フリーランスエンジニアに転職はあり? 年収や働き方を会社員と徹底比較

転職を考えているけど、フリーランスのエンジニアってどうなの?
フリーランスエンジニアの収入や働き方が知りたい
会社員エンジニアとフリーランスエンジニアを比較して
転職の参考にしたい

こう考えている方のために、ITエンジニアが転職を考えている時に「フリーランス」という働き方はありなのかどうかについて、会社員エンジニアとの年収や働き方などから比較して、ご紹介していこうと思います。

 フリーランスエンジニアと会社員エンジニアの違い

フリーランスと会社員エンジニアの違いとは

エンジニアには大きく分けると2つの働き方があり、会社や組織に所属しない働き方の「フリーランス」と、会社と雇用契約を結んで給与を受け取るという働き方の「会社員エンジニア」があります。

まずは、フリーランスエンジニアと会社員エンジニアの違いについてみていきましょう。ここでは主に、「仕事内容・働き方・収入」の観点で比較してみていこうかと思います。

仕事内容

仕事内容については、会社員とフリーランスではさほど変わりません。業種が同じなのでこれは当たり前と言えば当たり前なのですが、強いて言えばフリーランスの方が幅広い知識や技術を求められることが多いかもしれません。

ですが、自分にできない仕事は受けるべきではありませんので、自分のできる範囲での業務にあたるようにしましょう。

働き方

働き方の違いとは

フリーランスの場合

フリーランスエンジニアの働き方の特徴としては、主に下記の項目があります。

  • 取引先を自分で見つけて仕事を受注する必要がある
  • 自分で仕事が選べる
  • 仕事時間や場所は基本的に自由(常駐型契約の場合は指定がある場合が多いです)

フリーランスエンジニアの魅力はなんといっても、自由に好きな場所で自分の選んだ好きな仕事ができることです。その反面、自分で案件を獲得するための営業を行う必要もありますので、注意が必要です。

会社員の場合

反対に、会社員エンジニアの働き方の特徴としては、主に下記の項目があります。

  • 収入が安定している
  • 基本的に会社の指示に従って仕事をする必要がある
  • 働く場所や時間は決められている

会社員エンジニアの魅力は、収入や保険などを含めた「安定性」ですね。社会保険の加入や福利厚生、収入が安定しているため、多くの成人はこの働き方を選択しています。

ただ、エンジニアの場合だと収入と労働や業務内容が必ずしも比例するわけではないので、あなたがどの部分を重要視するかを大切にして決めるといいでしょう。

収入

収入については、会社員エンジニアは固定給制なのに対し、フリーランスエンジニアはやればやるだけ収入が増える完全出来高制となりますので、技術や行動量が多ければ多いほど収入が増えるのはフリーランスですね。

先ほども少しお話ししましたが、会社員は技術や業務時間に収入が比例しないことが多いので注意しましょう。

またフリーランスエンジニアは、やればやるだけ収入が増えますが、程々に仕事を抑えてそれなりの収入に合わせて仕事して、仕事ではない自由な時間を増やして生活をしているエンジニアも多く活躍しています。

フリーランスエンジニアのメリット・デメリット

フリーランスのメリット・デメリット

メリット

フリーランスエンジニアのメリットは、主に下記があります。

多くの仕事現場をこなし、エンジニアとしての経験値をアップする事ができる

フリーランスエンジニアの場合、取引先や案件が変わる度に現場は変わります。その中でより多くの現場を経験する事で、どんどんエンジニアとしての経験値がアップしていきます。

同じスキルで仕事をした場合、フリーランスエンジニアのほうが高収入となる場合が多い

もしエンジニアとしてスキルが同じ場合、フリーランスと会社員を比較すると、フリーランスの方が収入が高くなる場合が多いです。会社員との違いは案件の利益がそのまま自分に入るところですね。

会社員で得られる安定は無くなりますが、やった分だけ利益が帰ってくるのは非常に大きなメリットと言えます。

仕事の自由度が高い

フリーランスエンジニアは基本的にクライアントからの指示がない限りは、働く場所や時間は自由です。

自身のライフスタイルに合わせて仕事をする事ができ、案件も自分で選べるため、やりたくない仕事は受けなければいいですし、仕事の自由度を求める方にはフリーランスという働き方が非常におすすめです。

デメリット

では次にフリーランスエンジニアのデメリットをご紹介します。

収入が不安定

これについては先程からも解説している通り、フリーランスエンジニアは案件をやった分だけ報酬が得られる、完全成果報酬型です。その特性から、もし案件がない期間があればその期間の収入はゼロになりますので、注意が必要です。

逆に言えば営業をしっかり行い、案件を途切れさせない工夫や継続受注先のクライアントとの契約を行うと良いでしょう。

社会的信用度が低い

フリーランスという働き方はまだ日本ではまだまだマイナーで、社会人として企業に勤めている会社員よりも社会的信用が低いです。そのため、クレジットカードの作成や家のローンを組むときなどの審査に通りにくくなってしまいます。

もし、フリーランスになろうとしている方で、そのような審査を近いうちにする予定がある人は、できるのであれば先に行っておくようにしましょう。

わからないことやトラブルの時頼れる人がいない

もしもの場合、会社員だと上司や会社に頼る事ができますが、フリーランスだと基本的に一人で行動し案件対応やお金の管理を行うため誰にも頼る事ができません。

ですが、最近ではフリーランス同士の横の繋がりを形成するためのコミュニティやオンラインサロンなどのサービスがリリースされていますので、活用するのもひとつの手でしょう。

会社員エンジニアのメリット・デメリット

会社員エンジニアのメリット・デメリット

メリット

会社員エンジニアのメリットは、主に下記です。

安定した収入

会社員エンジニアの場合、収入は会社から毎月支払われる「固定給料」です。仕事量の加減によって収入が左右される事なく安定している事が、1番のメリットと言えるでしょう。

また、会社員エンジニアはフリーランスと違い営業を行う必要がないため、開発に専念できるのも特徴の一つですね。

社会的信用度が高い

先ほどのフリーランスエンジニアのデメリットで社会的信用度が低いと解説しましたが、会社員はその反対で、社会的信用度は高い傾向にあります。勤続年数や収入などのさまざまな項目で信用度が測られますので、その点は会社員エンジニアの方が有利となります。

デメリット

そんな「安定」している会社員エンジニアのデメリットもありますので、ご紹介していきます。

仕事の自由度が低い

これについては仕方ない部分はあります。企業に入社する際にしっかりと仕事内容や業務の自由度なども見据えた選択をしておけばそれほど気にする問題でもないのですが、それでも仕事に対する自由度は低いと言えます。

なんといっても会社に言われたことは基本的に拒否することは難しいという点も、自由度の低さに繋がっています。

頑張っても収入に直結しない

会社員エンジニアは甚大な努力をして、大きな結果を出しても収入に直結する事が少ないです。年に何回かの昇給やボーナスに反映されることはあっても数万円変わるかどうかです。やった分だけ収入になるフリーランスとは全く違うという大きな点がここですね。

フリーランスエンジニアになるには? 必要なスキルや考え方

必要なスキルや考え方とは

フリーランスエンジニアになるには、技術だけではないさまざまなスキルや考え方を養う事が必要です。

必要スキル

フリーランスエンジニアになるための必要なスキルは主に下記があります。

  • ITスキル
  • 自己管理能力
  • コミュニケーション能力
  • 学習能力

ITスキルはもちろん必要です。フリーランスになってからも、積極的に新しい技術やトレンドの技術や知識を磨いていきましょう。

また、フリーランスになると自己管理能力やコミュニケーション能力が必要になってきます。働く時間や場所が自由な分、しっかりとした仕事管理をしなければだらだらと生活してしまう可能性があります。

フリーランスは営業を自分でやる必要があるため、コミュニケーション能力を高めて、相手に良い印象を与えられるようにするだけでも案件の獲得率に大きく影響してきます。

考え方

フリーランスエンジニアという働き方は、自由で好きな時に好きな場所で働けて素晴らしい!と思われがちですが、会社員であろうがフリーランスであろうが同じ仕事を受ける人間として立場は同じです。

フリーランスになると責任が全て自分に降りかかってくることを考慮すると、フリーランスの方が責任は重大であると言えます。

フリーランスだから「自由!」と安易に考えるのは危険です。さまざまなリスクを想定して、それに対する対策・もしそうなってしまった場合にはどうするかを考えて行動するようにしましょう。

フリーランスエンジニアとして年収を上げるには?

年収をあげるには

フリーランスエンジニアとして生活できるようになってくると、ひとまずは安心できますよね。そこからはいかに年収を上げられるか。フリーランスとして働くのであれば、年収を上げたい人が多いと思います。

フリーランスエンジニアが収入をあげる方法は主に下記があります。

  • 営業力をアップさせて単価交渉をする
  • 新しい技術を習得して新しい領域でも勝負する
  • 複数案件を並行してこなす

簡単にリスト化するとこのような感じになります。どれもすぐにできる事ではありませんが、実践してうまくいけば高確率で収入をアップさせる事ができるのでおすすめです。

フリーランスという働き方が合っているエンジニアの特徴

webデザインスクール

フリーランスがあっている人の特徴

フリーランスという働き方があっている人の特徴として、下記の項目に当てはまるかどうかをひとつの基準としてみてください。

  • 会社員よりも収入を上げたい
  • 自由にライフバランスに合わせた働き方がしたい
  • 会社の上下関係などが苦手
  • いろいろな案件に携わって経験値をどんどん積みたい
  • オンオフの切り替えが上手い
  • お金の管理能力が高い人

もしこのなかで当てはまる項目が多いエンジニアの方は、フリーランスという働き方を検討してみてはいかがでしょうか。

フリーランスエンジニアの将来性は?

将来性はどうか

フリーランスエンジニアの将来性についてですが、これについては「間違いなく需要は高まる」と言えるでしょう。2020年の世界的に大流行した新型ウイルスの影響でさまざまな企業が「リモートワーク(テレワーク)」といった働き方を導入しました。

その際にリモートで柔軟に対応できる「フリーランス」の存在にも注目が集まっています。

フリーランスエンジニアはエンジニアにとっても自由なのですが、それは企業(クライアント)側からしても同じで、成果に対して報酬を支払うことで手軽に必要なスキルの交渉ができるため、従業員を雇うよりもリスクが少ないのです。

このようなことから、フリーランスエンジニアの需要は今後さらに拡大していきますので、もし今後フリーランスを目指してみたいと考えている方は前向きに検討してみましょう。

まとめ

今回は、ITエンジニアが転職を考える時に「フリーランス」という働き方はありなのかどうかについて、会社員エンジニアとの年収や働き方などから比較して解説してみました。

自由な働き方を想像されるフリーランスですが、さまざまなメリット・デメリットがありますので、自分の実現したい将来像と重ね合わせて、よく考える事が大切ですので、覚えておきましょう。

最後まで挫折しないマンツーマンレッスン

侍エンジニア

挫折の多いと言われるプログラミングの習得においては、一人ひとりに合ったレッスンで自分のペースで学んでいくことが何よりも大事であり、「侍エンジニア」ではプロのエンジニアが専属マンツーマン指導。だからこそやり遂げることができます。

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

無料体験レッスンはこちら

書いた人

侍エンジニア編集部

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら

おすすめコンテンツ

まずはここから!初心者でも1から学べるプログラミング入門カリキュラム

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー