AWSエンジニアに転職!仕事内容や必要スキルも解説

現在、多くの企業でインフラのクラウド化が進んでいます。そのなかでもAWSの利用は年々増え続けており、今後も需要がある分野なのは間違いありません。AWSが広く使われるようになってきたため、これからAWSエンジニアを目指したいという方も多いでしょう。

そこで今回は、AWSエンジニアとして転職するために必要なスキルやAWSエンジニアの仕事内容、おすすめの転職サイトを紹介します。将来を見据えてAWSエンジニアになろうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

【将来性が抜群】AWSエンジニアに転職しよう

画像:AWSエンジニアの将来性

AWSエンジニアに転職しようと考えている方は多いと思いますが、実際にどういったメリットがあるのか、まずはAWSエンジニアの将来性について見ていきましょう。

クラウド化が進んでいる

近年、多くの企業でクラウドサービスの導入が進んでいます。従来のオンプレミスでは自社で環境を構築する必要がありましたが、クラウド化することで多くのメリットが得られるからです。

AWSであればAmazonのサーバー、データベースなどを利用できるため、自社で管理するよりもセキュリティ面で安心だったり、従量課金制なのでコストを抑えられたりといった利点があります。とくにAWSは料金も安いので、導入する企業は年々増えています。

今後とも需要は伸びていく

AWSエンジニアの需要に関しては、今後も伸びていくことが予想されます。

AWSでは多くのサービスを提供しており、例えばビッグデータの活用などは今後もIT業界で進んでいくので、需要が高い分野です。他には、今後伸びていくと予想される人工知能に関してもサービスを提供しています。

このように今後も成長していく分野でAWSは活用できるため、AWSエンジニアの需要も高まっていくでしょう。

求人数も増加していく

AWSによるインフラ環境のクラウド化が進んでいるため、AWSエンジニアの求人は今後さらに増えていきます。

現在はネットワークエンジニアやインフラエンジニアが兼任している場合も多いですが、より専門性が高まっていけばAWSエンジニアを求める企業も多くなっていくでしょう。IT業界の人手不足は今後も拡大していくことが予想されているので、それに伴ってAWSエンジニアの求人も多くなっていくと考えられます。

転職後の仕事内容は

画像:AWSエンジニアの仕事内容

AWSエンジニアの仕事内容は、これまでインフラエンジニアが行っていたインフラ構築などの作業をクラウド上で行っていくことです。

AWS環境構築

AWSエンジニアの仕事として、まずはシステム開発や運用コストを考えて適切な環境の構築をします。

AWSは従量課金制のため、イニシャルコストを抑えられる点が大きなポイントです。そのためストレージの規模やサーバー数を適切に保ち、効率よく運用する提案もAWSエンジニアとして必要な能力になるでしょう。

システム開発環境の整備

AWSで本番環境を構築していれば、その環境に近い開発環境を整備するのもAWSエンジニアの仕事の1つ。開発環境と本番環境で差が少なくなるように整備する必要があります。

開発環境は基本的にローカルで構築していましたが、AWSのサービスを利用することもできます。その場合も、メンバーが利用しやすいような環境を設定する必要があるでしょう。

運用・保守

従来のインフラエンジニアと同様、環境構築した後は運用を行っていくのもAWSエンジニアの仕事です。今までと違うのは、それをAWS上で行う点です。運用の業務内容は幅広いため、持っているスキルによって対応範囲も変わってきます。主にサーバー増設やセキュリティ監視など、適切に運用するための業務です。

システムバージョンアップ

OSやミドルウェアを定期的にバージョンアップする作業も必要です。クラウドで構築した場合は、オンプレミスよりも簡単に構築できます。そのためシステムのバージョンアップや監視など、運用・保守の業務がメインともいえます。

転職するために必要なAWSエンジニアのスキル

画像:AWSエンジニアに必要なスキル

次にAWSエンジニアとして転職するために、具体的にどんなスキルが必要か紹介していきます。

AWSの知識

AWSエンジニアとして必要なスキルは、クラウドサービス・AWSの基礎的な知識や、AWSを使ったサーバーの設計・構築・運用のスキル、さらにオンプレミスからクラウドへの移行スキルなどです。

  • Amazon S3:ストレージサービス
  • Amazon EC2:仮想インスタンスサービス
  • Amazon Lambda:サーバー自動化ツール
  • Amazon RDS:リレーショナルデータベース
  • Amazon CloudWatch:モニタリングツール

AWSエンジニアとして仕事をするためには、最低限これらのサービスについて勉強しておきましょう。

ネットワーク構築の知識・スキル

AWSエンジニアはクラウドサービスの知識が主に必要ですが、オンプレミスでのサーバーやネットワーク、インフラの設計・構築・運用の知識も必要です。

1番求められるスキルは、サーバー、OS、ミドルウェアなどのサーバー系スキルです。これに加えネットワークやセキュリティ、仮想基盤、ストレージなど、インフラエンジニアとしての業務全般を知っておくといいでしょう。

Python・Rubyなどプログラミングスキル

AWSの仮想化されたサーバーやネットワークはソフトウェアで管理されているため、プログラミングで操作できます。これまでは手作業で行っていた部分も、プログラミングを覚えれば自動化できたり、効率よく運用できたりするので、プログラミングの学習は役に立ちます。

なかでも人工知能や機械学習の分野でも使われている需要の高い言語のPython・Rubyは、求められることが増えている言語です。

下記の記事ではクラウドエンジニアの需要や将来性、必要なスキルなどを解説しているので、併せて読んでみてください。

クラウドエンジニアの需要は高いといえる3つの理由│将来性と必要なスキルも解説
更新日 : 2020年9月19日

AWSエンジニア転職のおすすめサイト

AWSエンジニアとして転職する際に使える、おすすめの転職サイト・エージェントを紹介します。AWSエンジニアという名称はまだそれほど一般化されていないので、今回は「AWS」のキーワードを含んだ求人を検索したので見ていきましょう。

自主応募サイト:リクナビネクスト

リクナビは人材業界最大手であるリクルートが運営する、言わずと知れた大手転職サイトです。転職者の約8割が利用しているほどで、求人数が多く、希望に合った会社を探せます

AWSのキーワードで検索すると、求人数は1416件(2020年10月時点)見つかりました。今回紹介する中では1番少ないですが、それでも1416件もあるので、AWSを利用する企業が増えていることがわかります。

リクナビネクスト

転職エージェントサービス:doda

dodaは最大手のリクルートに次ぐ、国内No.2の規模を誇る転職エージェントサービスです。そのため求人数、実績ともに申し分ありません。エージェントによるサポートを受けられるのが転職サイトとの大きな違いなので、転職に関する不安などを相談したい方におすすめ。

AWSの検索結果は2504件(2020年10月時点)と豊富にあります。いずれのサイトもAWSエンジニアというより、AWSも扱えるインフラエンジニアといった求人内容が多いです。

doda

IT専門転職サイト:Green

GreenはIT・Web業界に強い転職サイトで、求人数はIT業界トップクラスの転職サイトです。スカウトなどの機能が充実しており、書類選考なしでカジュアルに面談できるなど、利用しやすいシステムを採用しています。

AWSで検索した求人数は今回の中で1番多く、3766件(2020年10月時点)見つかりました。年収は300万~1000万ほどと、業務の内容によって大きく異なります。

Green

まとめ

今回はAWSエンジニアへ転職したい方へ向けて、仕事内容や必要なスキル、転職サイトを紹介してきました。

AWSエンジニアは今後の需要も伸びていきます。インフラエンジニア・ネットワークエンジニアからはとくに目指しやすいので、今のうちから転職を目標にスキルを身に着けるのがおすすめです。

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら