スライドショースライドショースライドショー

システムエンジニアは意外と大変?その理由をわかりやすく解説


システムエンジニアは大変な仕事なのか詳しく知りたい……!
システムエンジニアはどの点で大変なのだろうか?

システムエンジニアになりたいけど、仕事が大変ではないのかと感じている方も多いのではないでしょうか?

確かにシステムエンジニアというハードな分野において、自分のやりたいことやスキルを思う存分発揮できるか不安になるものです。また技術のほかにも、どのような仕組みで行われているのか総合的に確かめる必要があります。

情報システム開発の需要は高まっていますが、それとは反比例にシステムエンジニアの数は少ないのが事実です。それだけにシステムエンジニアの仕事は見つけやすい状況にもあり、意欲と根性を持ち続けることでやりがいのある仕事になります。

システムエンジニアは決して簡単な仕事ではありませんが、自分のスキルをクライアントから認められるときはこの上ない充実感があるでしょう。ここでシステムエンジニアの仕事は実際どのくらい大変であるのかチェックしてください。

システムエンジニアの仕事内容は?

画像:Shutterstock

システムエンジニアとは、クライアントからの要望に応じたシステム開発全般を担当するエンジニアです。

具体に的に言うと、システム開発の相談や設計をする「上流工程」とプログラミングやバグ修正などシステムの仕上げである「下流工程」です。システムの骨組みと肉付けの役割分担をしながら仕事の効率化を図っており、会社によって両方担当する場合もあります。

常にシステム開発における最先端の情報をキャッチし、クライアントにより良いプロジェクトを提供します。ほとんどの場合システムエンジニアは開発ごとにチームで進行するため、技術のほかにもチームのリーダーとして率先力やコミュニケーション力も必要です。

システムエンジニアが大変な理由とは

画像:Shutterstock

モダンで華やかなシステムエンジニアの仕事ですが、その裏には大変な労力が積み重なっています。実際システムエンジニアとして活躍している方が負担を感じるポイントをまとめました。

労働時間が長い

会社に所属しているシステムエンジニアでもフリーランスでも、一度引き受けた仕事を納期までに完成させために勤務時間が不規則になるのは珍しくありません。

繁忙期は徹夜が必要

クライアント次第で稼働時間が左右し、需要が少ないときは定時で帰宅できることもあります。

しかし全体的に残業や休日出勤の比率が高いため、要望が多い場合は職場に缶詰状態になるものです。さらに徹夜をしてまで仕上げたプロジェクトのテスト段階で、バグが発生するなど終わりが見えないときもあります。

クライアントから要求される仕事を選ぶわけにはいきません。ボリュームに関係なく、柔軟に対応しながら貢献する姿勢が求められます。仮にプロジェクトが順調に進んでも、すでに完成しているシステムのバグ調整などの作業も発生します。

下請けになるほど仕事が多くなる

とりわけ下請けになるほど仕事が取り留めなく続き、割りに合わない報酬で働いていることも否めません。体調を崩してしまうほどハードになることもありますが、一貫して行う必要があるためシステムエンジニアには体力も必要です。

業務が煩雑

幅広い分野を担当するシステムエンジニアは、1つの作業が終わってもシステムの正常維持を管理しなければなりません。また突然の不具合やクライアントから内容の変更があれば、一からやり直しとなり、勤務時間が10時間になるのもよくあることです。

ソフトウエアの更新後の再調整

一般事務のようにクライアントやコラボをするチームがそろっていれば、仕事がスムーズに進行するものではありません。システムの構築をするエンジニアとして、ソフトウエアやOSの更新などがあれば、一度設計したシステムを再調整する必要があります。

重なるバグの修正

クライアントの要望に合わせてシステムを変更する場合にも、エラーが頻繁に起こりシステム全体を見直すことになるでしょう。一つのバグが解決できても、他に不具合が発生しては長時間の対応に追われます。

クライアントとの会議準備

上流工程を担当しているシステムエンジニアでは、技術面のほかにもクライアントに提案するプロジェクトの準備もします。クライアントへのプレゼンや会議の企画・準備も行わねばなりません。

人手不足

画像:Shutterstock

現代社会ではさまざまな情報通信システム続々誕生する中、システムエンジニアの数が追いつかない状態です。

未経験も募集するほど足りない

最近では未経験を募集している会社もあるほどです。しかし経験者でさえ大変と思うシステムエンジニアの仕事を未経験者がどれだけクリアできるか疑問になります。

実際採用してもわずかな報酬で雇われては継続できず、結局埋め合わせが難しい状況です。

そのため必然的に社内で割り当てられるシステムエンジニアの数が少なくなり、負担も重くなります。システム開発をするシステムエンジニアが少ないと、システム開発に時間かかかるだけでなく新たな構築や試みがしにくいです。

小学校でプログラミング授業を開始

人工知能の発達により、今まで以上に高度な情報技術開発が必要になることが予想されます。それに伴い2020年には小学校でプログラミング学習を義務付けました。柔軟に対応できる子供のうちから訓練することで、将来のシステムエンジニア育成を図っています。

クライアントとの関わり

画像:Shutterstock

システムエンジニアはクライアントがあってこそ成り立つ仕事です。しかし必ずしもクライアントとスムーズな契約ができるとは限りません。互いが同意するシステムを提供するのは、単にシステムを開発するよりも難しいことです。

クライアントの要望とのギャップ

クライアントの理想と、システムエンジニアが可能とする現実とのギャップが大きくなることがよくあります。後のトラブルを避けるためにも、相談や見積もり段階でクライアントがイメージできるようなわかりやすい説明が要求されるでしょう。

途中設計変更の要望

中には一度依頼した内容を途中変更するクライアントがいます。クライアントが高いお金を払ってまで委託するだけに、こだわりの設定を依頼するのはもっともです。

しかし開発がほぼ完成している場合は辛い状況となります。

アフターケアも大事

また納品後もクライアントとのコミュニケーションは大切です。システムの機能は順調であるか、困ったことはないかなど、定期的なアフターケアもベターな取引を続けるために欠かせません。

トラブルが発生しやすい

画像:Shutterstock

クライアントからの委託から納品まで、総括的な管理を任されるシステムエンジニアです。携わる部門が多いだけにトラブルも重なります。

それはシステムエンジニアとして切っても切れないクライアント、システム開発、チームとのやりとりが主な原因です。

クライアントとのトラブル

クライアントの立場になって最適なプロジェクトを提供しないと、スムーズに進行しません。クライアントが興味のないものを勧めたり、理解できないシステムを開発してはやり直しを要求されます。またクライアントへのこまめな説明は開発中でも欠かせません。

開発中のトラブル

主にシステム開発で悩まされるのがバグの発生です。開発中だけでなく、完成後も最新OSに対応しないソフトウエアが使えなくなる状況も出てきます。大きなプロジェクトであるほど多くのバグがつきもので、解決力も問われます。

人間関係のトラブル

チームの人間関係もシステムエンジニアの悩みどころです。さまざまなアイデアをシェアできる反面、意見が衝突しやすいのでプロジェクトが進行しにくい場合もあります。開発よりも、職場の雰囲気を和やかに保つのを大変だと感じる方も多いです。

システムエンジニアのやりがいとは

画像:Shutterstock

1つのプロジェクトを完成するには長い道のりのように感じますが、自分が開発したシステムが作動したり、クライアントから感謝されるときは今までの苦労が一気になくなります。

人のために役に立ったという実感が、自分のスキルアップや自信につながります。

開発やチームワーク、クライアントを通して忍耐力や解決力を養いながら、より良い仕事に発展できます。クライアントやチームが求めることを察知できたり、悩みに対応したりすることもこの上ない充実感です。

システムエンジニアはさまざまな人と関わるので、周囲と信頼関係を築きながら人脈を広げることができます。そのうちビッグなプロジェクトほどエキサイティングな仕事になり、システムエンジニアの魅力を新たに実感できるでしょう。

まとめ

システムエンジニアが大変な理由と仕事のやりがいについて解説しました。

初めて物事に取り掛かるときは、誰でも時間がかかるものです。常に情報のアンテナを張り続けるシステムエンジニアとなれば何倍も必要となるでしょう。

体力やリーダーシップ力なども必要なシステムエンジニアですが、多くの人に役立つシステム開発をしたい気持ちがあれば楽しさを見い出せます。たくさんの試行錯誤を繰り返すうちにシステムエンジニアになっていくものです。

より良い未来の社会に貢献するシステムエンジニアを目指して頑張ってください。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

深町 一雄

深町 一雄

元ウェブディレクター/編集者
メイン機はOS9時代からMac。
最近はUnityに興味があります。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説