スライドショースライドショースライドショー

フリーランスエンジニアとは?会社員との違いとその実態を徹底調査

最近、フリーランスエンジニアを目標にプログラミングを学ぶ人も多くいます。しかし、

フリーランスってそもそもなに?
フリーランスと会社員はどのような違いがあるの?
これからフリーランスを目指したいけど、どうすればいいの?

このような疑問を持っている人も多くいます。

フリーランスエンジニアは、自由で魅力を感じますが、まずは基礎知識を把握してから実際に目指すかどうかを判断することが必要です。

そこで、この記事では

  • フリーランスと会社員の違い
  • フリーランスエンジニアのメリット・デメリット
  • フリーランスエンジニアの実態

など、未経験の人でも理解できるようにわかりやすく紹介していきます。案件獲得のコツもご紹介するので、これからフリーランスエンジニアになろうと思っている人も是非参考にしてください。

この記事の目次

フリーランスとは?

そもそもフリーランスってなに?

なかにはこのように思っている方もいらっしゃいますよね。フリーランスとは一言で言えば、「個人事業主」です。

とはいえ、会社員との違いなど不明確なことも多いですよね。そこで会社員とフリーランスを比較しながらご紹介していきます。より詳しくフリーランスについて知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

フリーランスとは!?働き方・種類・向き不向きまで紹介します
更新日 : 2020年1月6日

会社員とフリーランスの雇用形態の違い

まず、一般的な雇用形態には以下の3種類があります。それぞれ簡潔に言えば、以下のような違いがあります。

正社員

期間の定めのない労働契約で会社企業に雇われ、その企業の就業規則で定められた所定労働時間の上限まで労働するもの

フリーランス

企業と業務委託契約をして請け負った業務を実際に遂行する個人事業主を指す

起業

企業と契約を結ぶのではなく、新たに事業を開設する

フリーランスの契約形態

次にフリーランスの契約形態についても見ていきましょう。契約形態には主に「請負契約」「委任契約」「準委任契約」の3種類があります。


必ずしも契約を結ぶ訳ではありませんが、フリーランスは一般的に上記3種のいずれかの契約を企業と交わし、業務に当たることで生計を立てていきます。

そのため、それぞれの契約のメリット・デメリットを考えた上で契約を交わしていきましょう。

フリーランスエンジニアとは?

フリーランスエンジニアの定義は?

フリーランスエンジニアとは、先程紹介したフリーランスのように、会社や組織に所属することなく、Webアプリ開発やプロジェクトを個人で請け負って仕事をしている人たちを指します。

つまり、会社員エンジニアのように社内の仕事をするのではく、個人で契約を結びそれぞれの案件をこなしている人をフリーランスエンジニアと呼びます。

フリーランスエンジニアの仕事内容は?

フリーランスエンジニアの仕事内容は決まっている訳ではありません。あなたのいままで培ってきたスキルにあわせて内容も変化していきます。

例えば、あなたがWeb業界に長く携わっていたのであれば、Web開発案件などを受注する割合が増えるでしょうし、大規模なシステム開発を経験されている方であれば、同じような案件を受注する機会が増えると思います。

実際に、フリーランスエンジニア向けの求人サイト「レバテックフリーランス」を見てみると、様々な職業の案件を取り扱っていることがわかります。

引用元:レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/

もちろん、いままでの職種とは全く違う職業の案件を受注することも可能ですが、大抵の場合、実務経験などを求められるため、相応のスキルとポートフォリオが必要となるでしょう。

フリーランスエンジニアの需要と将来性は?

次にフリーランスエンジニアの需要についても見ていきましょう。

結論から言えば、現代社会においてフリーランスエンジニアの需要はとても高いです。

その要因は日本のエンジニア不足にあり、どの企業も即戦力となりえる存在を求めています。独立行政法人情報処理推進機構が発行している「 IT人材白書 」においても、

IT人材不足の改善にフリーランスエンジニアの活用が効果的であった

といった表記が記述されている通り、フリーランスという実績があり、スポット的に契約できるエンジニアの市場価値はとても高いのです。

より詳しいフリーランスエンジニアの需要についてはこちらの記事で詳しく開設しているため、合わせてご覧ください。

フリーランスエンジニアの人口と需要は?【結論】今後大幅に拡大する
更新日 : 2018年11月20日

そもそも会社員とフリーランスの違いを比較

フリーランスエンジニアを目指す方の多くは、正社員という立場とフリーランスを比較した上で、フリーランスを目指していきたいと考えているのではないでしょうか。

そこで正社員とフリーランスの働き方や収入面を比較していきます。

会社員とフリーランスの年収の違いは?

まずは正社員とフリーランスエンジニアの年齢ごとの年収差を見ていきましょう。 SE HACK が実際にフリーランスエンジニア100名に聞き取り調査を行った調査結果によると、年齢ごとの年収差は以下の通りになります。

SE HACKの調査結果より算出: https://se-hack.com/freelance-engineer-marketprice

正社員は年齢に応じて年収が増えていくのに対して、フリーランスエンジニアは若いうちから高収入を得られることがわかりますね。フリーランスエンジニアはここから多くの税金が引かれることを考慮しても、収入面においては正社員よりも良いことが見て取れます。

次に扱う言語による年収差を見ていきましょう。こちらは SE HACKビズリーチ の調査結果をもとに算出しています。


スキル別に見ると顕著に差が出ることがわかります。最近のトレンドであるGo言語を見てみると正社員とフリーランスでは、360万円もの差がでていますね。

差が出る要因として、習熟度が上げられます。フリーランスエンジニアの多くは既に実績のあるエンジニアが多く、そのぶん扱う案件も高額になります。しかし、正社員の場合は、育成途中の1〜3年目辺りのエンジニアも含まれているため、平均値で見てしまうとこのような差が開いてしまうという訳ですね。

また、フリーランスはここから正社員よりも多くの税金が引かれていきます。実際の手取り額は6〜7割程度になるでしょう。

フリーランスの手取り額についてはこちらの記事でまとめているので、あわせてご覧ください。

フリーランスエンジニアの手取り額が判明!会社員と比較してみた
更新日 : 2020年1月10日

会社員とフリーランスの働き方の違いは?

次に働き方の違いについて見ていきましょう。

正社員は基本的に就業規則に則って働くのに対し、フリーランスは契約を受注して働きます。そのため、フリーランスは自身の裁量で働くことが可能です。また、契約の条件によっては、特に出勤する必要などもなく自由な働き方を実現できます。

人間関係に関しても正社員に比べるとフリーランスは自身で環境を選ぶことができるので、働きやすさでいえばフリーランスのほうが良いでしょう。

しかし、フリーランスは税金関係を全て一人で行う必要があるため、確定申告などの知識が必要となります。また、契約を受注するには営業を行う必要があり、実績も必要となるため、ある程度の経験が求められるでしょう。

フリーランスエンジニアになるには?

ここからはフリーランスエンジニアになるために知っておくべき基礎的な知識についてご紹介していきます。

フリーランスエンジニアに必要なスキルは?

エンジニアにとってプログラミングスキルは必須です。ですが、フリーランスエンジニアにはプログラミング以外のスキルも必要不可欠となります。フリーランスエンジニアとして成功するために、以下のスキルは習得しておきましょう。

エンジニアとしてのスキル以外にもこんなに必要なの?と驚かれるかもしれませんね。しかし、フリーランスエンジニアとして成功するためには、普通のスキルだけでは難しいです。

こういったスキルについても学んでおくことで、他のエンジニアと差別化することができて唯一無二の存在になれるでしょう。

これらのスキルについてはこちらの記事で詳しくまとめているので、合わせてご覧ください。

フリーランスエンジニアが成功するために必要な8つのスキル
更新日 : 2019年5月16日

フリーランスと相性の良いプログラミング言語は?

次にエンジニアにとって、必須スキルであるプログラミング言語についてご紹介します。

プログラミング言語が数多く存在することはご存知ですよね。その中には、フリーランスになるにはあまり相性の良くない言語や求人数が豊富にある言語などがあります。

どういった言語がフリーランスと相性がいいのか、こちらの表を参考にしてみてください。

言語名 おすすめ度 理由 詳細記事
Java 求人数豊富だが習得難易度が高い こちら
Python 将来性が高く、できることも多い こちら
PHP 需要の高いWebサービスの主要言語 こちら
Javascript 将来性が高く、できることも多い こちら
Ruby 需要は低下しつつあるが習得しやすい こちら
Go言語 求人数少ないが将来性は高い こちら

フリーランスエンジニアにおすすめの言語は?

プログラミング言語のトレンドは日々移り変わっています。

そこで直近の傾向を踏まえたうえで、おすすめの言語を選ぶなら何が良いか侍エンジニア塾のインストラクターに「3年後仕事で使えそうな言語は何か」聞き取りを行いました。

結果は7割以上が「Javascript」と「Python」という答えになっており、次点で「PHP」となっています。

Javascriptがおすすめの理由としては、最近のトレンドであるWEBサービス開発のフロントエンドを開発するにおいて、Javascript一択の状態であるからです。今後もWEB業界が伸びていくことは確実なため、Javascript特に「Node.js」の需要は高いでしょう。

その他のおすすめ言語に関してはこちらの記事でまとめているので、ぜひご覧ください。

フリーランスエンジニアを目指すのにオススメなプログラミング言語3選
更新日 : 2020年1月10日

フリーランスエンジニアになるための準備は必要?

開業届を出すだけで、フリーランスエンジニアになることはできます。しかし、それだけでは、軌道に乗るまでに苦労することが多くなってしまいます。そこで、フリーランスエンジニアになるための準備項目をまとめたので参考にしてください。

まず、最低でも以下の表に記載されているものは用意しておきましょう。

これらを用意しておけば、フリーランスエンジニアとしてスムーズに開業することができるでしょう。それぞれの詳細につきましては、こちらの記事で解説しているのであわせてご覧ください。

フリーランスエンジニアになる前にすべき準備・確認事項まとめ
更新日 : 2019年10月22日

地方エンジニアでもフリーランスになれるの?

地方と都心部では収入に格差があることは周知の事実。フリーランスエンジニアになったからといって、地方でも活躍できるのかは気になるところですよね。

結論から言えば、地方でもフリーランスエンジニアとして高収入を得ることは可能です。

大きな理由は2つあります。それは、「即戦力となるエンジニアが不足していること」と「都心部に案件が集中しすぎて仕事が溢れていること」にあります。

優秀なエンジニアが複数案件を処理したとしても、余りあるほどに都心部では仕事が溢れており、どこの企業も即戦力になれるエンジニアのスキルを借りたいと考えています。

そのため、地方在住のエンジニアでもビデオチャットなどを駆使して、案件を獲得できることが容易になっています。

その他にも地方でも活躍できる要因はたくさんあります。より詳しく知りたい方はこちらの記事もあわせてご覧ください。

地方でもフリーランスエンジニアが高収入!その驚きの理由とは?
更新日 : 2018年12月28日

年齢に関係なくフリーランスエンジニアになれるの?

年齢によってフリーランスエンジニアになれる難易度が変わるのかも気になるポイントですね。

こちらも結論から言えば、年齢による難易度の変化はあるといえるでしょう。

実はフリーランス協会が発行している「 フリーランス白書2018 」によると、フリーランスエンジニアとして活躍している方の9割以上は30代〜50代の方です。20代に関しては全体の1割にも満たない人口数であり、経験の浅いうちはフリーランスエンジニアになることが難しいということがわかります。

特に案件獲得に関しては、フリーランスエンジニアの半数以上が誰かからの紹介を得て獲得していることから、横の人脈が少ない20代にとってフリーランスになることは容易ではないことがわかりますね。

フリーランスの年齢については、こちらの記事でも詳しく解説しているので、合わせてご覧ください。

40代・50代フリーランスエンジニアの年収・実情・キャリアパスまとめ
更新日 : 2019年10月29日

フリーランスエンジニアのメリット・デメリット

ここではフリーランスエンジニアのメリット・デメリットについてご紹介しま。まずは下の図を見てください。
フリーランスエンジニアのメリット・デメリットをまとめました。それぞれ詳しく解説していきます。

フリーランスエンジニアのメリット

自由な働き方

フリーランスエンジニアの働き方は自由というのがメリットの一つです。

  • 働く場所
  • 働く時間


を自由に決められるので、その日のスケジュールを自分でカスタムしやすくなります。

おしゃれなカフェでモチベーションをあげて仕事をしたり、午前中に仕事をこなし午後からは自分の趣味に時間を使ったりと、自由度が高い働き方に憧れを持つ人も多いですよね。

スキルの幅が広がる

フリーランスエンジニアは、プログラミングスキルはもちろんですが、その他のスキルも必要だとご紹介しました。

企業に勤めるエンジニアとは違い、自分で仕事を獲得してその仕事の管理を自分でしなくてはいけません。プログラミングスキルも、一人で対応しなくてはいません。

そういった環境が、エンジニアとしてのスキルアップに繋がり、スキルの幅がより広がりやすいと言えます。ただ、最初は苦労する部分も多くありますが、経験を積むことで十分スキルアップに繋がるでしょう。

案件を選べる

案件を自分で獲得するということは、やりたい案件を自分で選べるということです。

正社員の場合、上司から振られた仕事は断ることができませんが、フリーランスエンジニアは各プロジェクトごとに案件に係るので、煩わしい人間関係などを気にする必要がありません。

また、厄介そうな案件だと判断できれば、事前に回避することもできます。そのため、心身的に正社員に比べてストレスフリーに働くことができます。

フリーランスエンジニアのデメリット

すべて自己責任

フリーランスエンジニアは

  • 仕事の管理
  • 収支の管理
  • 税金の納付

などを全てひとりで行わなければなりません。

そのため、全てにおいて自己責任で管理をしなくてはいけません。正社員では行う必要のない収支の全てを帳簿に記帳して、領収書も保管して確定申告に備える必要があります。また、請求書や振込確認なども習慣化しておかなければならないでしょう。

こういった経費関係の知識がフリーランスには必要不可欠となるため、事前に学習しておいたほうがいいでしょう。このような処理が面倒でお金に余裕があるならば、税理士に依頼するという手もありますね。

社会的信頼性

正社員に比べて収入が不安定なフリーランスエンジニアは社会的信用という面では正社員より大きく劣ってしまいます。

この社会的信用がないと様々な弊害がでてきます。たとえば、金融機関でローンを組んだり賃貸住宅に入居する際にも正社員と比べると審査が厳しくなります。

そのため、これらの準備はフリーランスエンジニアを目指す前に済ませておくといいでしょう。また、フリーランスエンジニアとして実績を残していれば、ローンを組んだり入居審査が厳しくなることもありません。

フリーランスエンジニアになりたての時は正社員のように審査が通らないということを注意しておきましょう。

収入が不安定

フリーランスエンジニアの場合、正社員のように固定給が定められているわけではありません。そのため、今月の収入が50万円だったとしても、次月の収入が30万円まで低下してしまうということがザラにあります。

この原因はフリーランスエンジニアの収入形態にあります。

フリーランスは基本的に案件ごとに収入を得ています。そのため、案件が途絶えてしまったり、継続的な案件が終了してしまうと当然その分の収入も減少してしまうのです。

なかには、案件をこなしたのに入金が遅れるというトラブルが発生することも考えられます。そのため、入金されるまで油断できないという正社員では考えられないような違いがあります。

このように収入が不安定になるということはフリーランスエンジニアになるうえで覚悟しておかなければならないです。

ぶっちゃけどう? 現役フリーランスエンジニアが語るメリットとデメリット
更新日 : 2019年10月8日

フリーランスエンジニアの向き不向き

ここでは、フリーランスエンジニアに向いている人と向いていない人をご紹介します。

フリーランスエンジニアを目指す上で自分に向いているのか確認してみましょう。

フリーランスエンジニアに向いている人

  • ある程度実績があり自由な働き方をしたい人
  • 自分で仕事を選びやりがいを得たい人
  • スキルを更に向上させて将来的に需要のある人材になりたい人


このような人が向いているといえるでしょう。

実績があり、スキル向上を目指す人はフリーランスエンジニアとして働くことでさらなるレベルアップを目標に働くことも可能です。

フリーランスエンジニアに向いていない人

逆にフリーランスエンジニアに向いていない人は以下のように考えている人と言えます。

  • 安定した収入を望んでいる人
  • 保険など安心できる生活がしたい人
  • 自己管理できない人

フリーランスエンジニアは、向上心のある人や自己管理をすることに抵抗がない人が向いています。安定した収入を望む人は、毎月収入が変わりやすいフリーランスエンジニアになることはおすすめとは言えません。

ですが、在宅でエンジニアとして働きたいと思う人もいるでしょう。最近では、正社員でも在宅で働ける環境を用意している企業もあるので、そういった企業を探し転職するのも選択肢の一つです。

フリーランスエンジニアの案件獲得方法とコツは?

フリーランスエンジニアの案件獲得方法

フリーランスエンジニアの案件を獲得する方法は以下の通りです。

  • 求人サイト使う
  • 知人の紹介


それぞれ詳しく見ていきましょう。

求人サイト使う

まず求人を使う方法です。求人にも2つの種類があり

  • クラウドソーシング
  • エージェント


こちらを使い案件を獲得することができます。

もっと詳しく案件獲得できる求人サイトについて詳しく知りたい人は、下記の記事におすすめの求人サイトを紹介しているので参考にご覧ください。

フリーランスエンジニアの案件獲得方法とおすすめ求人メディア5選
更新日 : 2019年11月7日

知人の紹介

次に知人に案件を紹介してもらう方法です。実はこの方法が確実に案件を継続させるためのコツでもあります。

紹介案件をいただくためには、フリーランスエンジニアが集まるコミュニティーや勉強会へ参加をしてコミュニケーションを取りましょう。フリーランスの仲間と知り合うことができれば、紹介された案件だけではなく「共同開発」を行うこともできるので、スキルを更に磨くことも可能になります。

以下の記事にフリーランスエンジニアにおすすめの勉強会を探せるサイトをご紹介しています。参考にご覧ください。

フリーランスエンジニア必見!勉強会が探せるおすすめサイト5選
更新日 : 2019年11月1日

フリーランスエンジニア案件獲得のコツ

フリーランスエンジニアに必要なスキルとして、「継続して案件を獲得する」ことも必要となります。ここでは、案件を安定して継続的に獲得できるコツをご紹介します。

案件獲得に悩んでいる人やこれから案件を獲得しようと考えている人は参考になるので、ぜひご覧になってください。

安定して案件を獲得するコツは?

安定して案件を獲得し続けるにはコツがあります。

  • 複数の単発案件を抱える
  • 長期のプロジェクトに参加する
  • 実績や経験も必要


案件獲得の際は、こういったコツを抑えてから実際に行動しなくては、後からつらい思いをしてしまう可能性があります。

まずは、以下の記事を参考に案件獲得のコツを把握しましょう。

初心者必見!フリーランスエンジニアが継続して案件を取得する方法
更新日 : 2020年1月8日

高収入を目指すコツは?

案件獲得に成功しても、案件を抱えすぎては手が回らなくなってしまいます。抱える案件が多すぎて、生活がキツくなってしまう人も多くいます。

そうならないためには、高単価の案件を獲得する必要があります。例えば、2つの案件で20万稼ぐよりも1つの案件で20万稼げたほうが、心にもゆとりが生まれますよね。

多くの案件数で稼ぐのもいいですが、高単価の案件をこなせるフリーランスエンジニアを目指したほうが、自由度の高い働き方を実現しやすくなります。

高単価の案件を獲得するコツは以下の記事で紹介しているので、参考にご覧ください。

フリーランスエンジニアは意外と稼げない?高年収を叶える5つのコツ
更新日 : 2019年9月23日

フリーランスエンジニアが自分を売り込む方法は?

フリーランスエンジニアに取って、自分を売り込む営業力は案件獲得するためには必要です。ですが、営業が苦手な人もいるのではないでしょうか。

そこで、誰でも簡単に相手に自分のスキルを証明する方法があります。それが「ポートフォリオを充実させる」ことです。

ポートフォリオは、自分のスキルを証明できる成果物・・・つまり名刺代わりになります。

まずは、これから案件獲得を考えている人はこの「ポートフォリオ」を完成させる事が、案件獲得をするための近道になります。

ポートフォリオについて詳しく知りたい人は以下の記事を参考にしてください。

エンジニアのポートフォリオとは?未経験者に必要な訳と作成ポイント
更新日 : 2019年11月18日

フリーランスエンジニアの実態は?

男女比は男性が90%以上

フリーランスエンジニアを男女比で比較した結果です。


参考:IT人材白書|情報処理推進機構 https://www.ipa.go.jp/jinzai/jigyou/back.html

IT人材白書の調査結果によると、男性が94%と圧倒的に多いことが分かりました。この結果を受け、まだまだエンジニアと言う職業は男性の方が多いということが予想されます。

最近では子育てをしながらフリーランスエンジニアを目指す人が増えて、今後は女性でもフリーランスエンジニアになる人が増えると考えられます。

「ママ×プログラミング」でライフステージに合わせた働き方を手に入れるまで
更新日 : 2019年11月5日

年代は40代〜50代が80%以上

続いて、フリーランスの年齢に対して比較した結果です。

参考:IT人材白書|情報処理推進機構 https://www.ipa.go.jp/jinzai/jigyou/back.html

IT人材白書の調査結果によると、40代〜50代の年代でフリーランスエンジニアの割合は80%を超えています。この結果から、フリーランスになるには経験が必要で、ある程度実績がある人がフリーランスエンジニアとして活動しているのではないでしょうか。

若い人でもフリーランスエンジニアになることはできますが、未経験の人は経験豊富なエンジニアの人と競わなくてはいけなくなる可能性もあります。

元大手銀行マンが55歳からプログラミングを学んで事業家になった話
更新日 : 2019年6月20日

案件獲得は営業力が鍵

参考:IT人材白書|情報処理推進機構 https://www.ipa.go.jp/jinzai/jigyou/back.html

上の表は、フリーランスエンジニアの案件獲得方法をまとめた表です。

見てもらうとわかるように、フリーランスエンジニアの案件獲得は自分で営業している人が多いのがわかります。フリーランスエンジニアで成功するには営業力は必須と言えるでしょう。

それと、前職のつながりやコミュニティに参加して案件を獲得する人も多くいます。逆にクラウドソーシングやエージェントの利用は少なく、案件をうまく獲得するにはこういったコミュニケーションが必要でしょう。

未経験から目指すためにはどうすればいい?

そもそもいきなり未経験からフリーランスを目指せるのか?

結論を言うと、未経験からでもフリーランスエンジニアにはなることはできます。ですが、未経験人だと最初は苦労する可能性が高いです。

詳しくは、こちらの記事でご紹介しているので参考にご覧ください。

未経験からフリーランスエンジニアとして仕事獲得するまでの全手順
更新日 : 2019年11月21日

独学でフリーランスエンジニアを目指す

独学でフリーランスエンジニアを目指すための正しいステップを理解して、最短でなれるように学習を進めていきましょう。

そのステップ方法を以下の記事でご紹介しているので、参考にご覧ください。

独学でフリー ランスエンジニアになる方法!案件獲得までの最強5ステップ
更新日 : 2019年9月30日

スクールでフリーランスエンジニアを目指す

スクールで学習をして、フリーランスエンジニアを目指すこともできます。

そのためには、フリーランス向きのサポートがあるスクールを選び学ぶ必要があります。以下の記事に、フリーランスエンジニアを目指す人のおすすめのスクルを紹介しているので、参考にご覧ください。

プログラミングスクール受講からフリーランスで活躍するまでの全過程
更新日 : 2019年10月31日

未経験から最短でフリーランスエンジニアを目指すには?

まず自分で学習プランを立てる

まずは、学習を始める前にフリーランスエンジニアになるためのプランを立てましょう。プランの立方としては

1.作りたいものを明確にする
2.学ぶ言語を決める
3.学習方法を決める

このような手順でプランを決めましょう。

弊社では、誰でも簡単にプランを確認できる「プログラミング学習プラン診断」をご用意しています。サクッと診断したい方はぜひご活用ください。

スクールで確実に学ぶ

フリーランスエンジニアになるためには、プログラミングを学ぶ必要があります。ですが、そのプログラミング学習で挫折してしまう人が多くいます。特に独学での学習をしている人の87.5%の人が挫折や行き詰まりが感じると答えています。


298名を対象とするアンケート

挫折してしまう理由としては、エラーを解決できずにそのままになってしまうのが一番多いです。挫折しないためには、そういったエラーが起きたときなどのサポートが必要になります。

プログラミングスクールではそういったエラーのサポートをする体制が整っているため、挫折しにくい環境になっています。なので、未経験の人にプログラミングスクールがおすすめなんです。

いきなりスクールに入るのは抵抗あるな・・・

このように感じる人は、サクッと話の聞ける「無料体験レッスン」に参加してみましょう。あなたの悩みや疑問点を解決することができます。
無料体験レッスンを予約する

フリーランスとして成功を収めた卒業生たち

ここまで、あなたがフリーランスを目指すべき7つの理由をご紹介しました。

しかし、皆さんが思うことは「実際に実現できるの?」ということですよね。

そこで弊社スクールを受講して、実際フリーランスエンジニアとして活躍されている卒業生をご紹介します。

早稲田中退23歳が3ヶ月でフリーランスに転身

早稲田大学を中退して、現役フリーランスとして活躍されている渡邉暁大さん。

彼はバイト先での「これからの時代はプログラミング。」という一言から弊社スクールを受講し、全くの未経験から数々の案件をこなすフリーランスエンジニアになりました。

渡邉暁大さんのインタビューはこちら

非効率な働き方から自由を得た30歳女性

もともと、エンジニアとして働いていた清水藤子さん。

とある案件で、海外のエンジニアと交流した際、そのエンジニアの「今日は足が痛いから家で作業するね。」という一言から、私も自由に働きたいと思い、弊社スクールを受講。

スクールにてフリーランスのノウハウを得て、今では現役フリーランスエンジニアとして活躍されています。

清水藤子さんのインタビューはこちら

33歳ホテルマン未経験から4ヶ月でフリーランスデビュー

もともとホテルマンという異色の経歴をもつ市川友哉さん。

市川さんはホテルに勤務しながら、弊社スクールを受講。

スキマ時間を活用して、見事4ヶ月でフリーランスエンジニアへの転身を果たしています。

市川友哉さんのインタビューはこちら

まとめ

いかがでしたか?

あまりにも現実離れしすぎた内容に思えるかもしれません。

しかし、現実に「夢」を叶えた方がたくさんいらっしゃいます。技術革新の影響は計り知れないです。人間の働き方を大きく変え始めています。

IT業界、特にWEB業界はこれからさらに進化を遂げていき、行動に移す人、移せない人でその差はさらに広がっていくでしょう。

今からでも遅くはありませんので、これをきっかけにぜひフリーランスエンジニアを目指してみてください。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

侍ブログ編集部

侍ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説