スライドショースライドショースライドショー

【目的・年齢別】エンジニアが知っておきたいキャリアアップの考え方

年代・目的別エンジニア のキャリアアップ戦略

こんにちは。侍エンジニア塾の中川です。

さっそくですが、あなたはいまの環境に満足していますか?

キャリアアップして高収入を得たい!
理想のキャリアを歩みたい!
将来性のある人材になりたい!

などなど、エンジニアとして今の環境に満足している方はあまり多くないのではないでしょうか?

よっぽどのことがない限り、何かしらの不満や改善点などがあると思います。そんな悩みを解決するために必要なのが、エンジニアとしてキャリアアップすることです。

この記事では、エンジニアの方に知っておいてほしいキャリアアップの考え方についてご紹介します。

いま漠然と環境を変えたいと考えているならば、その考えをより具体的なものにすることができますよ。ぜひ今後のキャリア設計の参考にしてください。

ではいってみましょう!

エンジニアのキャリアとは?

画像:Shutterstock

そもそもエンジニアにとってのキャリアとはどんなものでしょうか。少しだけ考えてみてください。

いま働いている環境を不満を持ちながら定年まで続けていく。このようなことになってしまったら働くことが苦痛になってしまいますよね。

日本ではあまり転職がいいこととして捉えられていませんが、IT業界に関してはいくつかの企業を渡り歩き理想のキャリアを築くというのが一般的です。

そのため、いまの環境に不満があるのならば転職を視野にいれたキャリア戦略を練ることが重要になります。

年齢から見るキャリアアップの考え方

画像:Shutterstock

ではエンジニアのキャリアアップについて考えていきましょう。

大前提として、エンジニアは年齢によってすべき事や求められるものが全く変わってきます。そこでここからは年代別でキャリアアップの考え方を解説していきます。

20代のエンジニアがキャリアアップするには?

20代のエンジニアは、条件よりも何を得られるかで企業を選択すると良いでしょう。企業側もプレイヤーとして採用することを視野に入れているので、経験を積むのにもってこいな状況です。

20代のうちにキャリアプランを具体的に決めて、30代で理想のキャリアを築くためには、どんなスキルや経験が必要なのか明確にしておきましょう。

注意したいのが、特に何も考えずに年収などを重視して転職を繰り返すことです。たしかにIT業界は転職しやすい業界ですが、20代で5社以上退社しているような経歴だと、転職活動も難しくなるでしょう。

30代のエンジニアがキャリアアップするには?

30代での転職になると、エンジニアとしての道は2つに分かれます。それは、技術職としてスキルを磨き「スペシャリストになる道」とプロジェクトを円滑に進めるようディレクションする「マネジメント側になる道」です。

多くのエンジニアはこれまでの経験を活かせるスペシャリストの道を選びがちですが、ここで企業側とのギャップが生まれてしまうのです。

というのも企業は30代で経験豊富なエンジニアには、周りを引っ張ることができる即戦力を望みます。そのため、必然的にマネージャーを念頭にいれたプロジェクトリーダーのような役割を求められるでしょう。

もちろんマネジメントが悪いというわけではありません。収入面で考えても、かなりのキャリアアップが望めるでしょう。

しかし、ここで重視してほしいのは自身がどんなエンジニアになりたいのかということです。

マネジメント側に移ると、人の管理に追われたり、責任を負ってしまうことが増えるので30代を目処に将来的にどちらの道に進みたいのかを決めて転職を行いましょう。

40代のエンジニアがキャリアアップするには?

40代になると、ほとんどの企業はマネージャーとしての役割を求めるでしょう。そのため、これまでにどのような経歴や経験があるのかが非常に重要となります。

この年齢でのキャリアアップを目指すならば、大手企業だけでなくベンチャー企業なども視野にいれると高待遇での転職が望めます。

というのもベンチャー企業は圧倒的に人材が不足しています。特にマネージャークラスの人材は容易に雇用できないため、経歴しだいでは大手企業以上の条件で転職することもできる可能性があります。

目的からみるキャリアアップの考え方

ここまで、年代別のキャリアに関する考え方をご紹介しました。次に目的からみた場合のキャリアについて解説いたします。

高収入を望むなら

画像:Shutterstock

エンジニアとして高収入を望むなら、今後どのような分野が伸びるのかを想像し、常にトレンドとなるであろう技術を身に付けなくてはなりません。

例えば、

  • 人工知能
  • ビッグデータ
  • VR/AR/MR
  • IoT

といった技術は今後必ず伸びていくと予想されています。これらのスキルを早い段階で身に付けておくことで、高条件の案件を獲得できるようになります。

扱えるエンジニアが少ない今の段階で、これらのスキルを身に付けてしまえば、その分野のスペシャリストとして活躍できるでしょう。

まずは、どの分野に進みたいのかを決めて、それらの技術を扱う企業への転職を目指しましょう。そこで経験を積み、キャリアアップを目指すのが高収入獲得の近道となります。

安定を望むなら

画像:Shutterstock

将来的な安定を望むのなら、20代のうちにシステムエンジニアとして経験を積み、30代でマネジメントスキルを伸ばしていきましょう。

IT業界はいままでPMとして活躍されていたエンジニアの方が引退しつつあり、マネージャークラスのエンジニアが不足しています。そのため、マネジメントスキルを身に付けておけば、転職は容易に行えるようになるでしょう。

自由を望むなら

画像:Shutterstock

リモートワークやフレックスで働きたいなら、システムエンジニアではなくWebエンジニアを目指しましょう。Webエンジニアは、近年需要が高まりつつある職業でベンチャー企業が多いため、リモートワークやフレックスなど面白い福利厚生を実施している企業が多いです。

年収に関しても、Webエンジニアはシステムエンジニアのように下請け構造になっていることが少ないので、比較的高い傾向にあります。こういった面を踏まえても自由な働き方を目指すならWebエンジニアがおすすめです。

またWebエンジニアの領域は、フリーランスとして独立した際に案件を獲得しやすいという特徴もあります。

そのため、完全な自由を目指すなら、

  1. プログラマとして経験を積む
  2. Webエンジニアに転職する
  3. フリーランスとして独立する

といったようにキャリアアップと共に職種自体を変えていくといいでしょう。

なかには最初からフリーランスとして活躍したいという方もいらっしゃいますよね。簡単ではありませんが、未経験からでもフリーランスエンジニアになることはできます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

未経験からフリーランスエンジニアとして仕事獲得するまでの全手順
更新日 : 2019年11月5日

エンジニアとして理想のキャリアを歩むためには?

画像:Shutterstock

ここまでキャリアアップの考え方を年代別・目的別に解説してきましたが、エンジニアとして理想のキャリアを歩むためには、具体的なキャリアプランが必要になります。

まだ明確なキャリアプランがないという方は、まずはじめにプランを立ててみましょう。こちらの記事を参考にしていただけると、具体的なキャリアプランを立てることができますよ 。

エンジニアにキャリアプランは必須! 成長を実感できるプランの考え方
更新日 : 2019年8月3日

キャリアプランを意識した戦略が必要

具体的なキャリアプランを立てることができましたか?

ではそのキャリアプランを実現するために、

  • どんなスキルが必要なのか
  • いつまでにスキルを身につければいいのか
  • それは実現可能なのか

などを洗い出してリスト化しましょう。その後、重要項目に期日を設けておくことで達成率がぐんと上がるのでおすすめです。

ただキャリアプランを立てるだけでなく、戦略的にキャリアを歩むことが大切なので今の自分が頑張れば達成できるような期日を設けましょう。

妥協せず納得できるキャリアプランを立てよう

キャリアプランは理想のエンジニアになるために立てるものです。

現状からみてこうなるのは無理そうだから無難な目標にしよう……。

といった妥協や遠慮は必要ありません。そのような目標を立てても達成感を得ることはできないですよね。

無理そうだと感じる目標でも、どうすれば達成できるのか必要な要素を洗い出せば大抵のことは実現できます。あなたが納得できるキャリアプランを立てるように心がけましょう。

明確なキャリアプランが見つからない時は…

画像:Shutterstock

エンジニアになりたてで具体的なキャリアプランが決められない。
これから目指すけど明確なプランは決めてないな。

エンジニアになりたての方やこれからエンジニアを目指す人にとって、今の段階で具体的なキャリアプランを作るのは難しいですよね。ここまでに解説した通り、エンジニアにとってキャリアプランは非常に重要です。

しかし、あまりにも現状と乖離したキャリアプランを立てても意味がありません。キャリアプランは現実的かつ明確である必要があります。

なかなかキャリアプランが決められないという方は、一度プロに相談することをオススメします。例えば、これからエンジニアを目指すのであれば、転職エージェントなどを活用することでプロのキャリアコンサルタントに相談することができます。

プロに相談することで現実的かつ具体的なキャリアプランを立てることができます。

もし、転職エージェントなどを活用するのが面倒だと感じるなら、弊社侍エンジニア塾無料体験レッスンをご利用ください。

あなたのキャリアに対する悩みからプログラミング学習や業界知識などさまざまな不安・疑問などに専属コンサルタントがお答えいたします。無料体験レッスンを受けることで、あなたのキャリアをより具体的にすることができますよ

下記のカレンダーから簡単にご予約いただけます。お気軽にご利用ください(オンラインでも受講いただけます)。

まとめ

画像:Shutterstock

いかがでしたか?

キャリアアップを目指すといっても、目的や年代などによって行うべきことは異なります。あなたの状況と照らし合わせて最適なキャリアアップを目指してください。

この記事があなたの役に立てたなら幸いです!

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

ナカガワダイキ

ナカガワダイキ

■筆者について
他業種からIT業界へ転身しました。
初心者目線で誰でもわかりやすい記事の執筆を心がけます。
■プログラミングに対して一言
プログラミングは人生を変えるスキルだと思います。このブログからプログラミングに興味を持っていただける方が1人でも増えれば嬉しいです!
■好きなプログラミング言語
Swift
■フォローしているエンジニア
KBOYさん、KENTAさん

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説