スライドショー スライドショー

Javaの在宅案件数から仕事内容・言語の特徴を解説


Javaの在宅案件を獲得したいけど、どんな案件があって、単価はいくらくらいなんだろう?
自分もJavaで在宅案件もらうことはできるのかな?

こんなお悩みをお持ちの方に回答しておくと、「Javaは在宅案件が豊富にあるので獲得可能」です!

当記事では、Javaの在宅案件事例からJavaの在宅案件に必要なスキルまで、詳しく解説していきます。

当記事を参考にして、Javaの在宅案件を獲得しましょう。

Javaの在宅案件数は?

Javaの在宅案件数はどれくらいあるのでしょうか。各サイトのJavaの在宅案件は以下になります。

  • クラウドワークス:26件
  • Lancers:121件
  • Crowdtech:87件

システム開発やAndroidアプリ開発などの在宅案件があります。上流工程の案件から下流工程の案件まで、スキルや経験に応じてさまざまです。

これだけの案件数があるので、受注するには十分可能でしょう。

後ほど紹介する必要なスキルを身につければ、在宅でJava案件をこなすことができます。

Javaについて

java プログラミング言語

Javaについて

そもそもJavaとは、1996年に開発されたプログラミング言語です。

開発されてから20年以上経っていますが、いまだに根強い人気があります。

ちなみに、Javaと名前がよく似たプログラミング言語に「JavaScript」がありますが、全くことなるものです。

Javaの特徴

Javaの特徴は、「オブジェクト指向型言語」として、細かく分割して作業することができること。

分割して作業できることで、金融機関や大企業などでの大規模開発ができます。

次に解説するメリットも含め、長年幅広い開発に使われている要因です。

Javaのメリット

Javaのメリットは以下の4つです。

  • ライブラリ・APIが充実している
  • 自由度の高い実行環境
  • 処理速度が早い
  • 優れたセキュリティ

Javaはライブラリが豊富で、目的に合わせたライブラリを見つけることが可能です。

APIも豊富なためさまざまな目的に応じた開発ができます。

他にも、自由度の高さやセキュリティ面にも優れており、200以上あるプログラミング言語の中でも人気ランキングは常に上位に位置します。

Javaで開発できるもの

Javaで開発できるものは、大別して「Webアプリ」「PCアプリ」「Androidアプリ」の3つです。

Webアプリでは、企業の業務システムや金融機関の会計システム、TwitterやEvernoteなどのWebサービスなどに使われています。

PCアプリでは、幅広い商用アプリに使用。

また、これまでに200万以上のAndroidアプリがJavaで開発されています。プログラミング言語としてのJavaの汎用性の高さがわかるでしょう。

Javaのメリット・デメリットについては、下記で詳しく解説しています。

Javaのメリット・デメリットは?初心者には難易度が高い理由も紹介
更新日 : 2019年9月4日

Javaの在宅案件の実例

Javaの在宅案件の実例を紹介していきます。実際にどんな案件があり、どんなスキルが必要なのか、確認していきましょう。

クラウドソーシング

クラウドソーシング

電力会社向けの開発支援作業の在宅案件です。

詳細設計からテストまでが業務範囲となります。必須スキルは、C#の開発経験2年以上・Webフロント開発経験です。

単価は30万円です。業務範囲が広く、経験者向けの在宅案件となっています。案件の詳細があいまいなので、クライアントとのすり合わせが必要です。

フリーランス専門サイト

フリーランス専門サイト

生鮮食品のD2CサービスのAndroidアプリ開発在宅案件です。

Androidアプリの企画から、設計、実装、テストまで担当します。

開発言語はJavaに加え、RubyやKotlinなど。週3日からフルリモート可能な案件です。ただし、Kotlinでのアプリ開発経験が必須。

求人ボックス

求人ボックス

オープンソフトウェア製品の開発・保守を担当する仕事です。具体的には、オープンソフトウェア製品の機能拡張・新規機能の開発、新規関連ツール開発などとなります。

時給は2,500円〜、見込み月収(実働8時間)は445,000円。正社員採用を見据えた案件となっています。

【将来性】Java在宅案件数は今後どうなるか?

すでに現状におけるJava在宅案件数は説明しました。

一方で、「将来的にJava案件はどうなるの?」と心配している方もいるでしょう。

結論からお伝えすると、Javaの将来性は高いといえます。現状、Androidアプリ開発において、最も使われているのがJavaです。

他にもさまざまなWebサービスでJavaが使われています。

Pythonなど新たなプログラミング言語が注目されていますが、いきなりJavaの需要がなくなるとは考えにくいでしょう。

これまでJavaで開発されてきたアプリやサービスの運用・保守が必要となると、Javaの案件は一定数あると考えられます。

将来的にJavaの需要が急増するとは言えませんが、一定の案件数が見込めるプログラミング言語です。

Javaで在宅案件をこなすために身につけるべきスキル

Javaで在宅案件を獲得するために身につけるべきスキルは以下になります。

  • Javaの知識・スキル
  • 営業スキル
  • コミュニケーションスキル
  • ITリテラシー
  • 自己管理能力

Javaで在宅案件をこなすには、プログラミングスキル以外にもさまざまなスキルが必要です。

それでは、それぞれ詳しく解説していきます。

Javaの知識・スキル

Javaの在宅案件を獲得するには、当然ながらJavaの知識・スキルは必須です。

効率的にJavaのコードを書くスキルが求められます。

また、Javaの資格を取得することで、スキルを証明することも可能です。

Java向けの資格はいくつかありますが、中でもオラクル社が提供する「Oracle Certified Programmer」がおすすめです。

レベルに応じて3つの段階があり、初心者から受験可能となっています。

営業スキル

Javaエンジニアのみならず、在宅ワーカーとして営業スキルは必須。

営業スキルがなければ、どんなにJavaのスキルがあったとしても、案件が獲得できません。

営業の方法は多様化しています。電話・メール・SNS・イベントなど、自分に合った営業スキルを身につけ、受注しましょう。

コミュニケーションスキル

クライアントとやりとりする上で、コミュニケーションスキルは欠かせません。

在宅で仕事するからこそ、「見えない相手とのコミュニケーション」は難しいものです。

チャットを通じて、自分の意見を正しく伝えるスキルが求められます。Java案件は業務が幅広いので、クライアントとの意思疎通が重要です。

ITリテラシー

エンジニア全般に言えることですが、Javaの在宅案件をこなすには、ITリテラシーが求められます。

Javaのスキルだけではなく、Javaに関わるAndroidアプリやWebサービスなどの基礎知識や最新情報について、理解しておきましょう。

IT分野への幅広い理解は、在宅ワーカーとしてクライアントからの信頼度につながります。

そのため、Javaの在宅案件を継続的にこなすには、学習を続けることが重要です。

自己管理能力

自己管理能力は、在宅ワーカーに必須スキルです。

自己管理能力は、ただタスクを管理するだけでなく、日々の健康管理も含む日常的な自己管理能力を指します。

特に在宅案件では人と顔を合わせない分、自分次第で生産性を高めることが可能。

とはいえ、自己管理ができていなければ、在宅案件を効率的にこなすことは難しいでしょう。

決まった時間に起床するなど、日々の細かい自己管理が在宅ワーカーとしての競争力を左右します。

Javaで在宅案件を獲得するならスクールが一番

無料体験レッスン

ここまで見てきて、


Javaで在宅案件を獲得したいけどスキルに自信がない…
プログラミング未経験だし、自分ひとりでJavaの在宅案件って獲得できるものなのかな

と不安に思った方は「プログラミングスクール」に通い、スキルアップと案件獲得までサポートしてもらいましょう。

もちろん書籍やWebサイトを活用し、独学でのスキル習得も可能です。

とはいえ、特に在宅案件は高いスキル・経験が要求されるため、スキルアップは簡単ではありません。そこでおすすめなのが、プログラミングスクールです。

スクールではJavaをマスターするのに最適なカリキュラムが用意されていると共に、現役エンジニア講師による学習サポート、案件の獲得や転職まで面倒を見てくれます。

当スクール「侍エンジニア」では、フリーランスの経験年数が3年以上プロの現役エンジニアがひとり、あなたの担任となり、あなた専用カリキュラム作成~指導に加え、案件の獲得法まで支援します。

詳しい内容が知りたい方、まだ迷っている方はぜひ一度、オンラインの無料体験レッスンをご予約ください。

専門のコンサルタントがあなたの疑問に丁寧に回答させていただきます!

無料体験レッスンを受けてみる

まとめ

いかがだったでしょうか?

JavaはAndroidアプリからWebサービスまで、幅広い開発に使われています。在宅案件数も豊富で、将来的にも一定数の案件数を見込めるでしょう。

当記事では、Javaの在宅案件の事例から在宅案件に必要なスキルまで、解説してきました。Javaの在宅案件の獲得を目指し、プログラミング学習を始めましょう。

書いた人

侍エンジニアブログ編集部

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら