スライドショー スライドショー

エンジニア不足は嘘? エンジニアが不足している理由をデータで解説

IT業界はエンジニア不足というのを聞きますが、実際のところはどうなのでしょうか。これからエンジニアを目指そうと考えている方にとって、人手不足なのかどうかは気になるところですよね。

この記事ではエンジニアが不足している理由や、とくにどの分野で不足しているか、エンジニアの将来性などについて解説していきます。

エンジニアを目指すか迷っている方は、本当にエンジニアを目指して大丈夫なのかがわかりますよ。

エンジニア不足は嘘か? 本当か?

エンジニアが不足しているのは本当なのか

エンジニアが不足しているというのはよく聞きますが、実際のところはどうなのか、データから見ていきましょう。2019年3月に経済産業省が出した「IT人材需給に関する調査」には、IT人材の需要と供給の差(需給ギャップ)が試算されています。

試算結果では2020年に30万人のIT人材が不足し、2025年に36万人、2030年に45万人の、需要と供給のギャップが生まれると発表されました。これらは中位のシナリオであり、高位のシナリオでは2030年で79万人とも出ています。

このことからもIT人材の供給が足りておらず、今後も不足は拡大していく見込みです。

エンジニアが不足している理由とは

プログラミング

エンジニアが不足している理由とは

エンジニアが不足している要因はいくつかあります。ITという業界特有の理由や、少子化などの社会的問題もあるため、すぐ解決するのは難しいでしょう。

IT業界の急速な成長

まず大きな要因として、IT業界の市場規模が急速に拡大している事があげられます。今やインターネットを始めスマートフォン、SNS、アプリなど、日常的にIT技術を利用するのが当たり前の時代です。

家電や車などがインターネットにつながるIoTの技術も進み、さらにITは身近なものになっています。こうしたIT技術の導入により、これまでITとは無縁だった業界も参入するようになりました。

さらに今後は、AIやディープラーニング、ビッグデータの活用といった分野は拡大していくでしょう。VR・ARなどの分野も、GAFAのようなテクノロジー大手が積極的に投資しているため、今後伸びていくことが予想されます。

IT技術の速すぎる変化

IT業界は技術の発展スピードが早いため、常に新しいスキルを学び続けなければいけません。そのため、最新技術を扱えるエンジニアが少ないという問題があります。

新しい技術を学んでも、数年後にはすでに古い技術として廃れてしまうことも珍しくありません。こうしたIT業界の発展スピードにスキルの習得が追いつかないため、企業のニーズに合った人材が確保できないのが現状です。

少子高齢化の影響

少子高齢化による原因

少子高齢化による労働人口の減少は、IT業界に限った話ではありません。エンジニアの高齢化や退職により、現行のプログラムベースを作っていたエンジニアも減っています。

定年後の再雇用や定年の延長などといった対策もありますが、新しく入ってくる人材が少ないため、根本的な解決には至りません。

実際はIT人材の供給は増えており、今後も増えていくと試算されています。しかしIT業界の急速な拡大に追いついていないため、需要と供給に差ができている状況です。

一昔前のブラックなイメージ

IT業界は残業や休日出勤など、長時間労働でキツいというイメージを持たれています。とくにネット上では、長時間労働や納期が短い、給料が安いといった声が見られるため、ネガティブなイメージも付いているようです。

土木作業の3kになぞらえて、「キツい」「帰れない」「給料が安い」ことから、新3kと表現されたり、IT土方などと呼ばれることもあります。

しかし働き方は企業によるところが大きく、自由な働き方をしている人が多いのもIT業界の特徴です。また働き方改革により、長時間労働が見直され始めています。

特にエンジニアが不足している分野

不足しているのはどのようなエンジニアなのか

IT業界の中でも、需要の高い分野はとくにエンジニアが不足しています。これからエンジニアを目指す方は、今後伸びる分野を目指せば、需要の高い人材になれるでしょう。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、ネットワークの設計や構築、運用、管理が主な仕事です。そのため基本的な情報処理の知識から、ネットワークやOS、機器の知識などが必要になります。

ネットワークは水道やガスのように、現代になくてはならないインフラの1つです。以前は企業が自社でネットワークを構築するのが当たり前だったため、ネットワークエンジニアの仕事も必要不可欠でした。

現在はクラウド化が進んでいるため、自社にネットワークを持たない企業も増えていますが、完全にクラウドに移行するのはまだ先でしょう。クラウドやセキュリティの知識も付けておけば、より付加価値の高いネットワークエンジニアになれます。

ネットワークエンジニアの仕事内容についてより詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

ネットワークエンジニアとは?主な仕事内容3つと必要なスキル6つ
更新日 : 2020年1月22日

クラウドエンジニア

クラウドエンジニアは従来のオンプレミスの環境ではなく、クラウドサービスを利用したシステムの設計から構築、運用まで行うエンジニアです。

AWSやAzure、GCPなど、クラウドサービスの利用が広まっており、クラウドを利用すればコストをかけず簡単にシステムが構築できるため、導入する企業は年々増えています。

ネットワークエンジニアがクラウドまで触るケースもありますが、本格的にクラウドを利用するにつれ、より専門的な知識を持ったクラウドエンジニアが求められています。

クラウドエンジニアの仕事内容についてより詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

クラウドエンジニアの仕事内容が気になる方へ!必須スキルや将来性も解説
更新日 : 2020年10月21日

機械学習エンジニア

機械学習はコンピュータにデータやアルゴリズムを与えることで、コンピュータに知能を付けて発展させていく分野です。

大きなくくりではAI分野の一部で、さらに発展させていくとディープラーニングなどの分野にもなっていきます。そのためAI開発や機械学習のプロジェクトを統括するような立場です。

プログラミングの知識に加え、コンピューターサイエンスや数学・統計学の知識、アルゴリズムに関する知識などが求められます。

機械学習エンジニアの仕事内容についてより詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

機械学習エンジニアとは?仕事内容や年収・将来性を徹底解説
更新日 : 2019年7月2日

セキュリティエンジニア

セキュリティエンジニアは、セキュリティに配慮したシステムの設計や構築、運用を行う、セキュリティに特化したエンジニアです。サイバー攻撃やウィルスの侵入による、情報の漏洩やシステムの不具合などを防ぎます。

機密データや個人情報の漏洩は企業の信用にかかわるので、セキュリティ対策は重要です。セキュリティエンジニアと言っても幅広く、企業のセキュリティから、電子マネーや暗号通貨などの個人資産、インフラのセキュリティなど多岐にわたります。

セキュリティエンジニアの仕事内容についてより詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

セキュリティエンジニアになるには? 仕事内容と有利な資格と知識
更新日 : 2020年5月6日

エンジニア不足だからこそ将来性は抜群!

人手不足だからこそ将来性は高い

エンジニアが不足しているからこそ、将来性は高いと言えます。IT業界は拡大していますが、そのスピードに人材の供給が追い付いていません。

売り手市場だから求人が豊富

需要に供給が追い付いていないため、IT業界は売り手市場になっています。

近年はIT業界に限らず、売り手市場の状態が続いていました。しかしコロナウィルスの影響で先行きが見えないことから、売り手市場の状況に陰りが見え始めています。

そんな中でもIT業界に関しては、ほかの業界よりも求人倍率が高い状態です。

転職サイトdodaの転職求人倍率レポートによると、全体の求人倍率が1.79に対して、IT業界の求人倍率は5.22と、約3倍の数値を誇っています。(2020年11月時点)

リモートがしやすいIT業界は、他と比べるとコロナウィルスの影響を受けづらいためか、コロナ禍でも高い求人倍率です。

ITは今後も伸びる最先端の業界

IT業界は最先端の業界

IT業界は今後も伸びる業界なのは間違いありません。実際に世界の時価総額ランキングを見ても、IT系の企業がトップを占めています。

GAFAと呼ばれるAlphabet(Google)、Apple、Facebook、Amazonを始め、そのほかにも世界の名だたるIT企業が上位に位置している状況です。

これらのIT企業が中心となって経済を大きく動かしているため、今後もITが衰えることはないでしょう。

専門性の高い最新技術が身につく

最新技術とともに発展していくIT業界は、専門性の高い技術をキャッチできる環境です。エンジニアは常に学び続けなければいけないため、最新技術に対してもアンテナを張っておく必要があります。

技術の流行り廃りが早いので、新しいスキルを身につけなければ業界の変化スピードに付いていけません。

しかし最新技術を常に学んでいれば、希少性の高いエンジニアになれるでしょう。専門性の高いスキルが付けばキャリアアップのチャンスも増え、多くの企業から求められる人材になれます。

エンジニア不足の今がチャンス! プログラミングを学んでエンジニアを目指そう

出典:侍エンジニア https://www.sejuku.net/

エンジニアを目指すのであれば、まずはプログラミングの学習を始めてみましょう。エンジニア不足の今だからこそ、専門性の高いスキルを身に付けてエンジニアを目指すチャンスです。

そして、未経験からエンジニアを目指すのであれば、プログラミングスクールでの学習がおすすめです。もちろん独学でもプログラミング学習は可能ですが、独学は挫折しやすく当社調査では「87.5%が挫折する」というデータも出ているのです。

その点、適切な学習カリキュラムの元、現役エンジニアの指導、転職サポートまで受けられるプログラミングスクールは未経験者の強い味方です。

当社が運営するプログラミングスクール「侍エンジニア」では、今回紹介した機械学習エンジニアやクラウドエンジニアなど、需要の高いエンジニアになるためのスキルを学習できます。

将来のキャリアパスを考えて、一人ひとりに合ったオーダーメイドのカリキュラムを作成しているため、将来活躍したい領域で必要なスキルが効率よく身に付けられるでしょう。

現役のエンジニアによるプロの指導を受けられるので今後役に立つ確かなスキルを学びつつ、経験豊富なコンサルタントによる転職・就職サポートにより、最短でエンジニアを目指せます。

無料体験レッスンでは学習の相談も行っているので、まずはお気軽にご予約ください。

無料体験レッスンを予約する

まとめ

エンジニアは実際に不足しており、さらに今後も不足が拡大すると試算されています。エンジニアになる人は増えていますが、IT業界の発展スピードに供給が追いついていない状況です。

今後伸びていくであろうAIや機械学習、クラウドサービスといった分野のスキルを身につければ、今後IT業界の中でも活躍していけるでしょう。

人手不足で売り手市場の今は、就職・転職しやすい状況なので、今のうちにスキルを身に着けて、エンジニアを目指してみてはいかがでしょうか。

書いた人

侍エンジニア編集部

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら