スライドショースライドショースライドショー

プログラミングでゲーム作成!入門書籍おすすめ9選|完全保存版

ゲームを作ってみたいけどどうやるんだろう…
ゲームプログラミングの本買ったけど、全然レベルが合ってなくてダメだった...

最近、こういった声をよく聞きます。技術書は決して安くない買い物です。なるべくこの様な状況に陥りたくありませんよね。

そこで今回は、ゲームプログラミング参考書籍の中で「2016年現在でも十分に活用でき、尚且つおすすめできるもの」を9冊にまとめました。ゲームプログラミング学習を楽しく、効率的に進める為に是非ご参考下さい。

1. Unity5入門 最新開発環境による簡単3D&2Dゲーム制作

編集部コメント

ヒヨコ本の愛称で親しまれているUnity入門シリーズのUnity5完全対応版です。解説がとても丁寧なので、事前知識がなくとも挫折しずらいでしょう。

初めてUnityに触れる初心者の方にも最適です。ページに合わせて進めていくだけで、Unityを使ったゲーム作りの基礎を確実に学ぶことができます。Unity5での新機能を解説しつつ、もっとも簡単なUnityの本として、自信を持ってオススメできる一冊です。

2. ゲームの作り方 Unityで覚える遊びのアルゴリズム

編集部コメント

この本では、バンダイナムコスタジオ開発陣による10種のオリジナルゲームを題材に、知っておくべき「ゲームのしくみ」が徹底解説されています。言語は簡単に始められるUnityとC#で、ゲームを作るために必要な遊びのアルゴリズムをマスターできます。

今年の3月に改訂版も出版されるので、そちらも楽しみですね。

3. Androidゲームプログラミング A to Z

この続きの内容は、会員限定になります。

会員登録後、続きを読むことができます。


会員登録する3つのメリット

  • ①ステップで学習方法がわかるから継続して学習できる
  • ②基礎知識を学べてWebアプリ完成までのイメージができる
  • ③未経験から転職するまでのノウハウを知ることができる

※会員登録をすることで利用規約プライバシーポリシーに同意したものとします。

編集部コメント

この本は、バンダイナムコスタジオの現役プログラマが解説する新しいUnity本です。アニメーションやエフェクトはもちろん、AIやネットワークなどもカバーされています。キャラクターの表示から、マルチプレイヤーゲームの完成まで、ステップ・バイ・ステップで習得できる本格派解説書としておすすめです。

まとめ

いかかでしたでしょうか?自分のレベルや状況に適した書籍を購入できれば、つまづきや挫折をなくし学習をスムーズに行うことができます。本記事を参考にしてゲームプログラミングを極めていただければ幸いです。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

侍ブログ編集部

侍ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説