フリーランスマークアップエンジニアの魅力を色んな視点から徹底分析


マークアップエンジニアってフリーランスでやっていけるのかな?
必要なスキルや年収が知りたい!

Webサイトを作成する上で、なくてはならない存在であるマークアップエンジニア。大企業の案件から個人相手の案件まで幅広く活躍できるフリーランスのマークアップエンジニアですが、いったいどのような魅力があるのでしょうか?

そこでこの記事では、フリーランスのマークアップエンジニアに必要なスキルや年収、需要など様々な点を解説します。

プログラミング未経験の方も将来独立を考えている方も、ぜひ参考にしてください。

そもそもマークアップエンジニアの仕事内容とは?

画像:Shutterstock

マークアップエンジニアの仕事内容を一言で言うと「Webサイトを作ること」です。

また、ただWebサイトを作るだけではなく、クライアントからの要望に沿ったページ構成やデザインにしたり、Googleなどの検索エンジンの評価も意識した内部構成にすることが求められます。

JavaScriptPHPなどのプログラミング言語も用いることがありますが、習得難易度はそこまで高くないのでプログラミング未経験の人でも比較的目指しやすい職業と言えるでしょう。

フリーランスマークアップエンジニアに必要なスキルとは?

画像:Shutterstock

Web知識

フリーランスマークアップエンジニアにはWeb知識が必要です。

ここで言うWeb知識とはWebサイトの仕組みなどの基本的なものも含みますが、特にSEOの知識のことです。SEOの知識を簡単に言うと、Googleなどの検索エンジンに「このWebサイトの内容は○○ですよ」と正しくアピールする知識のことです。この知識に基づいて、マークアップエンジニアはWebサイトの内部構造を作成する必要があります。

仮にもしSEOの知識がない状態で、Webサイトを作成してしまうと、検索エンジンにWebサイトの正しい情報を伝えられずに、検索しても表示されないという事態に陥りかねません。ですから、マークアップエンジニアにとってSEOの知識は必須と言えるでしょう。

コーディングスキル

マークアップエンジニアにはWebサイトを作成するためのコーディングスキルが必須です。

Webサイトは文章構造を司るHTMLとデザインを司るCSSという二つの言語で作られており、マークアップエンジニアはこれらの言語を用いてプログラムを書く必要があります。

プログラミングスキル

先ほど述べたようにWebサイトはHTMLとCSSで構成されていますが、Webサイトの表示に動きをつけたり、プログラムで特定の記事の一覧を表示させたりするなど、リッチなWebサイトを作るためにはJavaScriptPHPなどのプログラミング言語のスキルも必要です。

一昔前はHTMLとCSSだけの簡素なWebサイトもありましたが、現在は多くのWebサイトでプログラミング言語が使用されているのでフリーランスのマークアップエンジニアとして活躍したいのなら習得すべきスキルでしょう。

コミュニケーションスキル

画像:Shutterstock

フリーランスのマークアップエンジニアにとってコミュニケーションスキルも非常に重要です。その理由は、Webサイトを作成するにあたり、クライアントの要望をしっかり聞き出す必要があるからです。

サイトデザインやページ構成がクライアントの頭の中で既にガッチリ構想が練られている場合は、そこまで苦労しませんが、漠然としたデザインイメージしか持っていないクライアントも少なくないため、その場合こちら側で提案やヒアリングなどのコミュニケーションをとりながらWebサイトを作成する必要があります。

また、どのような場合でも、イメージの食い違いがないよう頻繁にクライアントとコミュニケーションをとり、クライアントの要望通りのWebサイトを作成することが求められます。

自己管理スキル

フリーランスのマークアップエンジニアには自己管理スキルも求められます。

Webサイトの作成は多くの場合、納期が予め定められています。ですから、クライアントから定められた納期に遅れないように体調管理や時間管理などの自己管理スキルが必要です。

営業スキル

フリーランスのマークアップエンジニアには案件を獲得するための営業スキルも必須です。

また、案件単価を上げるためにはポートフォリオの作成が有効です。ポートフォリオで多種多様なWebサイトを作成しておけば、クライアントも完成イメージがつきやすいですし、追加料金で機能を追加することも提案できます。

ですから、フリーランスのマークアップエンジニアを目指す方は、案件を獲得するための基本的な営業スキルの習得に加えて、ポートフォリオの作成にも力を入れることをおすすめします。

フリーランスマークアップエンジニアの需要と将来性

画像:Shutterstock

フリーランスマークアップエンジニアの求人数

まずは、フリーランスのマークアップエンジニアの求人数について見ていきましょう。

フリーランスエンジニア向けの求人サイト「フリーランススタート」にて「マークアップエンジニア」と検索した結果が以下です。

案件数は182件で少し少ない印象ですが、マークアップエンジニアの必須スキルである「HTML5」で検索すれば957件もの案件がヒットしました。(2019年11月時点)

画像:

フリーランススタート https://freelance-start.com/jobs/skill-9

企業の求人方法が様々なだけで、マークアップエンジニアが活躍できる案件はかなりの数があるので需要が高いと言えるでしょう。

フリーランスマークアップエンジニアの将来性

続いては、将来性についてですが、最近では企業だけでなく、個人でもホームページやブログを作成したいという人が多くなっているので、需要はますます拡大しています。

需要が拡大する一方で、プログラミング未経験からでも比較的目指しやすいので、今後マークアップエンジニアの人口が増えれば案件によっては将来的に単価が下がる可能性は否定できません。

ですが、一口にマークアップエンジニアと言ってもスキルはピンキリなので、優秀な人材は今後も重宝され続けるでしょう。

フリーランスマークアップエンジニアの年収の違い

常駐プログラマーの年収

続いてはフリーランスのマークアップエンジニアの年収の違いを常駐在宅の場合から見ていきましょう。

まずは常駐の場合の案件をいくつかピックアップしました。

他の案件も大体このような相場でしたので、常駐のフリーランスマークアップエンジニアの想定年収は480万円~660万円と言えるでしょう。

在宅プログラマーの年収

続いて、在宅の案件をフリーランスのリモート求人専門のサイト「クラウドテック」から見ていきましょう。

画像:Shutterstock

これ以外にも高額案件はありますが多くの場合、月収24万円~40万円なので想定年収は288万円~480万円といったところでしょう。

常駐案件と在宅案件を比較すると?

月収の最低ラインが40万円だった常駐案件に比べると、在宅案件はやはり少し単価が安いことがわかります。もちろん中には、在宅案件にも高額案件もありますが、通常の場合、常駐の方が在宅に比べて稼げると言えるでしょう。

フリーランスマークアップエンジニアに年齢制限はあるのか?

フリーランスのマークアップエンジニアにとって、どうしてもパソコンの字が読めないとか、加齢による障害の場合を除いて、仕事さえできれば特にこれといった年齢制限はありません。

ただし、高齢者がフリーランスのマークアップエンジニアとして案件を獲得するためには、実力がハッキリとわかるポートフォリオの用意やコミュニケーション能力は特に求められるでしょう。

【結論】フリーランスマークアップエンジニアは目指しやすいがスキルアップも必要

画像:Shutterstock

フリーランスのマークアップエンジニアの魅力について解説しましたがいかがでしたか?

学習難易度もそれほど高くなく、需要が高いということがおわかりいただけたことでしょう。習得するハードルが低い分、他の言語のエンジニアに比べると年収の面で少し見劣りしますが、需要は十分あるので、スキルアップさえできれば十分高収入を狙えます。

マークアップエンジニアを目指すべきか考えている方にとって、この記事が参考になると幸いです。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

深町 一雄

深町 一雄

元ウェブディレクター/編集者
メイン機はOS9時代からMac。
最近はUnityに興味があります。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習やキャリアのお悩み、お気軽にご相談ください。