PHPフレームワーク「Laravel」のおすすめ本厳選3選

こんにちは!侍ブログ編集部(@samuraijuku)です。

ここ最近よく耳にする「Laravel」

2011年に最初のバージョンがリリースされ、以降バージョンアップとともに世界中で人気が急騰、現在日本でも赤丸急上昇中のPHPフレームワークですね。

この記事を書いている僕自身も開発の現場でLaravelに触れる機会が増えたり、身の回りでも新しいWebアプリの開発にLaravelを採用した話を聞いたりと、その人気ぶりを感じています。

さらには、Zend Framework」で作られて動いているアプリを、わざわざまた開発費をかけてLaravelで作り直すという案件もありました。

これだけ人気があるのには理由があり、それらはとても魅力的でモダンなものなのですが、わりと新しいフレームワークのため他の人気PHPフレームワークに比べて(特に日本語での)まとまった情報が少ないのが現状です。

そんな中、

「公式ドキュメントだけでは全体像がつかみづらい。」
「個人ブログとかで機能単位での情報は見かけるけど実際どういうものなの?」

このように感じてる方は多いのではないでしょうか。

今回はそんなLaravelについて「全体的に、かつ重要なポイントが丁寧に解説されている」書籍を厳選して3冊ご紹介します。

実際のアプリ開発や、今後もますますユーザー増が期待されるLaravelのキャッチアップにご活用ください。

「Laravel」の基礎知識

PHPについて

PHP(Hypertext Preprocessor を再帰的に略したもの)は、HTMLに埋め込むことができる、Webアプリケーション開発に適したサーバーサイド・スクリプト言語です。

世の中の様々なWebアプリケーション開発に使われています。

こちらでさらに詳しく解説していますので、よろしければご覧ください。

【初心者向け】PHPとは? 言語の特徴やできること、作れるものを解説
更新日 : 2019年4月27日

Laravelについて

LaravelはそのPHPを使って組まれたWebアプリケーションフレームワークで、世界中で加速的にユーザーが増えてきています。Laravelの魅力はたくさんありますがその中でも特徴的なものとしては、

  • よりシンプルなコードで開発が可能
  • データベースとの連携がしやすい
  • 最新PHPへの対応が早い

などが挙げられます。

フレームワーク自体の開発がいまも活発に行われていて、頻繁にバージョンが更新されています。

それがゆえに、Laravel4までは長期間に渡るサポートは提供されてきませんでしたが、Laravel5.1になって初めてLTS(Long Term Support)という年単位での長期間に渡るサポートとメンテナンスが提供されました。

現時点ではバージョン5.3が最新となっており、公式ドキュメント(英語)も各バージョンごとに用意されています。

ですがLaravelに関する書籍は非常に少なく、電子書籍を含めても日本語で書かれたものだけだと現時点で約10冊程度。

古いバージョンを対象に書かれたものだとディレクトリ構造から大きく内容が違っていたりするので、今回ご紹介する書籍は現時点で最新メジャーバージョンであるLaravel5以上を対象に選別しました。

それでは実際に見ていきましょう。

Laravel リファレンス

編集部コメント

公式ドキュメントを解説しているような構成になっているので、気になる箇所をピンポイントで読んでも良し、または最初から通して読むと読み終わった頃にはLaravelの全体像が見えていることでしょう。

Laravelの特徴のひとつであるテストに関しても約50ページを割いて解説されているのと、最終章には実践としてブログ投稿アプリの作成手順が載ってあるのも嬉しいポイントです。

Laravelエキスパート養成読本

編集部コメント

Laravelの特徴を全般的に網羅した日本語の書籍としてはこれが最初のもので、Laravelのこれまでのストーリーや特徴的な機能を取り上げて解説されています。

範囲としては全体的ですがポイントを絞った内容になっているので、「とりあえずLaravelの特徴を知りたい!」という方にオススメです。

※本の中のコードはバージョン4ベースのコードで書かれているのでその点は注意が必要です。

Laravel: Up and Running

編集部コメント

こちらは英語になりますが、現時点での最新のLaravel本です。

ようやくOreillyから、そしてLaravel開発者のTaylor Otwell氏が推薦しているともあって、さすが発売直後には即在庫切れとなっていました。

特に英語が読める人にはとても貴重な資料となることでしょう。

Laravelを最短で学ぶなら侍エンジニア塾へ

書籍での学習もとても有効ですが、最短でLaravelを学んでエンジニアに転職や、キャリアアップをするにはプログラミングスクールの検討も行いましょう。

LaravelはPHPを理解している方にとっては学びやすいですが、PHPを未経験から書籍で学ぶのは簡単なことではありません。

弊社侍エンジニア塾では、

  • 最初から最後まで講師が変わらないマンツーマンレッスンで質問し放題
  • あなたの学習状況に合わせて臨機応変にカリキュラムの変更も可能
  • オリジナルサービス開発を授業内で行えるからスキルが証明できる!仕事獲得も有利に


という3つの特徴で、プログラミングスキルで人生を変えたいと思っているあなたを最大限にサポートします。学習後に提携先の会社にご紹介も可能です。

独学とスクールでの学習はどれくらい効率違うの?
本当に転職は可能?事例は?

などの不安をお持ちでしたら、ぜひ無料体験レッスンへお越しください。

そういったプログラミングでの不安はもちろん、あなたの理想の人生を叶えるためのキャリアや、最適な言語、Laravelの効率良い学習方法や、今後需要の絶えないスキルなど様々なお話をさせていただきます。

オンラインでも可能ですので、下記のカレンダーよりお気軽にお申し込みくださいね!

まとめ

いかがでしたか?

Laravelに関する書籍自体、まだまだ数が少なくメジャーとまでは言い切れませんが、非常に人気急上昇中のPHPフレームワークですので先駆けして学習しておくだけでも役に立つ場面が間違いなくあります。

この記事をキッカケにLaravelを学習してあなたの今後のアプリ開発に活かしていただければと思います。

関連記事


Laravelとは?PHPの主流WEBフレームワークを徹底解説
更新日 : 2019年8月14日

【徹底比較】2019年版PHPフレームワークおすすめランキングTOP5
更新日 : 2019年7月12日

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

侍ブログ編集部

侍ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説