スライドショースライドショースライドショー

AI人材が求められる背景とその種類4つ|AI人材になる方法3つ

AI分野の人材不足

AI分野は常に人材が不足しています。現在は第三次AIブームと言われています。世界的な規模でAI開発や研究がおこなわれており、AI技術を活用したさまざまなサービスやビジネスも登場してきています。しかし、それらの開発のための需要に比べて、AI分野は人材が不足しているのが現状です。この記事ではAI人材が求められる背景に関して詳しく紹介していきます。

AIに強い人材育成が急務とされている

AI人材の需要は今後も高まっていくことが予想されています。2017年の調査では、世界の企業は100万人のAI人材を必要としているが、AI研究や開発に携わる人は30万人しかいないと記されていました。日本でも今後のAI需要の増加を考慮すると、2018年時点でAI人材の不足は3.4万人、2030年には14.5万人にまで増加することが予想されています。そのため、早い段階での人材育成が急務となっています。

AI人材が求められる2つの背景

AI人材が求められているのには2つの背景があります。近年AI人材が求められている理由は、単純なAI人材の不足だけでなく背景も関係しています。ここではAI人材が求められる2つの背景について紹介します。

AI人材が求められる背景1:政府の目標

政府がAIの本格導入などに向けた「統合イノベーション戦略」を閣議決定したという背景があります。政府は最先端のIT人材の育成を柱とし、2025年までにAIの基礎知識を持つ人材を年間25万人育てるという目標を掲げています。「統合イノベーション戦略」では目標の達成に向け、文系や理系を問わず全大学生がAIの初級教育を受けるよう大学に求め、社会人向けの専門課程も設置する方針となっています。

AI人材が求められる背景2:AI需要の高まり

さまざまな企業がAIに注目し、需要が急速に高まっているという背景があります。アメリカの調査会社のデロイトは、AIの機械学習を2018年に自社の事業やサービスに取り入れる大企業の数が、2017年の2倍になるという予測を発表しています。このように、近年AIに注目する企業は増加し続けており、さまざまな業界でAI人材の需要が急増しているという背景があります。

AIがもつポテンシャル

AIはまだ多くの企業が引きだせていないポテンシャルを秘めています。企業の多くは、まだAIの真のポテンシャルを完全には引き出せていません。しかしAIは、企業の役割を完全に再定義するほどの影響力を持っています。このような勢いのあるテクノロジーによって、いまだかつてない組織的効率性が実現し、さらに新世代のすぐれたサービスや商品が増加するでしょう。

労働力の課題解決にAIが果たす役割

AIは少子化にともなう労働力不足の問題や業務の効率化に寄与すると考えられます。現在の日本は少子高齢化にともなう労働人口の減少という局面に立たされており、どの業界でも人材不足という課題を抱えています。しかし単純作業やルーティンワークなどの業務をAIに代行させることができれば、高度な作業のみに人員を効率よく配置することができ、人不足を補える可能性があります。

AI人材の4つの種類

AI人材には4つの種類があります。文部科学省では、AI人材とは「AIの問題を解決する人材」「AIを具現化する人材」「AIを活用する人材」と定義されています。AI人材と聞くと、IT人材のようにAIの開発にかかわるエンジニアのみを想像しがちですが、IT人材の一部にAI人材が含まれているだけで、AI人材はエンジニア以外にもさまざまな種類の職業があります。ここではAI人材の4つの種類を紹介します。

AI人材の種類1:AIエンジニア

AIエンジニアはAIの性質を踏まえた上でシステムの企画や設計から構築を行うエンジニアです。AIエンジニアはAIを具現化する人材だと言えます。構築したAIを活用し、周辺技術を合わせて実装する役割を持ちます。AIプログラマーという言い方もありますが、分けるとすればエンジニアは企画や設計などの業務区分の上流工程、プログラマーは開発作業という下流工程を担当するという違いがあります。

AI人材の種類2:データサイエンティスト

データサイエンティストはAIの性質を踏まえた上でデータ解析を行う人材です。データサイエンティストはAIの問題を解決する人材です。AIに関する応用研究を通じて、標準化を推進する役割を持ちます。最近新しく注目されている分野ですが、データ解析ができる「データサイエンティスト」はスキルを持っている人材が少なく、大企業でもデータサイエンティストを養成する動きも出ています。

AI人材の種類3:ビジネス

ビジネスはAIの性質を理解し、ビジネスに活用する人材です。次に紹介するプランナーと重なりますが、AIの技術をビジネスに利用できる人材です。AIを活用する人材だと言えます。近年では研究者やエンジニアなどの専門職以外にも、ビジネスに応用するために経営者やビジネスマンなども積極的にAI技術の知識を習得しています。

AI人材の種類4:プランナー

プランナーはAIの性質を理解し、ビジネスへの転用を行います。プランナーはAIを活用する人材です。AI活用に関する企画や業務設計を担当し、周囲と調整する役割を持ちますが、開発や研究を直接を行うわけではないため、技術スキルはそれほど求められません。AIを活用することで、ビジネスの課題を解決したり、新規ビジネスの立ち上げなどを行うことがプランナーの役割となります。

AI人材になるには

今後需要の増していくAI人材になるにはどのような手段があるのでしょうか。今のうちにAIに関する技術や知識を習得しておくことで、将来的にもAIビジネスや研究など、さまざまな場所で活躍することが可能になります。しかしそのためには、必要な知識や技術を習得する必要があるでしょう。ここではAI人材になるための具体的な方法について紹介します。

AI人材になるには1:資格に挑戦してスキルを積む

AI人材になるには、資格に挑戦してスキルを積む方法があります。AIに関連した資格にはさまざまな種類があります。エンジニア系以外なら、有名なところでは「G(ジェネラリスト)検定」と呼ばれる検定があり、AIを事業に活用するために必要な知識が試されます。また、「E資格」はエンジニア向けの資格で、応用数学から深層モデルの構築まで幅広く出題範囲になっており、AIエンジニアとして活躍したい人に適しています。

AI人材になるには2:民間の講座を受講する

AI人材になるには、民間の講座を受講して知識を習得する方法があります。厚生労働省が認める一定の要件を満たすことで民間の講座でも「専門実践教育訓練給付」の対象となることもあり、最近では民間でもAI技術者やデータサイエンティスト育成講座などさまざま講座が開かれており、官民学が総動員でAI人材の育成に取り組んでいます。そのため、民間で行われているAI関連の講座を受講するのも1つの方法です。

AI人材になるには3:大学で学ぶ

AI人材になるには、大学でAIに特化した勉強をする方法があります。本格的にAIについて学びたい場合には、大学で専門的な勉強をするのも良いでしょう。政府が目標として上げていることもあり、AIについて詳しく学べる情報系の大学も増えてきています。また、学生だけでなく、一度社会人になった人でも改めて大学で学びなおすのも1つの方法です。

AI人材になるために自分に出来ることを探そう!

AI人材になるには、大学でAIに特化した勉強をする方法があります。現在、さまざまな企業がAI技術を活用したビジネスを展開しており、どの企業でもAI人材が不足している状態です。政府でも人員増加を目標として掲げるなど、AI人材の育成は急務となっています。今後もAI人材の需要は高まり続けるでしょう。将来AI関連の仕事で活躍したいなら、ぜひ今のうちにAI人材になる方法を見つけてみてはいかがでしょうか。

"

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

ナカガワダイキ

ナカガワダイキ

東京都多摩市出身。前職では都内ホテルにて設備機器のメンテナンスを経験。当時から副業として行っていたWebライティングと独学でのプログラミング学習経験を活かし、Webライターとして侍で記事編集業務を担当。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説