プログラミング言語の難易度ランキング14選!失敗しない選び方も


プログラミング言語ってたくさんあるけど、難易度って違うの?
 
プログラミング言語を選ぶときに自分のレベルに合ったものを学習したい!

プログラミング言語は現在多くの種類が存在します。ITの知識をこれから身につけようとする初学者の方にとって選択肢が多いことは決して良いことばかりではなく、時には迷って先に進めない原因にもなります。

自分にとってどのプログラミング言語を学ぶのが一番良いのか?そのヒントを知りたいというあなたの為に本記事では難易度という観点で解説をしていきます。

プログラミング学習の第一歩を進める為にぜひ本記事を参考にして下さい。

プログラミング言語で難易度を決める基準はあるの?

プログラミング言語の難易度を決める基準は大きく3つ存在します。まずはその3つの基準について順番に解説をします。

基準1:環境構築は簡単か?

プログラミング言語を実際に手を動かして学ぶ為に最初に必要になること、それは環境構築です。

プログラミング言語を書いて動作させる為に必要なものをインストールする作業、インストール後の各種設定作業、それらが環境構築に含まれます。この環境構築が難しいと途中で挫折する可能性が高まります。

環境構築の手順が複雑であったり、完了までのステップが多ければ多いほど、環境構築は難しく、そしてプログラミング言語の難易度が高いといえます。

基準2:学習しやすい環境が整っているか?

無事に環境構築ができた後、いざ学習を進めようとした際にも難易度を測るポイントがあります。それは学習しやすい環境を整っているかどうかです。

昔からある、もしくは一般的によく利用されているプログラミング言語であれば、インターネット上に関連情報が多く存在します。そしてそれは学習に詰まった際に解決するヒントがインターネットから得られやすいことを意味します。

マイナーな言語である場合、情報が少ない、もしくは情報があっても英語圏の情報だけで日本語の情報が少ないというケースがあります。そのような場合、調べることにとても時間が掛かる可能性が高くなります。

また、プログラミングを学ぶ為の動画や学習サービスなどの豊富さもプログラミング言語によって異なります。あまりにマイナーな言語の場合、そのような動画や学習サービスが存在せず、やはり学習に時間がかかってしまう恐れがあります。

学習がしやすい環境が整っている言語は難易度が低いといえるでしょう。

基準3:プログラミング以外に何を学ぶ必要があるか?

環境構築のしやすさ、学習のしやすさ以外に難易度を決める要素として、プログラミング以外に何を学ぶ必要があるかという点です。

プログラミング言語によっては、言語そのものの文法を学ぶだけでは十分ではない場合があります。関連するツールの使い方やフレームワークと呼ばれる、便利な機能があらかじめ備わっているプログラムコードの集まりについて学習が必要なケースがあります。

そのようなプログラミング言語の言語そのもの以外にも学ぶべきことがいくつもある言語は学習時間をそれだけ必要とする為、難易度が高い言語といえるでしょう。

プログラミング言語ごとの難易度ランキング

プログラミング言語

プログラミング言語

これまでの解説を踏まえまして、数多くのプログラミング言語の中からよく利用されるものに厳選してそれぞれの言語の概要と難易度についてご紹介します。

1位.C++

難易度:★★★★★

2位で紹介するC言語にオブジェクト指向を取り入れた言語で、大規模な複数人の開発に適した言語です。難易度としては今回ご紹介する言語の中で最も高く、その理由は習得までに覚えることが沢山あり、メモリ管理など意識するべきことが山積みにあることです。

2位.C言語

難易度:★★★★★

C言語はJavaと並んで歴史があるプログラミング言語で、関連書籍も多く出ています。ただし、プログラムの不具合を解析したり、プログラムの設計を行うのが他の言語と比べて初学者には難しく、難易度が高い言語となります。

3位.Java

難易度:★★★★☆

オブジェクト指向言語としての代表格というべき歴史あるプログラミング言語、それがJavaです。大規模なシステム開発にも良く利用されており、関連書籍もたくさん出版されています。

難易度としては高めで、その理由としてJavaには多くの種類のフレームワークが存在する為、それぞれを使う際の学習コストが高いこと。また、オブジェクト指向言語である為、初学者にとってオブジェクト指向をきちんと理解して使いこなせるようになるためには相応の学習コストがかかることが理由として挙げられます。

4位.Go

難易度:★★★★☆

Google社が開発している比較的新しいプログラミング言語であるGoは最近人気もあり、関連書籍も徐々に増えています。処理速度が早いのが特徴の一つで、Webアプリケーションからツールまで様々な分野で利用されています。

Go自体もこれまでの上位の言語と比較して難易度は高くないものの、フレームワークの使い方や関連ツールの使い方などを理解する必要があり、プログラミング言語の中で難易度は高い方といえます。

5位.C#

難易度:★★★☆☆

近年、VR/ARなどでも注目が集まり、ゲーム開発などでも良く利用されるのがC#です。1位でご紹介しているC++の継続言語として開発された言語でもあります。

Visual Studioをインストールし、「.NETデスクトップ開発」など必要なパッケージをインストールすることで比較的簡単に環境構築ができることは難易度の観点からするとメリットではありますが、オブジェクト指向の理解が必要な為、全体的には難易度が高めになります。

6位.Swift

難易度:★★★☆☆

iOSアプリ開発に利用されるプログラミング言語がSwiftです。Xcodeというプログラミングエディタツールを使い開発されます。

関連書籍が多くでている人気言語でもあるので、学習環境としては整っています。ただ、Xcodeのツールの使い方を理解する為の学習コストが存在する為、この後紹介するプログラミング言語よりも難易度は高いといえます。

7位.Google Apps Script

難易度:★★★☆☆

VBAはMicrosoft Officeシリーズ専用でしたが、Google Apps ScriptはGoogle のスプレッドシートなどを操作する為のプログラミング専用言語となります。

Google Apps Scriptも普段、スプレッドシートの操作に慣れている方はプログラミングコード自体も比較的学習しやすいです。

8位.Kotlin

難易度:★★★☆☆

Javaを元に開発され、Androidアプリの開発言語として利用されるのがKotlinです。Javaよりもシンプルなコードを書くことができる為、Javaと比較した難易度はこちらの方が低いです。ただ、まだ比較的新しめの言語なので、日本語の情報が少なく、その点では難易度が上がります。

9位.VBA

難易度:★★☆☆☆

VBAはMicrosoft Officeシリーズ専用のプログラミング言語です。例えば、Excel、Word、PowerPoint、Accessのようなツールを自動化するツールを作ることができます。

Excelなどを普段使っている方などは、VBAのプログラミングコードに対して学習しやすさはあるかと思います。ただ、そうでは無い方は、Excelの使い方なども覚えながら学習する必要がある為、コード以外のことも覚える必要があるという点で難易度が高くなります。

10位.Ruby

難易度:★★☆☆☆

RubyはWebアプリケーションのフレームワークとしてよく利用されるRuby on Railsの元となる言語です。Javaなどの言語のようにコードを書いてコンパイルし機械が読み取れる言語に変換してからプログラムが実行されるコンパイラ言語と異なり、スクリプト言語と呼ばれています。

スクリプト言語はコンパイラ言語よりもプログラムの実行が容易であることが特徴です。そのため、難易度としても全体からみて比較的低くなります。

11位.PHP

難易度:★★☆☆☆

PHPは歴史がある言語でRubyと同じくスクリプト言語、そしてECサイトなどで良く利用されるプログラミング言語となります。初学者にも学習しやすい文法であることが特徴で、難易度が低い言語となります。

12位.Python

難易度:★★☆☆☆

機械学習などで最近注目されることが多いプログラミング言語がPythonです。AIや機械学習で利用するとなると難易度は飛躍的に上がってしまいますが、簡単なWebアプリケーションやツール作成などでPythonを利用する場合には、その文法の容易さから難易度は低いです。

13位.Typescript

難易度:★★☆☆☆

JavaScriptに対して厳密な型チェックを取り入れたことが特徴の言語がTypescriptです。JavaScriptのコードを不具合の少ない安全なコードとして書く為の仕組みが備わっていることが特徴で、JavaScriptをある程度知っている方であれば、学習コストは低いでしょう。

ただ、JavaScriptと比較して、Typescript独自の文法を覚える必要がある分、難易度はJavaScriptよりも高いです。

14位.JavaScirpt

難易度:★★☆☆☆

今回ご紹介するプログラミング言語の中で最も難易度が低いのが、JavaScriptです。初学者がプログラミングの学習を始めるのに適した言語の一つです。

Webサイトなどで動きのある見た目を実現する為に利用されます。JavaScriptから派生したフレームワークも数多く、そちらのフレームワークを学習する場合には難易度が高くなります。

ただ、JavaScriptをそのまま利用して学習を進めるであれば、他の言語と比べて開発環境の構築が不要であることや関連書籍が数多くでていることから、難易度は低い言語となります。

なりたいエンジニアから逆算したプログラミング言語の選び方

プログラミング言語の選び方

プログラミング言語の選び方

これまで様々なプログラミング言語を難易度別にご紹介してきました。ここからは、なりたいエンジニアから逆算したプログラミング言語の選び方について解説していきます。

なりたいエンジニアの種類として以下の3つをご紹介します。

  • Webアプリ開発エンジニア
  • スマホアプリ開発エンジニア
  • Windowsアプリ開発エンジニア

Webアプリ開発エンジニア

ブラウザを通じてアプリケーションを提供するサービスがWebアプリとなります。このWebアプリを開発するエンジニアになる為に役立つプログラミング言語としては以下が代表的なものとなります。

  • Ruby
  • PHP
  • Java
  • Go
  • JavaScript

上記の中でも難易度が最も低いjavaScriptから学習を始めて、プログラミングのコツをつかんだ上で他の言語をトライするというのも一つの進め方です。

スマホアプリ開発エンジニア

スマホアプリ開発の場合、代表的なプログラミング言語は以下となります。

  • iOS Swift
  • Android Kotlin


スマホアプリはどのプラットフォーム(iOSかAndroidか)で開発するエンジニアになりたいかを選択した上で、言語を選ぶことになります。

Windowsアプリ開発エンジニア

Windowsで動くアプリを開発したい場合の代表的なプログラミング言語は以下となります。

  • Microsoft Office系なら VBA一択
  • Windows アプリなら C#

C#であれば初学者にとって難易度が高めになりますが、習得後はオブジェクト指向の理解ができているので、他のオブジェクト指向言語の習得が容易になるメリットもあります。

まとめ

いかがでしたか?

数多くあるプログラミング言語について難易度という観点で言語の特徴をまとめました。また、あなたがなりたいエンジニアによって選択すべきプログラミング言語についても解説をしました。

今回の難易度を参考にあなたの現在のプログラミングスキルに合ったプログラミング言語を学習してみてはいかがでしょうか?

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

侍エンジニア塾ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら

おすすめコンテンツ

まずはここから!初心者でも1から学べるプログラミング入門カリキュラム

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー