在宅ウェブデザイナーとして働くメリット5つ!需要が多いって本当?

ウェブデザイナーは、ウェブサイトのレイアウトやデザインを決めたり、コーディングを行ったりなどをします。パソコンがあれば多くの作業を行うことができるので、在宅ワークや副業に適した仕事として注目されています。

今回はそんな在宅のウェブデザイナーとして働くメリットを5つ紹介していきます。

在宅ウェブデザイナーとは

ウェブデザイナーは、ウェブサイトの構成やレイアウト、デザインを決めたり、コーディングを行ったりします。これらの仕事を在宅ワークで請け負う人のことを在宅ウェブデザイナーと言います。

在宅ウェブデザイナーの中には、正社員として一部の仕事を在宅で行う人もいれば、副業で完全在宅ワークにする人など、その仕事のスタイルはいろいろです。

在宅ワーク向きの職種4選【おすすめはWeb系職種です】
更新日 : 2019年12月9日

ウェブデザイナーは副業や在宅に向いている?

ウェブデザイナーの仕事は、パソコンがあれば進められる作業が多いです。1人で行う作業も多いです。そのため、ウェブデザイナーの仕事はパソコンさえあればどこでもできるので、在宅ワークや副業に適しています。

また、今はインターネットを使ったマーケティング戦略やネット販売が幅広く行われていて、ウェブデザインの仕事が豊富ということからも、ウェブデザイナーが副業に適している理由の1つでもあります。

未経験からでもウェブデザイナーを目指せるため、女性や主婦の方にも人気の職業となっています。

Webデザイナーを副業にしよう!未経験からはじめる仕事獲得までの道のり
更新日 : 2020年7月8日

在宅ウェブデザイナーとして働くメリット5つ

副業として在宅ウェブデザイナーを選ぶ人は増えてきています。その理由の1つに、上記で述べた通り、ウェブデザイナーの仕事が在宅ワークに適しているという点が挙げられるでしょう。

一方で、在宅ワークに適しているという理由以外にも、ウェブデザイナーを副業とすることで得られるいくつかのメリットがあります。

働くメリット1:需要が多い

ウェブデザイナーは主にウェブサイトの制作をする仕事です。ウェブサイトは常に新しいものが作られていて、内容を更新したり、機能を付け加えたりとその仕事は多くあります。

そのため、ウェブサイトの制作に関わるウェブデザイナーも多く必要とされています。ただし、単にウェブサイトを制作するというだけでなく、ウェブサイトで何がしたいのかというニーズに応えられるスキルが求められることにはなります。

働くメリット2:仕事の確保がしやすい

上記の通りウェブサイトに関する仕事は多くあるため、ウェブデザイナーの需要はあります。つまり需要がある分、それだけ仕事が確保しやすいというメリットがあるでしょう。

ただし、副業で在宅ウェブデザイナーとして働く場合には、自分で仕事を獲得する必要があります。ウェブデザイナーの需要はありますが、ライバルとの仕事の奪い合いにもなるので、ある程度の営業力や実績、スキルなどを要するでしょう。

働くメリット3:単価が高い

ウェブサイトの制作にはHTMLCSSJavaScriptなどの専門的な知識スキルが必要となります。そのため、誰にでもできる単純作業というわけではないため、自然と仕事の単価も高くなります。

仕事で求められているスキルが上級なものであるほど、単価も高くなるでしょう。

働くメリット4:働く時間が調整しやすい

在宅ウェブデザイナーは、パソコンがあればどこでも作業をすることができます。また、在宅ウェブデザイナーの仕事では、与えられた仕事を期限までに納品するという流れが多いです。

そのため、納期を守れる範囲であれば自分でスケジュール調整が自由です。在宅ウェブデザイナーに関わらず、在宅ワークをする場合の大きなメリットとして、働く時間を調整しやすいということがあります。

在宅ワーカーが解説!在宅ワークのメリット・デメリット
更新日 : 2019年10月2日

働くメリット5:継続で仕事を受けやすい

ウェブデザイナーとして良質な内容のものを納品し続けていると、発注者からは良いものを作ってもらえると評価されるでしょう。これによって、同じ企業から継続して依頼を受けられることもあり得ます。

また、企業が継続して同じ人に発注するのは、その人の仕事の能力なども把握済みで安心できるといった面や、連絡方法や仕事の流れ・内容などを再び説明する手間も省けるといったことが理由としてあります。

在宅ウェブデザイナーで収入を上げる方法2つ

ウェブデザイナー制作の需要が高いとは言え、ウェブサイトで溢れている現在では、デザイナーに求められるスキルは高くなっています。

そのため、ウェブデザインの基礎知識だけしか持ち合わせていない場合では、なかなか仕事が得られなかったり、単価の低い仕事しか受けられなかったりすることもあるでしょう。

収入を上げる方法1:キャリアアップを目指す

副業として在宅ウェブデザイナーとなる場合は、自分で仕事を獲得しなければいけません。しかし企業側は、相手がどのようなスキルを持っていて、ニーズに応えられるものが作れるかどうかを把握できなければ、仕事を依頼することはないでしょう

。企業側は、これまでの実績からウェブデザイナーを判断することがあります。そのあと継続して発注がある場合には、企業側から仕事を依頼しても安心な人だと判断されたということでもあるでしょう。

収入を上げる方法2:専門性を高めていく

ウェブデザインの基礎知識しか持っていなければ、企業から求められるニーズに応えられなかったり、ライバルに仕事を取られたりすることで、単価の低い仕事しか受けられなくなってしまう可能性があります。

そのため、できるだけ多くの仕事に対応できるように、スキルアップとキャリアアップをして、ウェブデザイナーとしての専門性を高めていくことで仕事の獲得と単価のアップが見込めるようになるでしょう。

在宅ウェブデザイナーの仕事の見つけ方2つ

副業で在宅ウェブデザイナーとなる場合には、自分で仕事を獲得しなければなりません。しかし、どのようにすればウェブデザイナーの仕事が得られるのか、わからない人も多数いるでしょう

。そのような場合に、ウェブデザイナーの仕事を獲得する方法をいくつか紹介します。

仕事の見つけ方1:クラウドソーシングを利用する

在宅ウェブデザイナーとして仕事を獲得するための方法の1つとして、クラウドソーシングを利用するという方法があります。クラウドソーシングでは多くの企業が仕事を掲載しているので、条件に合った仕事を探すことができます。

ただし、クラウドソーシングは仕事を依頼する企業だけでなく、仕事をする側の利用者も多いため、やはり仕事は奪い合いとなり、条件の良いものほど競争率が高くなります。

オススメのクラウドソーシングサイト

クラウドソーシングサイトにおいて、仕事が掲載されている量が多く、規模が大きいものはクラウドワークスとランサーズです。クラウドソーシングサイトの利用経験がない場合は、まずこの2つを覗いてみることがオススメです。

また、他にもクラウドソーシングサイトはいろいろとあり、利用料が低い、プログラム系の仕事が多いなどのサイトによって、持っている特徴はそれぞれ異なるので、自分が利用しやすいサイトを見つけましょう。

仕事の見つけ方2:自分のポートフォリオサイトを作成する

在宅ウェブデザイナーとして仕事を獲得するためには、企業側に自分が持っているスキルや実績などをアピールする必要があります。そのため、自分の作ったものを見てもらえるように、名刺代わりとなるポートフォリオサイトを作成するという方法があります。

実際に作ったものを見てもらえるといった面以外にも、ポートフォリオサイトを持っていること自体がアピールになることもあります。

情報発信方法

ポートフォリオサイトを作成したら、多くの人に見てもらえるように情報を広げていきましょう。ただし、個人で広められる情報には限界があります。そのため、ポートフォリオサイトはあくまでも名刺代わりに使うことが多くなるでしょう。

もし企業から過去の実績などを聞かれた際には、サイトのURLやサイトを印刷した物で応対することができます。

在宅ウェブデザイナーを目指そう

今回は在宅のウェブデザイナーとして働くメリットや仕事の需要、案件の獲得方法について解説しました。

ウェブデザイナーの仕事は、パソコンさえあればどこでもできるという作業が多く、在宅ワークや副業に向いてます。また、専門性の高い知識も必要となるため、仕事の単価も高くなりやすいです。

スキルにもよっても変わりますが、熟練したプロウェブデザイナーになると年収400万から500万、またはそれ以上もらっている方も居ます。これから副業をすることを検討している人は、在宅ウェブデザイナーも選択肢の1つに加えてみましょう。

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

cta_under_bnr

当プログラミングスクール「侍エンジニア」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニアは上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

詳細はこちら

書いた人

深町 一雄

元ウェブディレクター/編集者
メイン機はOS9時代からMac。
最近はUnityに興味があります。

おすすめコンテンツ

まずはここから!初心者でも1から学べるプログラミング入門カリキュラム

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー