IT関連のエンジニアが転職する際に押さえるべき7つのコツとは?

近年は転職も普通の時代になりましたが、IT関連のエンジニアは転職する際にどのような点に気をつければよいのでしょうか。

この記事ではエンジニアが転職する際に押さえるべきコツなどを紹介しますので、転職を考えている方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

IT業界のエンジニアが転職する時に先ずは知っておくべき事とは?

近年、転職するのは当たり前とまで言われるような時代になり、IT業界で働くエンジニアの中でも転職によって職場を変える人が多くなりました。これまで転職した経験のないエンジニアが転職を行う場合、どのような点について知っておくべきなのでしょうか。

この記事では、エンジニアが転職する時に知っておくべき転職のコツなどを紹介していきます。

IT業界におけるエンジニアの人材不足について

IT業界は常にエンジニア不足だと言われています。近年はスマートフォンの普及やIoTの登場から、スマホアプリやゲーム、制御システム、AIなどのあらゆるシステム開発の需要が増しています。

また、エンジニアは専門的なスキルが必要な職業ということもあり、スキルの高さによっては引く手あまたになることも多いです。今後も需要が減ることは考えにくいため、エンジニア不足は深刻になるといえるでしょう。

ITエンジニアの転職は売り手市場?

ITエンジニアの転職は売り手市場だと言われています。前述のとおり、IT業界は人手不足が深刻なため、どの現場でもエンジニアの人手が足りていない状態です。

そのため、ITエンジニアには転職が成功しやすい環境にあると言えるでしょう。ただし、大幅な年収アップを狙うなら、ニーズの高い分野に絞ったりスキルを習得しておくなどのコツも必要になります。

ITエンジニアの転職で押さえるべきコツとは?

これからIT業界に転職しようと考えている場合、転職を成功させるために押さえておくべきコツがあります。転職の押さえるべきコツには「情報収集のコツ」と「注意すべき点のコツ」の2種類があり、これらのコツを押さえておくことにより、満足のいく転職に繋がるでしょう。

ここではITエンジニアの転職で押さえるべきコツについて紹介します。

情報収集のコツ4つ

転職活動を行う場合、どの業界であっても事前の情報収集が重要です。特に転職未経験の場合、知識がないケースがほとんどでしょう。

コツを掴んでうまく情報収集ができていれば、自分に有利な条件での転職もしやすくなります。ここでは良い条件で転職するための情報収集のコツを4つ紹介します。

  • 転職経験者から情報やコツを聞く
  • 業界紙や専門サイトから情報を収集する
  • 勉強会や交流会などから情報を収集する
  • 自ら情報発信する

情報収集のコツその1:転職経験者から情報やコツを聞く

転職経験のあるエンジニアから実体験にもとづく情報を教えてもらうのは非常に参考になります。転職時に役立った情報や注意した方がいい情報などを聞いておけば、転職の際に気をつけるポイントやコツがわかります。

周りの友人か知人に転職したエンジニアがいるなら、直接話を聞いてみるのがコツです。身近にいない場合でも、インターネットで検索すれば参考になる記事が見つかりますので、チェックしておきましょう。

情報収集のコツその2:業界紙や専門サイトから情報を収集する

転職の情報収集は転職経験者のみから集めてしまうと、どうしても個人の意見に偏りがちになります。そのため、転職サイトや業界紙なども見て幅広い情報を集めましょう。

中には中立の立場で転職情報を紹介しているサイトもあるため、特定の転職サイトの情報に偏らないようにすると良いでしょう。

情報収集のコツその3:勉強会や交流会などから情報を収集する

エンジニア同士、横のつながりを作るための勉強会や交流会は定期的に開催されています。そういった場に出向いて、他のエンジニアと交流する機会を持ちましょう。

転職に役立つ情報が手に入るだけでなく、社内で仕事をしているだけでは得られない、新しい知見を高めることもできます。また、交流することでコミュニケーションスキルを向上させることもできるでしょう。

情報収集のコツその4:自ら情報発信する

最後のコツはエンジニアならではのものになりますが、自らのスキルを世界に発信してみましょう。エンジニアがスキルを公開できるQiitaやGitHubを利用してみたり、個人ブログなどでコードを公開するのも良いでしょう。

スキルはしっかり身についていなければアウトプットすることはできません。自ら発信することで自身の習得度がわかるだけでなく、レベルが高ければ企業からスカウトがくる可能性もあります。

注意すべき点のコツ3つ

転職活動での情報収集は、よりよい転職に繋げるために大切なことですが、他にも注意しなければいけない点があります。転職では人材を求めている企業とスキルや給料などがマッチングすることが重要です。

しかしスキルや給料の相場や、企業が求めているものを知らなければ、転職を成功させることは難しいでしょう。ここでは転職する際に注意すべき点のコツを3つ紹介します。

  • 自分の保有技術の充実度
  • 自分の経験と給料の相場
  • 求人側が求めているものとのマッチング

注意すべき点のコツその1:自分の保有技術の充実度

当たり前のことですが、スキルが高いほど企業に求められやすくなるため転職成功率は上がります。すでに習得しているスキルだけでなく新しいプログラミング言語を学んだり、それを発信することで保有スキルは充実していきます。

逆にスキルの低いエンジニアでは、うまく転職できなかったり転職後に苦労することになります。そのため、自らのスキルを充実させることは転職で注意すべきコツの1つだと言えるでしょう。

注意すべき点のコツその2:自分の経験と給料の相場

中途採用のエンジニアは即戦力になることを求められます。そのため、経験豊富であるほどすぐに活躍してくれる人材であると判断され、給料の相場も上がります。

逆にエンジニア未経験だったり1年未満のような経験の浅いエンジニアの場合、思っているような求人が見つからないケースがあります。エンジニアの給料相場は経験に比例するということは、転職時に注意すべきコツです。

注意すべき点のコツその3:求人側が求めているものとのマッチング

エンジニアとひと口に言っても、データベースエンジニアやシステムエンジニア、データサイエンティストなど企業によって求めているエンジニアの分野は異なります。そのため、エンジニアとしてのニーズが高かったり保有しているスキルの希少性が高い場合、優良な求人とマッチングする可能性も高くなるでしょう。

IT業界のエンジニアのおすすめの就職先3つ

エンジニアの転職先としてはさまざまな選択肢があるため、自らが考えているキャリアステップによって適した就職先は変わってきます。また、エンジニアに適した職種も多いため、よく検討して就職先や職種を決めるようにしましょう。

ここではIT業界のエンジニアのおすすめの就職先を3つ紹介します。

  • ソフト開発企業
  • IT関連企業
  • 企業内SE

就職先その1:ソフト開発企業

ソフト開発企業にはアプリケーションやゲーム、組み込み系や業務系システムなどさまざまな分野があり、企業の数も多いです。ソフト開発企業であれば、これまで身につけたスキルを活かしてソフト開発ができるでしょう。

エンジニアとしてプログラミングをしたい人におすすめの就職先です。

就職先その2:IT関連企業

IT関連企業とは、インターネット関連の業務やソフトウェア、システム開発などコンピュータに関わる業務を専門に行っている企業です。そのため、必ずしもプログラミングスキルが必要というわけではありません。

未経験可の場合もあるため、経験が浅いエンジニアにもおすすめです。

就職先その3:企業内SE

企業内SEは自社内のシステム構築を行ったり社内のネットワークを管理する職種です。社内のITインフラを全て管理することになるため、非常に重要な仕事です。

業務は社内に限られますが、最近ではパソコンを使わない企業はほぼないため、頼られるシーンも多いでしょう。IT全般の知識を必要とする職種です。

ITエンジニアの転職でキャリアアップを目指そう!

ITエンジニアはどの現場でも人材不足に悩まされていることもあり、エンジニアの転職はいまや売り手市場です。保有しているスキルや経験によっては、転職によって大幅な年収アップも狙えるでしょう。

しかし転職にはコツがあるため、エンジニアなら誰でも転職に成功できるわけではありません。この記事で紹介した転職のコツをもとにしっかりと準備をして、エンジニアとしてキャリアアップを目指してみてはいかがでしょうか。

 

Writer

城戸健太

株式会社SAMURAI

兵庫県西宮市出身。現在大学4年生。プログラミングスクールを卒業したのち株式会社SAMURAIでインターン生として活動中。
記事の執筆や編集、業務改善システムの改善を担当中。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら