AWS入門者〜上級者まで学べるおすすめ学習本6選


AWSの技術や使い方をじっくり学べる書籍はどれ?
自分の必要なAWSのサービスの使い方を学べる書籍を知りたい!

Amazonがリリースしているクラウドサービス「AWSアマゾン ウェブ サービスはさまざまなサービスの開発に活用されています。Webサイトの構築やアプリケーションの開発などに利用できるので、エンジニアならぜひ学んでおきたいツールの1つです。

とはいえ、AWSについて学べる書籍には多種多様なものがあるので、どれが自分のレベルに合っているのかわからないと感じるかもしれません。

そこで、この記事では数多く存在しているAWSについて学べる書籍を初心者向け・中級者向け・上級者向けに分けて紹介します。初めてAWSに触れる人向けの書籍もあれば、基本をすでに理解している人がステップアップするのに役立つ書籍もあるので、自分のレベルに合わせて最適な書籍を選びましょう。

初心者向け

初心者向けの書籍は、主に「これからAWSを学び始める人」や「AWSを使い始めたばかりの人」にピッタリのものです。まだAWSをよく理解していない人はここから学習を始めてみてください。

ゼロからわかるAmazon Web Services 超入門はじめてのクラウド

編集部コメント

この書籍は「超入門」と書かれている通り、AWSを使ったことがない人でも十分に理解できるように書かれています。したがって、これからAWSを使ってみようと考えている人におすすめです。

AWSのアカウントを取得してサーバを立ち上げ、Webサイトを構築するという手順を実践しながら学ぶという内容になっているので、初めてAWSを使う人でも無理なく基礎を学べるでしょう。各手順が画像つきで詳しく解説されているので、テキストだけでは理解しにくい場面でも安心です。

おすすめポイント
  • AWSやクラウドサービスを使ったことがない方におすすめしたい一冊

  • AWSでサーバーを立ち上げからWebサイトを構築する手順を解説している

  • 操作手順は画面キャプチャを交えて詳しく解説されている

 

Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド 改訂第2版

編集部コメント

AWSの基礎から実際の設計方法までを詳しく解説した書籍です。AWSとは何か、何ができるのかといった基本的な解説はもちろん、実際のサービスを構築する方法を複数のパターン別に詳しく解説しています。

そのため、この本に書かれていることを一通り学んで実践してみればAWSの基本的な知識をつけられるでしょう。入門向けの書籍だけあって、扱われているサービスは基本的なものがほとんどなので、AWSの基礎を学びたいと考えている人にピッタリです。

おすすめポイント
  • インフラの知識のある方がAWSにチャレンジするときにおすすめ

  • AWSの基礎から構築や運用のノウハウを解説している

  • ハンズオンが豊富で実際に手を動かして学べる

 

中級者向け

次に中級者向けの書籍を紹介します。中級者向けとは「ある程度AWSについて理解している人」や「少しAWSを触ったことがある人」が対象となるものです。

AWSの基本は知っているので少し踏み込んだ学習をしたいという人はこちらをチェックしてみてください。

Amazon Web Services 業務システム設計・移行ガイド

編集部コメント

この書籍はすでにあるシステムをAWSを使ってクラウドに移行する方法をテーマにしたものです。そのため、業務で使えるより実践的な内容を学べるでしょう。

取り扱っている内容はシステム全体の設計方法を始めとして、ネットワークの構築方法や移行する際の注意点、完成したシステムの運用方法まで網羅されているのでステップアップに最適です。AWSを利用したシステム構築をするなら一通りチェックしておきたい書籍といえるでしょう。

ネットワーク利用を利用する際に切り離せないアクセス権限の管理方法なども詳しく解説されていて、クラウドに移行する際に迷いがちなポイントをしっかり学べるでしょう。

おすすめポイント
  • すでに運用されているシステムをAWS環境に移行する方法をテーマにした一冊

  • 業務で使える実践的な内容を解説している

  • 注意点や移行後の運用方法までクラウド移行で大切なポイントがしっかり学べる

 

Amazon Web Services実践入門

編集部コメント

AWSの基本的な機能の使い方を解説した書籍です。システムを運用するのに必要になる基本的な機能を学べるのでとてもおすすめです。とはいえ、ある程度AWSの知識があることを前提に書かれているので中級者向けの書籍といえるでしょう。

マネジメントコンソールやAWS CLIの実際の使用例もしっかり載っているので、しっかり理解すればAWSの基礎からちょっとした応用までしっかり理解できます。掲載されている手順に従って作業し、AWSの仕組みを学んで理解してください。

ただしAWSは頻繁にアップデートされ、さまざまな機能が追加されていくのでどうしても書籍の情報が古くなりがちです。そのため、この書籍で基本を学んだら最新版のAWSで何ができるのかをチェックし、実践を積んでいきましょう。

おすすめポイント
  • AWSをある程度理解した方が基本機能の理解を深めるのにピッタリな入門書

  • マネジメントコンソールやAWS CLIの使用例を丁寧に解説している

 

上級者向け

続いて上級者向けの書籍を紹介します。すでにAWSを利用していて、より高度な技術を学びたい人向けなので、自分の技術を高めたい人はぜひチェックしてみてください。

Amazon Web Services クラウドデザインパターン設計ガイド

編集部コメント

この書籍はAWSとネットワークの知識があることを前提に書かれたパターン集です。

主にAWSのサービスを利用してサービスを構築する方法について紹介されていて、全部で57の実例が掲載されています。そのため、すでにAWSを利用している人がこの書籍を読めば、何らかの新たな発見があるかもしれません。

自分だけでは気づけなかったら設計方法を学んだり、設計時に注意したいポイントをチェックしたりするのに役立つので、よりAWSのスキルを向上させたい人は必見です。複数のパターンを組み合わせることで新たなひらめきがあるかもしれません。

おすすめポイント
  • AWSでの構築における48個のデザインパターンを紹介した設計ガイド

  • AWSとネットワークの知識がある方におすすめの一冊

  • 課題・クラウドでの解決策・実装例という流れで解説されていて、わかりやすい

 

シナリオで学ぶパブリッククラウドAmazon Web Services 設計&開発ガイド

編集部コメント

この書籍はAWSの特性を生かしてどのようにサービスを設計するのかを紹介しています。

既存のシステムをAWSに移行させる手段はもちろん、開発スピードを上げたりコストを削減したりする方法についても詳しく記載されているので、AWSについてしっかり理解した上で読むと勉強になるでしょう。

ほかにも頻繁なアップデートに対応する方法など、より使いやすく運用しやすいサービスを構築する際にも役立ちます。AWSのより効率的な使い方を知りたい人、高度な技術を学びたい人はぜひチェックしてみてください。

おすすめポイント
  • AWSの特性を活かしたサービス設計を紹介した開発ガイド

  • 実務のシナリオをベースに設計や開発方法を解説している

  • AWSへの移行からコスト削減など現場の課題に1つの答えをくれる

 

まとめ

クラウドサービスはますます発展し、今後も多くのサービスで使われていくことでしょう。その根幹を担う技術の1つ「AWS」はエンジニアとしてキャリアアップするのにぜひ学んでおきたいものです。

今回はAWSについて学べる書籍を初心者向け・中級者向け・上級者向けに分けて紹介しました。初めてAWSに触れる人でも初心者向けから上級者向けまで順番に一通り学べばAWSの深い知見を得ることができるでしょう。

この記事で紹介した初心者~上級者の対象者は以下の通りです。

  • 初心者: 初めてAWSについて学ぶ人、AWSを知らない人
  • 中級者: AWSやネットワークの基本をある程度理解している人
  • 上級者: すでにAWSを利用して何らかのサービスを構築したことがある人

これからますます重要になっていくと予想されるAWSについて今のうちに学んでおくことをおすすめします。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら