未経験からWebエンジニアとしてフリーランスデビューできるの?

未経験からフリーの Webエンジニアになる方法

未経験だけどフリーランスのWebエンジニアになれるの?
未経験からWebエンジニアになるにはどうすればいいの?

業界未経験で、これからフリーランスのWebエンジニアになろうと考えている方は、このような疑問をかかえているのではないでしょうか?

フリーランスのWebエンジニアになればノマド的な働き方も可能ですし、融通がきく働き方もできます。しかし、Webエンジニアになるためには必要なスキルの習得が必須です。

そこで、ここではWebエンジニアの概要から実際になるための必要なスキルと学習方法などについてわかりやすく解説していきます。

そもそもWebエンジニアとは

画像:Shutterstock

Webエンジニアとは、Webブラウザ上で動くアプリケーションやWebサイトなどのサービスを開発するためのエンジニアです。

案件によってはサービスの設計から携わったり、サイトのデザイン込みで担当することもあります。

Web上でサービスを展開する企業は年々増えてきており、Webエンジニアの需要は増えてきています。そのため、今後も仕事がなくなることは考えにくいでしょう。

Webエンジニアは未経験でもフリーランスになれるの?

画像:Shutterstock

未経験からWebエンジニアとしてフリーランスデビューすることは可能です。しかしWebエンジニアに限らずフリーランスは即戦力が求められます

仕事を請け負うからにはその仕事を完遂しなければいけない責任があるため、それに見合うスキルを習得している必要があります。

そのため、準備期間にしっかりとWebエンジニアとして必要なスキルは身につけおきましょう。

必要なスキルについては次項で紹介していきます。

Webエンジニアになるためには

画像:Shutterstock

必要なスキルを習得しよう

HTMLとCSS

HTMLとは、Hyper Text Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)の略で、Webページを作成するためのMarkup(マークアップ)言語となります。

WebページはこのHTMLという言語(文字)によって作られています。

CSSとは「Cascading Style Sheets」の略で、ホームページの見た目を整えるための言語です。

プログラミング言語

Webサービスを開発するために特化したプログラミング言語も習得しておく必要があります。それぞれみていきましょう。

Ruby

Rubyは1995年にまつもとゆきひろ氏によって開発されたオブジェクト指向スクリプト言語です。

RubyではWebサイトやショッピングサイト、WebアプリケーションやSNSの開発などの用途で幅広く使われています。

WebサービスはRubyでほとんど作れますし、フレームワークであるRuby on Railsを使うことで開発を効率化できます。

PHP

PHPは1996年ごろに登場したプログラミング言語で、サーバーサイドのスクリプト言語です。WEBサービスやWEBアプリ開発に使用され、世界中で人気の言語になっています。

PHPはWordPressで使われていたり、ECサイトを構築する際にPHPがよく使われています。

JavaScript

JavaScriptは1995年に開発され、当初はWebサイトに動きをつけるために開発された言語です。

近年はWebサイトやアプリを開発をする上で無くてはならない存在になっており、昨今のWebサイトのほとんどにJavaScriptが使われています。

主にWebサイト・アプリ・サービスの開発に使われますが、他にもデスクトップアプリやスマホアプリ、ゲーム、IoTなどさまざまな用途での利用が可能となっています。

SQL

SQLエスキューエル)とは、リレーショナルデータベースに蓄積したデータを操作したり定義するためのプログラム言語です。

幅広い開発の分野で利用されており、SQLを扱うことで大量データが登録されたデータを効率的に取得・更新・削除・追加することができます。

1度習得してしまえば他のどのプログラミング言語でも組み合わせて利用することができます。

独学で学ぶ場合

画像:Shutterstock

独学で学ぶ場合は参考書を購入して勉強したり、Webブラウザ上で動作確認ができるサービスを利用する手段があります。

しかし独学で勉強する場合、

  • 意外と時間的コストが掛かる
  • モチベーションを維持しずらい
  • どこまでスキルが身についているか判断しずらい
  • わからないことは自力で解決する必要がある

などのデメリットがあります。

とくに忙しい社会人の場合、参考書の内容を最初から最後まで理解しようとすると膨大な時間が掛かるため、いつまで経っても勉強が終わらない可能性があります。

わからないことがあっても相談できる相手がいなければ自力で解決する必要があります。すぐに解決できれば良いのですが、中にはなかなか解決できずにそのまま挫折してしまう……。なんてこともあり得ます。

また、独学で学んだ場合、採用する企業もどこまでスキルが身につけているか不明確なため、応募時に落とされる可能性も十分にあります。

そのため、アウトプットの場としてポートフォリオなど作成しておく必要があります。

スクールで学ぶ場合

画像:Shutterstock

独学での学習に自信がない場合はプログラミングスクールに通うことをおすすめします。

スクールに通うメリットとしては以下が挙げられます。

  • 独自のカリキュラムで効率よく学べる
  • わからないことはすぐに確認できる
  • オンラインでも学習可能

スクールによってはわざわざ教室に通わなくても、ネットさえ繋がればどこでも受講できるタイプのオンライン型もありますので、会社勤めで時間が取れない方にもおすすめです。

転就職に強い!未経験からプログラマーになれるおすすめスクール10選
更新日 : 2019年7月31日

Webエンジニア向けの仕事を探そう

Webエンジニアとして十分なスキルを身についたら実際に仕事を請け負って実績を積みましょう。

フリーランス向けの案件を簡単に探す方法としては、以下の2つがあります。

  • クラウドソーシングサービスを利用する
  • フリーランス向けの案件紹介サービスを利用する

クラウドソーシングサービスは個人で請け負う在宅型の案件が多いですが、単価は低い傾向です。

フリーランス向けの案件紹介サービスは求人数も多く単価が高い案件もあっておすすめですが、初心者ではいきなり手を出しづらいかと思います。

もし、いきなり仕事を請け負う自信がないならエージェントサービスを利用して相談したり、クラウドソーシングサービスで実績を積んでからチャレンジしてみても良いでしょう。

フリーランスエンジニアとして働くためには

画像:Shutterstock

将来はエンジニアとして働きたい
フリーランスとして自由な働き方がしたい
どんな言語が向いているか詳しく知りたい

このような悩みや願望を持っている方は、弊社「侍エンジニア塾」をご利用下さい。

侍エンジニア塾では、

  • 現役エンジニアによるマンツーマンレッスン
  • キャリアアドバイザーによる転職・就職支援
  • 業界屈指のフリーランス・起業サポート

を受けることができます。

専属のコンサルタントから、効率的な学習方法や仕事獲得術、今後のキャリアまでさまざまな疑問を相談してみませんか? 遠方の方でもオンラインで受講できます。お気軽にご連絡ください。

侍エンジニア塾
無料体験レッスンを受ける

まとめ

ここでは未経験からフリーランスWebエンジニアになるための方法を紹介しました。

最近ではエンジニアになるための学習環境が整ってきていますが、やり方を間違えると学習段階で挫折する可能性があります。

もし、あなたが最短でスキルを身に着けたいなら独自のカリキュラムで効率よく学べるプログラミングスクールを利用することをおすすめします。

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

ヤマシタ

エンジニア歴10年のフリーランスエンジニア。ITに関わるさまざまなコンテンツの企画・制作も行っています。
ITに関してはノウハウ系、ライフハック系、トレンド系など、200本以上の執筆経験があります。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説