プログラミング入門者におすすめの言語がJavaScriptである理由

プログラミング入門は JavaScriptできまり!


プログラミング入門にはどんな言語が良いのか。
将来的にWebアプリやサービスなどを開発していきたい。
どのように学習を始めれば良いんだろう?

これから本格的なプログラミングを始めようと考えている人、またはHTML/CSSの基本を身につけて次のステップを考えている人、Webアプリやサービスなどを開発したいと考えている人など、さまざまなケースがあると思います。

このような目的に向かってまず最初に学ぶべきプログラミング言語とは何なのでしょうか?

そこで、本記事ではJavaScriptをテーマにして学ぶためのステップを解説します

なぜ、JavaScriptなのか? どんなものを作れるのか? 学習方法はどうすればいいのか?

この記事では初心者でも今日からJavaScriptを学ぶための基礎知識について分かりやすく解説していきますので、ぜひ最後まで読んで理解を深めて頂ければ幸いです。

JavaScriptがおすすめの理由

この章では、JavaScriptを最初に学習した方が良い理由について見ていきましょう。理由を知ることで、同時にJavaScriptの大きな特徴についても学べることに繋がります。

絶対避けては通れない言語

Webページは基本的にHTML/CSSで構成されており、その中でユーザーアクション・グラフィックの描画・サーバーとの通信など……インタラクティブな要素をJavaScriptが担っています。

このような背景から、Web開発にはHTML/CSS/JavaScriptの3つは必須事項と言っても過言ではありません。つまり、RubyやPythonなど他のプログラミング言語を学習したとしても、この3つの言語については必ず学習する必要があるわけです。

なかでもJavaScriptをマスターすれば、後述するようにフロントエンドからバックエンドまでWebアプリやサービスのすべてを制御することも可能な奥深い言語でもあります。そのため、プログラミングの入門としては最初に学ぶべきであり、末永く使い続けられる言語とも言えるでしょう。

実行エンジンはブラウザに標準搭載

JavaScriptを学習するうえで必要なものは、基本的にブラウザだけあれば良いという手軽さも魅力の1つです。なぜなら、JavaScriptを実行するためのエンジンはすでにブラウザに搭載されているからです。

他の言語であれば、まず開発環境を整えることから始めなければいけないわけですが、JavaScriptの場合はすでにブラウザが標準で準備してくれているわけです。その証拠に、ブラウザの開発者ツールを起動させればすぐにでもJavaScriptのコードを書いていくことができます。


Chromeブラウザの開発者ツールを起動した画面

開発者ツールは、主にWebページのデバッグなどを目的に搭載されているのですが、簡単なJavaScriptを書いて実行させる機能も備わっています。学習用途であれば、いちいち開発環境を準備しなくてもすぐに試せるので重宝するでしょう。

ちなみに、開発者ツールの基本的な使い方やデバッグの手法を学びたい方は次の記事で体系的にまとめているので参考にしてみてください!

【JavaScript入門】Chromeブラウザを使ったデバッグ方法まとめ!
更新日 : 2018年5月21日

フロントエンドからバックエンドまで

JavaScriptのユニークなところは、フロントエンドだけでなくサーバー側のバックエンドまで丸ごと制御できるという点です。主に、Node.jsというJavaScript環境によって実現しているわけですが、ほとんど同じ構文を使えるのは強力な武器になるでしょう。

また、ある機能に特化したライブラリや、Webアプリを効率よく開発できるフレームワークなどのエコシステムが豊富に提供されているのも大きな強みとなります。


JavaScriptの概要図

例えば、JavaScriptを簡潔に記述できるjQueryを始めとするライブラリ、ReactAngularなどに代表されるフレームワーク、Node.jsを簡単に制御できるExpressのようなモジュールまで、とても幅広くエコシステムが構築されているのが魅力です。

JavaScriptで作れるもの

この章では、JavaScriptを使って実現できるプロダクトの事例について見ていきましょう。

JavaScriptを学習するにあたり、どんなものを作ることができて、自分がイメージしているものを実現できるのかをあらかじめ確認しておきましょう。

WebアプリやWebサイトの開発

JavaScriptを使ったプロダクトでまず思いつくのはWebサイトやWebアプリの開発でしょう。昨今のWebページでJavaScriptが使われていないサイトを探すほうが難しいくらいに、基本的にJavaScriptはあらゆるサイトで使われています。

JavaScriptには多彩なWeb技術を活用できる仕組みが用意されているのも大きな特徴です。

例えば、Ajaxを利用した非同期通信を活かしてGoogleマップのようにインタラクティブな地図を開発したり、WebRTCを活用してリアルタイム双方向通信を実現したチャットアプリや、WebGLを駆使して3Dグラフィックを描画するページなども開発できます。


JavaScriptで実現できるもの

他にも、UnityやPlayCanvasのような3DゲームエンジンなどでもJavaScriptを活用できたり、さまざまなWeb APIを利用した第三者サービスとの連携もできる柔軟さは魅力的でしょう。

スマホアプリ・デスクトップアプリの開発

一般的なスマホアプリは、iOSならSwiftであったりAndroidならJavaを利用して開発が行われています。しかし、これらのスマホアプリはJavaScriptでも開発することが可能です。

もっとも簡単なのはWebベースの開発環境【Monaca】を利用することでしょう。


引用元:Monaca https://ja.monaca.io/

これまで勉強してきたJavaScriptをそのままスマホ開発に活用することが可能で、Web標準の技術も十分に利用できます。さらに「プッシュ通知」や「データベース」などアプリ開発に必要なツールもブラウザから利用できるので開発効率も向上します。

さらに、最近ではスマホアプリよりもPWAの開発を行う傾向も強くなっています。これは、Webアプリをそのままスマホに最適化した状態で利用できるようにする仕組みです。これなら、本当の意味でJavaScriptによるアプリ開発が実現するわけです。

また、デスクトップアプリを開発するならElectronを利用することで、同じくWebアプリを開発するのと同じ感覚で作業ができます。

IoT開発

JavaScriptを活用すれば、人気のIoTの開発も行うことができます。

例えば、Raspberry PiにはLinuxが搭載されているので、JavaScriptやNode.jsによる制御が可能になります。これにより、ロボットや画像認識など最新技術を活用することができます。

また、JavaScriptを前提に動作するシングルボードコンピュータも最近は人気があり、例えばMicro:bitやObnizなどはその代表的な存在と言えるでしょう。


JavaScriptが使えるシングルボードコンピュータ

このようにIoT開発にもJavaScriptはどんどん活用されるようになっており、Web開発の技術をそのままハードウェアにも利用できるようになっているわけです。

さらに、JavaScriptでハードウェアを制御して、なおかつJavaScriptで開発したWebアプリと連携したサービスを展開するようなケースも今後は増えてくるでしょう。

JavaScriptの学習方法

この章では、JavaScriptをこれからどのように学習していけば良いのかを見ていきましょう。

主に、動画やインタラクティブなコンテンツで学べるものを中心に、初心者でもわかりやすい国産サービスをいくつかご紹介しておきます。

ドットインストール


引用元:ドットインストール https://dotinstall.com/

プログラミングの学習を3分という短時間の動画で学習できるのが特徴で、いくつかのシリーズを数十個のカテゴリにまとめられています。

言語だけでなく、Webサイトの作り方、スマホアプリの作り方、ゲームの作り方など大きなカテゴリも提供されており、自分の作りたいものを手軽に学習できる環境が揃っています。

Paizaラーニング


引用元:Paizaラーニング https://paiza.jp/works

プログラミングや最新のIT技術・セキュリティなどを動画で学習できるサービスで、声優を起用した質の高いカリキュラムが魅力的です。

また、このサービス以外にもかわいいキャラクターを使ったゲーム感覚で学習できる教材も豊富に提供されているので、初心者にはもっとも最適なサービスと言えるでしょう。

Progate


引用元:Progate https://prog-8.com/

テキストや動画に加えて、実際にコードを入力しながらどのように実行されるのかをインタラクティブに学べる講座を提供しているのが大きな特徴のサービスです。

Webプログラミングを実現するさまざまな言語を幅広く学習できるように設計されており、初級→中級→上級へと段階的にステップアップできるように可視化されているのも魅力的です。

まとめ

今回は、プログラミング入門におすすめなJavaScriptの基礎知識について学習しました。

最後に、もう一度ポイントをおさらいしておきましょう!

  • JavaScriptはブラウザ1つあればすぐにでも学習を始めることができる
  • JavaScriptはWebアプリ・スマホアプリ・IoTなど幅広く開発ができる
  • JavaScriptを学べるWebサービスがいくつか提供されている

上記内容を踏まえて、ぜひ自分でもプログラミングに取り入れて活用できるように頑張りましょう!

LINEで送る
Pocket

SEからWebエンジニアへ転職した理由

侍エンジニア塾卒業生の小池さんは、以前は社内SEとして約5年ほど勤務していました。しかし業務内容は社内のヘルプデスク対応など、プログラムを書く仕事は全くなかったそうです。

SEながらプログラムを書けない現状に「将来仕事がなくなるんじゃないか」と不安を感じ、プログラミング学習を決意。

弊社スクールで学習し、無事ベンチャー企業のプログラマーとして転職に成功しました。そんな小池さんの学習法や転職体験談を伺いましたので、是非ご覧ください。

「プログラミングができないSEは仕事がなくなる」不安を感じたSEが未経験から転職成功するまで
更新日 : 2019年10月7日

書いた人

マサト

マサト

JavaScriptが大好きで、趣味も仕事もJavaScriptを中心に活動していたら、いつの間にかフリーランスになってました。
30代になってからプログラミングを始めた経緯があり、分からないことだらけだった経験を踏まえて、読者に分かりやすい記事制作をモットーにしています。
JavaScript以外の趣味は、旅をしながらの街歩きや登山など。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説