Perlでフリーランスエンジニアを目指せるかをいろんな視点で徹底分析


Perlエンジニアはフリーランスになれるの?
Perlがフリーランスに適しているか知りたい!

Perlは様々なWebアプリケーションの開発などに使われており、汎用性が高く色々な分野で使用されている言語です。そのためPerlmを使えるエンジニアの数も多く、フリーランスに興味がある方も多いと多います。

この記事ではPerlエンジニアがフリーランスとして独立できるのか、そしてフリーランスとしてのPerlエンジニアの需要や年収についてご紹介します。

Perlのフリーランスエンジニア状況

free-lance

画像:Shutterstock

まずPerlエンジニアとしてフリーランスになる場合、どのような案件数および年収が期待できるのか見ていきましょう。また、Perlはリリースから30年以上経つ歴史ある言語ですが、今後の需要も合わせてご紹介します。

Perlフリーランス案件数

PerlはWebアプリケーションのみでなく、システムやインフラ、ソーシャルゲームなど様々なプロダクト開発で採用されています。そのためPerlの案件は継続的に一定量以上存在する傾向にあります。

Perlフリーランス年収

Perlフリーランスの年収はPerlの経験年数におって大きく変動します。Perlの開発経験が1年未満の場合は月30万円程度の相場になりますが、5年以上の場合は月100万弱ほどの相場となります。

年収にすると、開発経験が1年未満の場合は400万円ほど、5年以上の場合は1000万円ほどです。Perlの案件の報酬、そして案件数が高水準で安定しているためPerlはフリーランスとして仕事にしやすい開発言語といえるでしょう。


引用元:フリーランススタート https://freelance-start.com/articles/49#title4

Perlフリーランスの将来性

近年新規Webアプリケーションの開発の主力はPerlではなく、PHPPython, Rubyなどに移っています。そのため全盛期と比べるとPerlの需要は下がってきていますが、Perlで作成されたソフトウェア資産も多く、Perlの需要は一定の水準を保っています。

既存ソフトウェアの改修案件も多いため、Perlの案件が完全に無くなることははしばらくないでしょう。

Perlはフリーランスエンジニア向きの言語なのか?

画像:Shutterstock

Perlはフリーランスに適した言語なのでしょうか? Perlという開発言語の特徴や、現在どのような案件でPerlが使用されているか見ていきましょう。

Perlの特徴

Perlは30年という長い歴史がある言語で、コンパイルが不必要なため高速な処理が可能です。またPerlにはCPANという膨大な数のライブラリが蓄積されたアーカイブがあり、必要なライブラリやモジュールを簡単に導入できます。

少し前まではWebのサーバーサイドの開発はほぼ全てPerlを使っていたというほどPerlの人気は高く、数多くのソフトウェアやライブラリが開発されていました。現在ではRubyなどの言語に圧されて需要が減りつつありますが、それでも未だ根強い人気がある言語です。

Perlで開発できるもの

前述の通りPerlはサーバーサイドに関する開発で主に使われていました。また、グラフィックスやテキスト処理、DB管理やデータ分析など幅広い範囲の開発が可能です。

しかし現在はPerlを用いた新規開発案件はあまりなく、既存のソフトウェアの改修やアップデートが主な開発内容です。

未経験者からの習得難易度

Perlは未経験者から習得しやすい言語のひとつです。コンパイルが不要なためハンズオンでの学習が容易にできるうえ、言語に癖がなく理解しやすいという特徴があります。

Perlは汎用的に作られた言語であり様々な分野の開発が可能ですが、デメリットとして処理の記述が複雑になりがちです。基本的な学習は簡単にできますが、複雑な処理を書く場合の難易度は飛躍的に上がる傾向にあります。

常駐エンジニアとフリーランスエンジニア年収の違い

Perlの駐在エンジニアの平均年収は525万円ほどなため、ある程度Perlの開発経験があればフリーランスエンジニアの方が高い傾向にあります。

フリーランスエンジニアは駐在エンジニアと比べて年収が高くなりますが、税金の支払いなどを自前で行う必要があり、年収が増える分手間も増えます。

フリーランスエンジニアは自分で案件を受注する必要があるため、年間通して常に仕事があるとは限りません。そのため案件の受注状況によっては常駐エンジニアの方が高い年収を得られる可能性もあります。

【結論】Perlエンジニアはフリーランスになれるが、未経験者にはおすすめできない

Perlエンジニアがフリーランスとして独立できるのか、そしてフリーランスとしてのPerlエンジニアの需要や年収について解説しました。

Perlの案件は改修案件が多く、新規の開発案件はあまりありません。なので今後Perlの案件数が増えることはなく、徐々に案件数が減っていくと思われます。

案件がすぐになくなることはないため、Perlの開発経験があるエンジニアがフリーランスになる分には問題ありませんが、今からPerlを学んでフリーランスになりたいという方にはおすすめできません。

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

深町 一雄

元ウェブディレクター/編集者
メイン機はOS9時代からMac。
最近はUnityに興味があります。

おすすめコンテンツ

まずはここから!初心者でも1から学べるプログラミング入門カリキュラム

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー