スライドショースライドショースライドショー

システムエンジニアの在宅勤務事情

システムエンジニアの 在宅勤務事情


通勤するのが大変。在宅勤務に憧れる。
システムエンジニアでも在宅勤務は可能か知りたい。

通勤ラッシュの満員電車なんて関係なし。海外のリゾート地で優雅にノマドワーキング。そんな理想的な働き方に憧れた人も多いのではないでしょうか?

最近の働き方改革での意識の変化や、IT技術の普及により、会社に出社しなくても働ける環境が整ってきました。本記事では、システムエンジニアの在宅勤務事情を解説していきます。

近年エンジニアの働き方は変わりつつある

画像:Shutterstock

IT業界に浸透しつつある在宅勤務

近年、働き方の多様性が求められています。総務省でも、ICT(情報通信技術)を活用した、時間や場所に縛られない柔軟な働き方を推奨しています。在宅勤務は、ワークライフバランスの実現 、人口減少時代における労働力人口の確保、地域の活性化などの効果が期待されています。

IT業界では、特別な設備を必要としないことや、情報技術の活用のしやすさで、在宅勤務が徐々に広まりを見せています。

エンジニアの在宅勤務には、会社に所属しながらも自宅で働くようなパターンと、フリーランスエンジニアのように、会社には所属せずに個人で業務を請け負って働いているパターンがあります。

システムエンジニアにも在宅勤務はできる

在宅勤務が浸透つつあるIT業界の中で、在宅勤務が難しそうなシステムエンジニアという職種でも在宅勤務が可能です。

システムエンジニアは上流工程を担当することが多くあります。そのため、クライアント先に出向いたり、プロジェクトのマネジメントをするため、在宅勤務が難しいと思われがちです。

しかし、最近ではSkypeやハングアウトなどのWeb会議の普及により、プロジェクトメンバやクライアントとの打ち合わせをWeb会議で行うことが普通になっています。また、SlackやChatWarkなどのチャットツールでの小まめでタイムリーなコミュニケーションも一般的にとなっています。

システムエンジニアが在宅勤務をするメリット

画像:Shutterstock

効率的に時間を使うことができる

在宅勤務をするメリットとして、通勤時時間を作業時間に充てることができます。

自宅から会社までの通勤が数十分という人は、明らかに少数です。2016年の総務省統計局調査「社会生活基本調査からわかる47都道府県ランキング」によると、日本の通勤時間の平均は「39.5分」だったようです。

往復で、平均1時間20分の通勤時間です。1か月20日稼働だったとしても、約丸1日は通勤している計算になります。

通勤がなくなることで、例えば朝新聞や本を読む時間とすることや、仕事後にオンライン英会話などの習い事をする時間とすることができます。もちろん、仕事の作業時間に充てることも可能です。24時間の内1時間20分ですが、継続して自己啓発や仕事時間として積み上げることで、とてつもない成果につながります。

通勤時間を効率的に使うことができることに加えて、通勤ラッシュによる移動時間のストレスや疲労が軽減することもメリットです。

働く環境を自由に選べる

毎日、同じオフィス・同じ座席・同じ景色・同じ環境で働くことは、退屈に思えることがあります。在宅勤務といっても、決して必ず自分の住居で働く必要はありません。

セキュリティに十分気を付ける必要はありますが、例えば、コワーキングスペースやカフェなど、パソコンを使っての作業ができる環境であれば仕事は可能です。また極端な例だと、ノマドワーカーと呼ばれる人たちのように、海外を拠点に旅をしながら働くことも可能です。多くの人が憧れるシーンだと思います。

働く環境を変えることで、新たな発想が生まれたり、いい気分転換になったりとメリットは多くあります。

家庭を優先した働き方ができる

「ワークライフバランス」を実現しやすいのが、在宅勤務ではないでしょうか。例えば、出産・育児などのライフイベントによって、会社へ出社することが難しくある程度の期間、休みを余儀なくされるケースがあります。しかし、在宅勤務であれば、家事や育児をしながら働くということが可能になってきます。

家庭を理由に働きたくても働けない人が少なくなることで、自分自身や会社にとってもメリットが大きいです。

在宅勤務は企業側にもメリットがある

画像:Shutterstock

社員が在宅勤務をすることによって、企業側にとっては、優秀な人材を確保できるメリットがあります。すでに解説した通り、ライフイベントによって働きたくても働けない社員がでてしまったり、勤務地を理由とした離職などを防ぐことができます。

IT業界で、最も重要なのが人材です。IT企業の売り上げは、エンジニアの腕にうよって生み出されます。優秀なエンジニアを雇い続けることが、事業活動を継続するために重要です。

在宅勤務による企業のメリットとして、通勤に関わる経費が削減できることや、台風などの天災から社員を守れるなどもメリットと言えるでしょう。

システムエンジニアが在宅案件を獲得するには?

資格を取得して実績を作る

フリーランスエンジニアにとって、在宅案件を獲得するためには、いかにクライアントから信頼されるかが重要です。どの程度のスキルを保有しているかをアピールする必要があります。

エンジニアのスキルを測る尺度の一つとしては、資格があります。資格を保有することで、客観的な評価としてクライアントへアピールすることができます。エンジニア向けの資格としては、情報処理推進機構「IPA」が行っている情報処理技術者試験が有名です。

企業やクライアントと信頼を築く

在宅勤務を行うためには、他の人の目がない状況でもしっかり業務を遂行できる自己管理能力が必要になります。会社にいても集中して働けない社員に対しては、在宅勤務の許可はでませんし、自己管理能力がないフリーランスエンジニアでは成果を出すことはできません。

日々の仕事を誠実に遂行することで、企業やクライアントに信頼されるエンジニアになることが、在宅勤務への第一歩です。

システムエンジニア向けの在宅案件を扱っている求人サイト

CrowdWorks

クラウドワークスは、登録者数が国内最大のクラウドソーシングサービスです。クラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスでは、Webサイト上で、仕事の依頼者と受注者のマッチングを行います。

同じようなクラウドソーシングサービスの中に、Lansers(ランサーズ)がありますが、クラウドワークスの方が案件数、実績が多くおすすめです。クラウドワークス上では、Web開発やアプリ開発などの依頼案件が多数あります。案件の中には、依頼先の会社で常駐するケースもありますが、ほとんどが在宅での仕事が可能です。

Workship(ワークシップ)

ワークシップは、週1から働ける副業や兼業案件を扱うスキルシェアサービスです。副業や兼業ワーカーを探している企業が案件をWeb上に掲載し、フリーランスや副業希望者がその案件に応募できる仕組みです。

Workshipで募集されている案件は、エンジニアやデザイナー案件がほとんどです。検索条件に「リモートOK」という条件があるので、在宅案件が検索しやすくなっています。求人一覧を参照し、気になる企業に対してアプローチしていきましょう。

クリプラス

「1日だけ1日から」がキャッチフレーズのクリプラスは、フリーランスや転職活動中のエンジニアに向けたスキルシェアサービスです。クリプラスに掲載されている求人は、エンジニア・クリエイター案件になります。在宅案件も多いです。

クリプラスの特徴としては、雇用形態に「業務委託」の他に、「派遣(長期・短期)」や「正社員」が用意されています。それぞれの人の状況に合わせて、雇用形態を絞りながら案件を探すことができます。

まとめ

システムエンジニアの在宅勤務事情を解説しました。システムエンジニアでも在宅勤務ができることが理解いただけたのではないでしょうか?

これから在宅勤務は、働き方のスタンダードになってくることが想定できます。今すぐにではなくても、ライフイベントに合わせて在宅勤務も選択できるように、信頼は積み重ねておくことをおすすめします。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

深町 一雄

深町 一雄

元ウェブディレクター/編集者
メイン機はOS9時代からMac。
最近はUnityに興味があります。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説