スライドショー スライドショー スライドショー

【在宅でできる開発案件】仕事の獲得法・収入・案件数まで徹底解説


開発案件を在宅で行いたい

と考えていませんか?

とはいえ、具体的に「在宅での開発案件の内容」や「在宅開発案件の受注方法」などについて、知らない方もいるでしょう。

そこで当記事では、在宅開発案件について仕事内容から受注する方法まで具体的に解説していきます。

当記事を参考にして、ぜひ在宅の開発案件を受注しましょう。

在宅勤務OKの開発案件数はどのくらいあるのか

大手クラウドソーシングサイト「ランサーズ」での開発案件数を例に、在宅勤務OKの開発案件数を紹介していきます。

今回は在宅できる開発案件の中でも、Webアプリ開発・システム開発・モバイルアプリ開発に分けて解説します。

Webアプリ開発

Webアプリ開発

Webアプリ開発における在宅OKの案件数は54件です。

Webアプリ開発案件では、ECサイト運営やポータルサイト制作などの案件があります。

スキルとしては、PHPやHTML・CSSなどのプログラミング言語能力が必須です。

プログラミングの初歩的な知識で受注することも可能ですが、在宅できる開発案件の中でも単価は低くなります。

在宅開発案件の入門編として、受注しやすい分野です。

システム開発

システム開発

システム開発における在宅OKの開発案件数は1,009件です。

主に呼格管理システムの開発や社内ポータルサイトシステム開発案件などがあります。

スキルとしては、PHPやCなどのバックエンド周りのスキルが必要です。ただし、一概にシステム開発といっても業務内容は多岐にわたります。

「自分の業務範囲がどこまでなのか」クライアントと明確に把握する必要があるため、コミュニケーション能力も必須。

ただシステム開発のスキルだけでは、「在宅案件で稼げるレベル」にはならないので、注意してください。

モバイルアプリ開発

モバイルアプリ開発

モバイル開発アプリの在宅OKな開発案件数は、200件です。

マッチングアプリやゲームアプリなど開発案件があります。

モバイル開発アプリでは、iOSアプリは「swift」、Androidアプリは「Java」のスキルが必須です。開発するアプリの規模や種類によって、難易度は大きく異なります。

システム開発と同様、自分の業務範囲を確認し、相手の要望に応じた開発能力が求められます。

案件によっては、アプリの設計から関わる場合もあるので、スキルに応じた提案能力が大切です。

開発の在宅案件内容

開発案件の種類ごとに必要となるスキルや難易度などを紹介してきました。

では、具体的にどういった案件があるのでしょうか。

開発案件ごとに、在宅案件の事例を紹介していきます。

Webアプリ

Webアプリ

スキルシェアプラットーム「ココナラ」のようにモノやスキルを売買できるWebサービスを開発する案件です。

ワードプレスのテンプレートが用意されているので、必要な機能をカスタマイズしていく業務となります。

プログラミングスキルというよりも、ワードプレスの知識があれば、受注可能です。

追加で必要な機能を提案することで、クライアントとの信頼構築や単価アップも期待できるでしょう。

システム開発の案件

システム開発の案件

Windowsアプリケーションのツールの修正・制作する在宅案件です。急募となっているので、柔軟な対応力が求められます。

ツールの種類によりますが、スキルによっては数時間で対応可能でしょう。

予算は2万〜5万円となっています。在宅開発案件には、急な案件もあるので、定期的に案件を確認することをおすすめします。

急募案件は、報酬が高いことに加え、在宅ワーカーとしての実力試しにも有効です。

モバイルアプリ開発の案件

モバイルアプリ開発の案件

FlutterでのiPhone・Androidアプリ開発の案件です。実務経験は問わず、趣味でFlutterの実務経験を積みたい方もOKとなっています。

ただし、ネイティプアプリ開発の経験が必須。契約金額は60万円となります。

在宅開発案件で力をつけた方は、こうした開発案件も受注可能です。

在宅エンジニアとして、自分の家にいながらしっかり稼げます。

在宅勤務OKの開発案件を獲得する4ステップ!

在宅OKの開発案件についてのイメージがわいてきたでしょう。

実際に在宅OKの開発案件を獲得するための4ステップを解説していきます。

具体的には、以下の通りです。

  • 習得するプログラミング言語を決める
  • プログラミング言語を学習する
  • ポートフォリオを学習する
  • 在宅OKの開発案件を探して応募

それでは、それぞれ解説していきます。

習得するプログラミング言語を決める

まずは習得するプログラミング言語を決めましょう。

すでにお伝えした通り、Webアプリ・システム開発・モバイルアプリ開発によって、必要なプログラミング言語は異なります。

開発案件の中でも、挑戦したい分野を明確にし、必要となるプログラミング言語を決めてください。

将来的に在宅OKの開発案件を受注する上で、最も重要なステップです。

プログラミング言語を学習する

プログラミング言語を決めたら受注に向けて学習しましょう。

書籍やWebサイトを活用するなどして、独学で受注可能です。

とはいえ、独学での習得はモチベーション維持や最短での学習するには難しいのが現実なので、そんな方にはプログラミングスクールでの学習もおすすめです。

自分の向き・不向きを見極め、あなたに合った学習スタイルで、プログラミング言語を習得してください。

ポートフォリオを作成する

在宅ワーカーのスキルとして、ポートフォリオを作成しましょう。

在宅OKの開発案件は、直接コミュニケーションをとれない分、過去の開発実績が受注の鍵を握ります。

ただインプットするのではなく、実際に手を動かして実績を作ってください。

むしろ、ポートフォリオがなければ、在宅OKの開発案件の受注は難しいと考えた方が良いでしょう。

在宅OKの開発案件を探して応募

ポートフォリオができたら、在宅OKの開発案件を探しましょう。

エンジニア向けの案件マッチングプラットフォームはたくさんあります。

自分のスキルに合った開発案件を見つけ、提案しましょう。最初は受注するのに時間がかかるかもしれません。まずは多くの提案数をこなすことが重要です。

フリーランスエンジニアになるための最善な方法・手順については、以下で詳しく解説しています。

在宅OKの開発案件の探し方

在宅OKの開発案件の探し方

在宅OKの開発案件の探し方

在宅OKの開発案件の探し方は、以下の4つです。

  • クラウドソーシングを利用する
  • フリーランス専門エージェントを利用する
  • 知人に紹介してもらう
  • SNSで探す

それでは、それぞれ解説していきます。

クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングサイトを活用して、在宅OKの開発案件を探しましょう。

国内で代表的なクラウドソーシングサイトは、「クラウドワークス」と「ランサーズ」です。

国内におけるその他のクラウドソーシングサイトや海外のサービスを加えると、無数に在宅OKの開発案件があります。ぜひ自分に合った開発案件を見つけてください。

フリーランス専門エージェントを利用する

フリーランス専門エージェントを利用するのも一つの選択肢です。

フリーランス専門エージェントとは、要望に応じて、フリーランス向けの案件を紹介してくれるサービスです。

相談を通じて、自分のスキルや経験に応じた在宅OKな開発案件を見つけられるでしょう。ただし、報酬から手数料が引かれるので、ご注意ください。

知人に紹介してもらう

知人に紹介してもらうのも良いでしょう。

特にフリーランス向けのイベントに参加し、人脈を広げ、開発案件を直接紹介してもらうことも可能です。

知っている人からの紹介なので発注側を信頼できます。また、発注者と直接やりとりすることになるため、手数料を取られないこともメリットです。

SNSで探す

SNSを活用し在宅OKな開発案件を探せます。

特にツイッターのハッシュタグ機能で検索をかけると、募集をかけているケースがあります。

フリーランス向けエージェントやクラウドソーシングとは違った案件が転がっているので、定期的にチェックすると良いでしょう。

未経験からフリーランスを目指す方法については、以下で詳しく解説しています。

在宅OKの開発案件をこなすために身につけるべきスキル

在宅OKの開発案件をこなすために身につけるべきスキルは、以下の通りです。

  • 案件に応じたプログラミングスキル
  • 営業力
  • コミュニケーションスキル
  • ITリテラシー
  • 自己管理能力

在宅エンジニアとして、幅広いスキルが求められます。それでは、それぞれ詳しく解説します。

案件に応じたプログラミングスキル(最も重要)

在宅エンジニアとして、案件に応じたプログラミングスキルは必須です。

在宅OKな開発案件を受注できるようになっても、継続的なプログラミングの学習が必要となります。

自分に必要なプログラミングスキルを明確にし、計画的に学習しましょう。

営業力

フリーランスエンジニアになるには営業力は欠かせません。

プログラミングスキルに加え、営業力は必須スキルです。

在宅開発案件を受注するには十分なプログラミングスキルがあったとしても、営業力がなければ受注できず、スキルを発揮できません。

コミュニケーションスキル

在宅エンジニアとしてのコミュニケーションスキルとは、オンライン上でのやりとりにおいて「相手の意図を正確に認識し、自分の意見を正しく伝えること」です。

特にフリーランスエンジニアは、業務範囲が開発案件ごとにあいまいとなります。

コミュニケーションスキルがなければ、業務の線引きが判断できず、発注側との問題が生じかねません。

ITリテラシー

ITリテラシーとは、パソコンやインターネットに関する理解のことです。

発注者の中には、IT全般に疎い方もいるでしょう。

そこで重要となってくるのが、ITリテラシーです。在宅エンジニアとして、IT全般の教養を把握する必要があります。

自己管理能力

在宅ワーカーとして活躍するには、自己管理能力が重要です。

家やカフェで開発案件を行うため、生産性は自分次第で大きく左右されます。

開発案件の中でもタスクを細かく分け、計画的に案件をこなしていく必要があるでしょう。食事や睡眠なども含め、自己管理能力が問われます。

未経験から在宅可の開発案件を獲得したいならプログラミングスクール!

無料カウンセリング

未経験から在宅OKの開発案件を獲得したい方は、プログラミングスクールでの学習がおすすめです。在宅案件は高いスキルや経験が要求されます。

スクールでは、現役エンジニアに直接指導してもらえ、かつ仕事の獲得までサポート。

侍エンジニアでは、フリーランスの経験年数が3年以上のプロの現役エンジニアが講師で、カリキュラム作成~実際の指導、案件の獲得法まで支援します。

まずは一度、無料カウンセリングにお問い合わせください。
無料カウンセリングを受けてみる

まとめ

未経験からでも在宅OKの開発案件を獲得することは十分に可能です。

在宅案件に必要なプログラミングスキルを習得し、在宅エンジニアとしてのキャリアをスタートしましょう。

なお、未経験者の方はプログラミングスクールの活用がおすすめです。

まずは当スクールの無料カウンセリングを受けていただき、コンサルタントにあなたの不安・疑問・ご希望など何でもぶつけてみてください。

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら