エンジニア不足は嘘?不足している理由や今後目指すべき分野・言語とは

 

エンジニアが不足しているって聞くけど本当?

 

エンジニア不足という話を聞いたことがある方も多いと思いますが、実際のところ本当に不足しているのでしょうか。

エンジニアの仕事に興味がある方や、エンジニアを目指そうと思っている方は気になりますよね。

この記事ではエンジニア不足の実態を、政府の調査や求人情報などさまざまなデータをもとに解説します。エンジニアが不足していると言われる根拠や、不足している分野・言語などがわかりますよ。

エンジニア不足は嘘か? 本当か?

エンジニア不足は本当

結論から言うと、エンジニアが不足しているというのは本当です。そして今後もエンジニア不足の状況は拡大していくと予測されています。

実際のところはどれくらいの数なのか、データから見ていきましょう。

経済産業省の試算では2030年に最大79万人の不足

2019年3月に経済産業省が出した「IT人材需給に関する調査」では、IT人材の需要と供給の差(需給ギャップ)が試算されています。

試算結果では2020年に30万人のIT人材が不足し、2025年に36万人、2030年に45万人の需要と供給のギャップが生まれると発表されました。これらは中位のシナリオであり、高位のシナリオでは2030年で79万人が不足するとも出ています。

上記の試算から、エンジニアが今後も不足していくのがわかります。

しかしエンジニアが不足しているからといって、簡単にエンジニアとして活躍できるわけではありません。多くの企業では即戦力となるエンジニアを求めており、未経験からでは条件の良い企業に入るのが難しいからです。

条件の良い企業を目指すのであれば、確かなスキルを身につけなければいけません。

エンジニアが不足している理由とは

エンジニアが不足している理由

エンジニアが不足しているのは、主に下記のような理由からです。

  • IT業界の急速な成長
  • IT技術の速すぎる変化
  • 少子高齢化の影響
  • 一昔前のブラックなイメージ

一昔前のブラックなイメージや少子高齢化のようなマイナス要素と、IT業界の急速な成長スピードによってギャップができています。

IT業界の急速な成長

まず大きな要因として、IT業界の市場規模が急速に拡大していることがあげられます。

今やインターネットを始め、スマートフォン・SNS・アプリなど、日常的にIT技術を利用するのが当たり前の時代です。家電や車などがインターネットにつながるIoTの技術も進み、さらにITは身近なものになっています。

こうしたIT技術の導入により、これまでITとは無縁だった企業もIT業界に参入するようになりました。

さらに今後は、AIやディープラーニング・ビッグデータの活用といった分野は拡大していくでしょう。VR・ARなどの分野も、GAFAのようなテクノロジー大手が積極的に投資しているため、今後伸びていくことが予想されます。

上記のデータによると、国内のITサービス市場はコロナの影響で一時的に縮小していますが、2020年の後半からは回復し始めています。

今後は企業によるDX投資の影響も本格化し、IT市場の成長はさらに進むでしょう。

IT技術の速すぎる変化

IT業界は技術の発展スピードが早いため、常に新しいスキルを学び続けなければいけません。そのため、最新技術を扱えるエンジニアが少ないという問題があります。

新しい技術を学んでも、数年後にはすでに古い技術として廃れてしまうことも珍しくありません。

こうしたIT業界の発展スピードにスキルの習得が追いつかないため、企業のニーズに合った人材が確保できないのが現状です。

最新の技術を持った「先端IT人材」は、今後不足していくことが予想されます。反対に、従来の技術しか持っていない「従来型IT人材」は、場合によっては余ってしまうこともあるようです。

エンジニアが不足してるにもかかわらず、最新の技術を身につけなければ需要のない人材になってしまいます。

少子高齢化の影響

少子高齢化の影響

エンジニアに限った話ではありませんが、少子高齢化の影響で人材が減っています。

定年後の再雇用や定年の延長などといった対策もありますが、新しく入ってくる人材が少ないため根本的な解決には至りません。

実際はIT人材の供給は増えており、今後も増えていくと試算されています。しかしIT業界の急速な拡大に追いついていないため、需要と供給に差ができている状況です。

一昔前のブラックなイメージ

一昔前のブラックなイメージ

IT業界は、残業や休日出勤など、長時間労働でキツいというイメージを持たれています。

とくにネット上では、

  • 長時間労働がきつい
  • 納期が短い
  • 給料が安い

といった意見が見られるためネガティブなイメージも付いているようです。

土木作業の3Kになぞらえて、「キツい」「帰れない」「給料が安い」ことから新3Kと表現され、IT土方などと呼ばれることもあります。

しかし働き方は企業によるところが大きく、自由な働き方をしている人が多いのもIT業界の特徴です。加えて、働き方改革により長時間労働が見直され始めています。

特にエンジニアが不足している分野

特にエンジニアが不足している分野

特にエンジニアが不足しているのは、こちらの分野です。

  • クラウド関連
  • AI・機械学習
  • IoT
  • ビッグデータ
  • セキュリティエンジニア

上記は求人検索エンジン「スタンバイ」の掲載求人の中で、求人件数が多い分野や前年より大きく増えた分野です。

※参照元:求人検索エンジン「スタンバイ」による求人動向調査

今人気の伸びている分野なので、今後も成長していくことが予想されますね。

クラウド関連

クラウド関連とは、AWSやGCP、Azureなどのクラウドサービスです。従来のオンプレミス環境からクラウド環境に移行する企業が増えたため、クラウドエンジニアの需要も増しています。

これまでネットワークエンジニアとしてオンプレミス環境でのサーバー・ネットワーク構築などをしていた方も、今後はクラウドサービスについても学ぶのがおすすめです。

オンプレミス環境が完全になくなることはありませんが、需要のあるクラウド関連の知識があると付加価値の高い人材になれるでしょう。

こちらの記事ではクラウドエンジニアの需要や将来性に付いて紹介していますので、併せてお読みください。

クラウドエンジニアの需要は高いといえる3つの理由│将来性と必要なスキルも解説
更新日 : 2020年9月19日

AI・機械学習

AI・機械学習

AI・機械学習は、言うまでもなく成長している分野として知られていますね。

富士キメラ総研の「2020 人工知能ビジネス総調査」によると、2025年の国内AI市場の予測は1兆9,357億円。2019年の2倍にもなる予想です。

求人も増えており給与水準も高いことから、AI関連のエンジニアの需要が高いことがわかりますね。

なお、次の記事では人工知能についての基礎的な内容を紹介していますので目を通してみてください。

人工知能(AI)とは?基礎知識や需要、将来性をわかりやすく解説
更新日 : 2021年8月12日

IoT

IoTとは、さまざまなモノをインターネットに繋げて便利にすることを指します。例えばテレビやスピーカーなどは、インターネットに接続できるものも増えてきましたね。

同じように家電や自動車、その他あらゆるモノがインターネットに接続できるようになっていくでしょう。IoTの流れは日々進んでおり、今後も右肩上がりで拡大していくことが予測されています。

IoTについての詳しい内容は、こちらの記事で紹介していますので、併せてご覧ください。

【必見】国内IoT市場規模は2020年には約12兆円に達する!
更新日 : 2021年8月1日

ビッグデータ

ビッグデータ

ビッグデータを扱うのは、データサイエンティストという職種です。データサイエンティストは、膨大な量のデータを分析・組み立てし、ビジネスで活用できるようにする仕事です。

ビッグデータの活用事例として、自動運転や遠隔医療などがあります。これらに搭載されるAIには、膨大なデータ学習が必要です。

AI・機械学習の分野が拡大している今、ビッグデータを活用できる人材も需要が高まっています。

セキュリティエンジニア

セキュリティエンジニアは、サイバー攻撃などから情報を守る役割があります。サイバー攻撃の手口は年々巧妙化しており、専門的な知識を持ったセキュリティエンジニアの需要も高まっているのです。

世の中のIT化が進むにつれ、情報のやり取りも活発になっていきます。企業や個人の情報は、守るべき資産として認識されるようになってきました。

政府もサイバー防衛体制の強化方針を示しているため、今後もセキュリティエンジニアのニーズは高まっていくでしょう。

求人数が多くエンジニア不足と思われる言語

求人数を見れば、現在エンジニアが不足している分野・言語がわかります。

求人数が多く、エンジニア不足と思われる言語を見てみましょう。

引用元:Nojov

上記のグラフは、複数の求人サイトに掲載されているプログラミング言語を集計しているサイト「Nojov」のデータです。(2021年6月時点)

上から求人数が多い順に並んでいるので、それぞれどんな言語か紹介します。

Java

Java

Javaは、業務システムやプリケーションの開発で使われている言語です。歴史が長く汎用性もあることから、Javaを扱えるエンジニアは数多くいます。

幅広い分野で使われているため、案件の数も安定して多いようです。今後も使われ続けていくことが予想されるので、需要は固いでしょう。

Javaの求人・転職事情について知りたい方は、次の記事をご覧ください。

Javaエンジニアに転職する方法【年収/求人サイト/おすすめ資格まとめ】
更新日 : 2021年8月30日

JavaScript

JavaScript

Javascriptは主に、WebサイトやWebサービスなどのフロントエンド開発に用いられている言語です。Javascriptも汎用性は高く、広い分野で安定して需要があります。

Javascriptは初心者でも始めやすい言語です。フロントエンドの場合はセットでHTML/CSSの知識も必要になってくるので、HTML/CSSを学んだ初心者の方は、次にJavascriptを学んでみてもいいでしょう。

Javascriptの求人・転職事情について知りたい方は、次の記事をご覧ください。

JavaScript転職の実態は?需要や年収など未経験でも目指せるか調査
更新日 : 2019年11月13日

PHP

PHP

PHPは、主にWebサービスやWebアプリケーションの開発に用いられている言語です。普段目にしているSNSやWebサイトなども、PHPで作られたものが数多くあります。

PHPは比較的習得が簡単なので、初心者が最初に始めるのにもおすすめの言語です。

WordPressという世界中で使われているWebサイトを制作するシステムもPHPで作られており、案件数も心配ありません。

PHPの求人・転職事情について知りたい方は次の記事をご覧ください。

PHP転職の実態とは?需要や年収から未経験でも目指せるのか徹底調査
更新日 : 2019年11月26日

Python

Python

PythonはAI・機械学習の分野で使われているため、近年とくに人気が上昇しています。世界的にも人気は上がっており、アプリケーション開発にPythonを用いている大手企業も少なくありません。

データサイエンスやIoTといった今後伸びていく業界で使われているので、需要も間違いないでしょう。

Pythonの求人・転職事情について知りたい方は、次の記事をご覧ください。

Pythonエンジニアへの転職は未経験から可能?必要なレベルと資格も解説
更新日 : 2021年4月19日

Ruby

Ruby

RubyはPHPと同じように、WebサービスやWebアプリケーションの開発に用いられています。Rubyはシンプルでわかりやすいコードのため、初心者の方にもおすすめの言語です。

またRubyは日本発祥の言語なので、学習環境が整っている点もポイント。大手企業やベンチャー企業でも、Rubyで開発をしているところは増えています。

Rubyの求人・転職事情について知りたい方は次の記事をご覧ください。

Rubyエンジニアへ転職したい! 未経験から独学での成功方法を解説
更新日 : 2021年3月28日

C#

C#

C#はWindowsのプラットフォーム開発や、アプリ・ゲームの開発などに用いられている言語です。ゲームエンジンのUnityやVR/ARで使われているので、それらの分野で需要が伸びています。

ただしPythonやRubyなどに比べると取っつきにくいため、プログラミング未経験の方が学ぶにはあまり向いていません。

C#の求人・転職事情について知りたい方は次の記事をご覧ください。

C#転職の実態とは?需要や年収から未経験でも目指せるのか徹底調査
更新日 : 2020年9月15日

エンジニア不足だからこそ将来性は抜群!

エンジニアの将来性は抜群

エンジニアは今現在不足しており、今後も不足は拡大していくと予想されています。他の職種と比べると収入も高く、さらに需要も増えていくので将来性は抜群です。

将来を見越して、今のうちからプログラミングの学習を始めてみてはいかがでしょうか。

売り手市場だから求人が豊富

売り手市場だから求人が豊富

需要に供給が追い付いていないため、IT業界は売り手市場になっています。

近年はIT業界に限らず、売り手市場の状態が続いていました。しかしコロナウィルスの影響で先行きが見えないことから、売り手市場の状況に陰りが見え始めています。

そんななかでもIT業界に関しては、ほかの業界よりも求人倍率が高い状態です。転職サイトdodaの転職求人倍率レポートによると、全体の求人倍率が1.85に対してIT業界の求人倍率は5.63と、約3倍の数値となっています。(2021年6月時点)

リモートワークがしやすいIT業界は、他と比べるとコロナウィルスの影響を受けづらいためか、コロナ禍でも高い求人倍率です。

ITは今後も伸びる最先端の業界

ITは今後も伸びる最先端の業界

IT業界は、今後も伸びる業界なのは間違いありません。

実際に世界の時価総額ランキングを見ても、IT系の企業がトップを占めています。GAFAと呼ばれるAlphabet(Google)、Apple、Facebook、Amazonを始め、そのほかにも世界の名だたるIT企業が上位に位置している状況です。

これらのIT企業が中心となって経済を大きく動かしているため、今後もITが衰えることはないでしょう。

専門性の高い最新技術が身につく

専門性の高い最新技術が身につく

最新技術とともに発展していくIT業界は、専門性の高い技術をキャッチできる環境です。

逆に言えば、エンジニアは常に学び続けなければならず、最新技術に対してもアンテナを張っておく必要があると言えます。技術の流行り廃りが早いので、新しいスキルを身につけなければ業界の変化スピードに付いていけません。

しかし最新技術を常に学んでいれば、希少性の高いエンジニアになれるでしょう。専門性の高いスキルが付けばキャリアアップのチャンスも増え、多くの企業から求められる人材になれます。

エンジニア不足の今がチャンス

エンジニア不足の今がチャンス

エンジニアを目指すのであれば、まずはプログラミングの学習を始めてみましょう。エンジニア不足の今だからこそ、専門性の高いスキルを身に付けてエンジニアを目指すチャンスです。

そして、未経験からエンジニアを目指すのであれば、プログラミングスクールでの学習がおすすめです。もちろん独学でもプログラミング学習は可能ですが、当社調査では「87.5%が挫折する」というデータも出ているのです。

その点、適切な学習カリキュラムの元、現役エンジニアの指導や転職サポートまで受けられるプログラミングスクールは未経験者の強い味方です。

当社が運営するプログラミングスクール「SAMURAI ENGINEER」では、今回紹介した機械学習エンジニアやクラウドエンジニアなど、需要の高いエンジニアになるためのスキルが学べます。

将来のキャリアパスを考えて、一人ひとりに合ったオーダーメイドのカリキュラムを作成しているため、活躍したい領域で必要なスキルが効率よく身につくでしょう。

現役のエンジニアによるプロの指導を受けられるので、今後役に立つ確かなスキルを学びつつ、経験豊富なコンサルタントによる転職・就職サポートにより最短でエンジニアを目指せます。

無料カウンセリングでは学習の相談も行っているので、まずはお気軽にご予約ください。

無料カウンセリングはこちら

まとめ

現在エンジニアが不足していることは間違いなく、今後もさらにエンジニア不足の状況は広がっていくでしょう。IT市場の急速な拡大に、人材の供給が追い付いていない状況です。

しかしエンジニア不足の状況は、ある意味チャンスでもあります。

これを機に今後需要が高まると見られる分野と言語を学び、エンジニアを目指してみてはいかがでしょうか。

この記事のおさらい

エンジニア不足は本当?

本当です。さらに最大で2025年に36万人、2030年に45万人の需要と供給のギャップが生まれると予想されています。

エンジニアが不足している分野は?

エンジニアが不足しているのは下記の分野です。
・クラウド関連
・AI・機械学習
・IoT
・ビッグデータ
・セキュリティエンジニア

エンジニアの求人数が多い言語は?

エンジニアの求人数が多いのは下記の言語です。
・Java
・Javascript
・PHP
・Python
・Ruby
・C#

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら