL:https://ja.wordpress.org/plugins/all-in-one-seo-pack/

厳選理由

SEO対策の為に多くの方に支持されている定番プラグインです。

様々な機能が有りますが、少なくとも作成するWEBサイトやブログの検索による流入を改善していくために、GoogleAnalyticsなどではじめにアクセス解析が出来るようにしておくことは必須です!

All in One SEO Packだと簡単に設定もできて、後々の細かなSEO対策も可能になります。

オススメポイント

  • 管理者のアクセスは集計しない設定が可能
  • 各種投稿ごとに細かいSEOに関連する設定が出来る
  • 鉄板プラグインなので安心して使える
  • 導入方法

    下記WEBサイトに詳細な導入方法がありますのでこちらを参照するのが良いでしょう。

    「All in One SEO Pack の設定方法と使い方」

    スクリーンショット 2016 05 14 19 15 55
    URL:http://bazubu.com/all-in-one-seo-pack-23836.html

    セキュリティ強化!SiteGuard WP Plugin

    スクリーンショット 2016 05 14 19 18 59
    URL:https://ja.wordpress.org/plugins/siteguard/

    厳選理由

    導入が簡単なWordPressのセキュリティを強化してくれる高性能プラグインです。

    世界のWEBサイトの31%はWordPressで出来ているため、海外からの攻撃でも非常に狙われやすくなっています。

    WordPressを安心して使用するために是非セキュリティ強化プラグインを利用しましょう。

    オススメポイント

  • ログインページにロボット対策の画像認証なども入れられる
  • ログイン失敗時などにメール通知を行う設定が可能
  • ログインが成功しても始めの1回は失敗する高セキュリティを保つ機能も
  • 仕様方法

    下記WEBサイトに詳細な設定方法がありますのでこちらを参照するのが良いでしょう。

    >>SiteGuard WP Plugin

    バックアップ運用!BackWPup


    URL:https://ja.wordpress.org/plugins/backwpup/

    厳選理由

    頑張って作成したサイトも、データが飛んで復元できなくなってしまえば全て終わりです。

    いつトラブルが起こるかもわからないので、バックアップの方法や運用方法などははじめに整備して確認しておきましょう。

    オススメポイント

  • 定期的に自動的にバックアップを取ってくれる
  • バックアップの範囲などは各タスク毎に設定出来る
  • 無料でバックアップ先にDropBoxやAmazonS3などを設定出来る
  • 導入方法

    下記WEBサイトにS3への定期バックアップの設定方法等がありますのでこちらを参照するのが良いでしょう。

    WordPressをBackWPupプラグインを使ってAWS S3に定期バックアップするには」

    スクリーンショット 2016 05 14 19 31 06
    URL:http://blog.hrendoh.com/how-to-backup-wordpress-to-aws-s3/

    まとめ

    WordPressの厳選プラグインを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

    WordPressを始めたばかりでよくわからないと言う方や、これらのプラグインを知らなかったという方は是非試してみてください。

    快適なWordPressライフを送りましょう!

    LINEで送る
    Pocket

    「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

    当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

    その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

    侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

    cta_under_bnr

    「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

    cta_under_btn

    書いた人

    侍ブログ編集部

    侍ブログ編集部

    侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
    サービスページはこちら
    ツイッターはこちら
    フェイスブックはこちら

    おすすめコンテンツ

    あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

    プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説