フリーランスエンジニアまでのキャリアパス5つ|多様化するキャリアパス

 

いまは企業に雇われて働いているけども、将来的にフリーランスエンジニアを目指したいという方は多いのではないでしょうか。

本記事では、多様化するフリーランスエンジニアになるまでのキャリアパスについて紹介しています。

キャリアパスとは?

「キャリアパス」とは、職務上積んで行く経験や順序を指す言葉です。仕事をしていく中でキャリアパスを意識しているという方は多いのではないでしょうか。

本記事では、フリーランスエンジニアまでのキャリアパス5つと多様化するキャリアパスについて紹介していきます。

変わってきたフリーランスエンジニアのキャリアパス

これまでは、プログラマーからシステムエンジニアを経験し、プロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャーやITコンサルタントなど、エンジニアのキャリアを積む道は、自然にある程度同じ道筋になっていくという認識がありました。しかし、この流れが時代の変化とともに変わりつつあります。

多様化するキャリアパス

IT技術が日々進化を遂げている今、フリーランスエンジニアの需要が高い状況が続き、エンジニアに要求されるスキルや技術も広がりを見せています。

たとえば「エンジニア」と言っても、システムエンジニアやネットワークエンジニア、フロントエンドエンジニアなど、必要とされるエンジニアの種類はさらに増えてきています。今後も、IT技術の進化やニーズによりフリーランスエンジニアのキャリアパスは多様化するでしょう。

フリーランスエンジニアまでのキャリアパス5つ

フリーランスエンジニアまでのキャリアパスには、ITコンサルタント・ITアーキテクト・ITスペシャリスト・フルスタックエンジニア・フリーランスエンジニアなどがあります。

どのようなキャリアパスを描くかによって、進んでいく方向性も変わって行きますので、自分の目指すエンジニアについてしっかり考えておきましょう。

キャリアパス1:ITコンサルタント

フリーランスエンジニアまでのキャリアパス1つ目は、ITコンサルタントです。ITコンサルタントとは、クライアントからのITに関する戦略的立案や問題状況について検討、解決策を示す技術者のことを指します。

経営改善をおこなう技術者ということもあり、仕事内容としては、クライアント企業側とヒアリングを行い、IT分野という視点から課題を洗い出し、新システムを導入するなど、改善するための提案を行います。

キャリアパス2:ITアーキテクト

フリーランスエンジニアまでのキャリアパス2つ目は、ITアーキテクトです。ITアーキテクトは、Webシステムの設計図を作る技術者です。

クライアントからの希望を実現できるようなシステム設計を行います。ビジネスや組織、その活動全体を見て、運用しやすいような最適な構造を設計する役割を担っているため、ネットワークやデータベースなどに精通していたり、非常に高い技術や知識が必要になる職種です。

キャリアパス3:ITスペシャリスト

フリーランスエンジニアまでのキャリアパス3つ目は、ITスペシャリストです。ITスペシャリストとは、ITSS(ITスキル標準)が定めている6つの専門分野のどれかにおいてレベル3以上を満たす人を指します。

セキュリティ、システム管理、アプリケーション共通基盤、データベース、ネットワーク、プラットホームの分野が定められ、IT製品の導入、設計・構築・テスト・保守・運用を行い技術的な課題を扱います。

キャリアパス4:フルスタックエンジニア

フリーランスエンジニアまでのキャリアパス4つ目は、フルスタックエンジニアです。フルスタックエンジニアは、マルチエンジニアとも呼ばれ、その名の通りすべての開発を自分一人で手がけられる人を指します。

フルスタックエンジニアは、ITスペシャリスト以上に専門的知識を極めた技術者です。複数の専門分野のスキルを持ち、能力的に一人ですべてのシステム開発を行うことができる技術者です。

キャリアパス5:フリーランスエンジニア

フリーランスエンジニアまでのキャリアパス5つ目は、フリーランスエンジニアです。フリーランスエンジニアは、企業など組織に属さず、個人の力で仕事を獲得していく技術者です。

キャリアパス1から4で挙げたような専門的知識を持ち、企業から独立してフリーランスエンジニアになることが多いでしょう。時間にとらわれず自由な働き方ができるというメリットもありますが、収入が保証されないというデメリットもあります。

フリーランスエンジニアへのキャリアアップに繋がる資格6つ

企業に属していてもキャリアパスの先にフリーランスエンジニアを目指す方は多いでしょう。

フリーランスエンジニアへのキャリアアップに繋がる資格は、基本情報技術者試験・応用情報技術者試験・ネットワークスペシャリスト・Linux技術者認定試験・Oracle認定Javaプログラマ・ORACLE MASTER Goldなどがあります。

資格1:基本情報技術者試験

フリーランスエンジニアへのキャリアアップに繋がる資格1つ目は、基本情報技術者試験です。IT企業勤務者が最初に取得を目指す資格といわれ、エンジニア向けの資格の中でも幅広く活用、認知されています。

基本的なコンピュータ、プログラムの知識が求められる資格なので、IT技術について理解しているという客観的な指標になります。国家資格なので民間資格に比べると信頼度が高く、取得しておいて損はないでしょう。

資格2:応用情報技術者試験

フリーランスエンジニアへのキャリアアップに繋がる資格2つ目は、応用情報技術者試験です。基本情報技術試験より難易度が高く、ITエンジニアとしてのレベルアップを図る資格として注目されています。

IT基盤やシステム開発の知識だけではなく、管理や経営能力の知識も問われます。フリーランスエンジニアになるにはマネジメント能力を身につけることも必要なので応用情報技術者の資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

資格3:ネットワークスペシャリスト

フリーランスエンジニアへのキャリアアップに繋がる資格3つ目は、ネットワークスペシャリストです。ネットワークスペシャリストの資格は、ネットワークに精通したプロフェッショナルの資格です。

インフラ系エンジニアの中でも非常に難易度が高いことで知られていることからこの資格を持っていることでクライアントに信用を与えることができます。

資格4:Linux技術者認定試験

フリーランスエンジニアへのキャリアアップに繋がる資格4つ目は、Linux技術者認定試験です。Linux技術者認定試験は、名前の通りLinux技術者としての技術を証明する資格であり、世界中で実施されている標準的な試験です。

Linuxは日本企業の多くが導入しているので、この資格を持っていることでLinux担当者として仕事を依頼される可能性が多いです。

資格5:Oracle認定Javaプログラマ

フリーランスエンジニアへのキャリアアップに繋がる資格5つ目は、Oracle認定Javaプログラマです。米Oracle社が認定する、プログラミング言語Javaの資格です

Javaの正しい知識やスキルを保有していることを証明できます。Javaのプログラマーとして自信をつけるためにも、Oracle認定Javaプログラマ試験は抑えておきたいところです。

資格6:ORACLE MASTER Gold

フリーランスエンジニアへのキャリアアップに繋がる資格6つ目は、ORACLE MATER Goldです。ORACLE MASTER Goldとは、データベース「ORACLE」に関する技術者を認定する資格です。

試験ではデータベースの管理から運用、SQLの習熟度を問う問題が出題されます。更に上級の資格であるORACLE MASTER PLatinumという資格もあります。

フリーランスエンジニアを目指して1つずつステップアップ

フリーランスエンジニアまでのキャリアパスについて紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

エンジニア業界は実力の世界です。実際に特化した技術を持つ人や経験豊富な人が現場で必要とされ、活躍しています。

フリーランスで仕事を得るためには、相応の専門知識スキルを持っていることが必須となります。キャリアアップに繋がる資格など参考に、フリーランスエンジニアを目指して1つずつステップアップしていきましょう。

 

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

城戸健太

兵庫県西宮市出身。現在大学4年生。プログラミングスクールを卒業したのち侍エンジニア塾でインターン生として活動中。
記事の執筆や編集、業務改善システムの改善を担当中。

おすすめコンテンツ

まずはここから!初心者でも1から学べるプログラミング入門カリキュラム

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー