スライドショースライドショースライドショー

現役エンジニアも実際にやっている年収を上げるコツを具体的に解説

エンジニアが実際に やっている年収の上げ方

今のエンジニアの仕事、忙しさの割に年収が低い!
転職するのもいいけど他に年収を上げる方法ってあるのかな?

労働時間が長く、 きつい仕事になりがちなのがエンジニアです。上記のようなお悩みを抱えているエンジニアの方は多いのではないでしょうか?

そんな人のために、この記事では現役のエンジニアである私が、実際に年収アップを実現したエンジニアの実例を交えつつ、

  • 転職」を前提としたエンジニアの年収を上げる方法
  • フリーランスとして「独立」を前提としたエンジニアの年収を上げる方法
  • 転職も独立もせず「現職のまま」年収を上げる方法

以上の3点について書いていきます。

エンジニアの平均年収は?

画像:Shutterstock

まずは、エンジニアの平均年収について見ていきましょう。

エンジニアといっても幅が広く職種はいくつもあります。ここでは 「doda職種図鑑」 に掲載のある代表的な3つの職種をピックアップしてご紹介していきます。

Webエンジニアの平均年収

WebサイトやWebサービスなどの構築が主な仕事であるWebエンジニアについて見ていきましょう。

Doda職種図鑑によればWebエンジニアの平均年収は「430.9万円」です。

引用元:doda職種図鑑  https://doda.jp/guide/zukan/046.html

また、年収アップのチャンスを見てみると、平均年収よりも多い「年収500万円以上」の層は全体の3割ほどのため、比較的年収アップはしやすい職種であると言えます。

社内SEの平均年収

続いては企業の経営課題や事業課題を、システムの導入・改修によって解決する職種「社内SE」です。

同じくdoda職種図鑑によれば社内SEの平均年収は「466.1万円」です。

引用元:doda職種図鑑  https://doda.jp/guide/zukan/052.html

エンジニアの中でも平均年収は高い傾向にある社内SEですが、こちらも年収アップの可能性は十分にあり、36%と全体の3分の1以上の層が年収500万円以上を稼いでいます。

アプリケーションエンジニアの平均年収

最後はスマホなどのアプリを開発する職種、アプリケーションエンジニアです。

Doda職種図鑑によれば、アプリケーションエンジニアの平均年収は「456.6万円」です。

引用元:doda職種図鑑  https://doda.jp/guide/zukan/047.html

こちらも全体の36%が年収500万円以上を稼いでおり、後述する方法を駆使すれば年収アップが叶いやすい職種であるといえます。

エンジニアが年収を上げるために心がけるべきこと

上記のようにエンジニアは年収を上げやすい職種であると言えますが、具体的な方法を説明する前に心がけておくべきことを3つご紹介します。

具体的にいくら年収を上げたいのか決める

まず、具体的にいくら年収を上げたいのか目標を決めましょう。

具体的な金額はもちろんですが、なぜその金額が必要なのか(欲しいのか)までを明確にしておくことで、モチベーションの維持に繋がり、実現しやすくなります。

たとえば、今よりももっと広い部屋に越して貯金もしたいので「現在の年収+60万円(月給にして5万円)必要だ」というように、具体的な目的・金額を設定しておきましょう。

いつまでに実現したいのか決める

続いては「期限」を設定しましょう。

期限を決めないとずるずる行って、結局1年経って2年経ってまた「年収上がらないなぁ」と悩むことになり、負の無限ループに陥ります

たとえば転職して年収を上げたいと思うなら「3ヶ月以内に転職先を決める」のように期間を具体的に設定することで、集中して取り組むことができ、結果として年収アップが叶う可能性も高まります。

転職か独立か現職のままか決める

最後に、具体的にどんな方法で年収アップをしたいのか?を決めておくことが重要です。

エンジニアの年収アップ法には、

  • より年収の高い企業に転職する
  • 独立してフリーランスになる
  • 現職のまま年収アップを目指す

と、大きく3つの方法があり、それぞれやり方が異なります。

このあと順番に解説していきますので、それぞれやり方を確認し、自分に合った方法で年収アップを目指しましょう。

「転職」を前提としたエンジニアの年収を上げる方法

画像:Shutterstock

まずはより年収の高い企業へ「転職」することで年収を上げる方法からご紹介していきます。

転職エージェントに登録

まずは転職エージェントに登録し、年収をはじめ、その他自分の望む条件をきちんと伝えましょう。

転職エージェントは、その条件をもとにあなたに最適な求人情報のみをピックアップしてくれるので自分で探す手間を大幅に省けるというメリットがあります。

しかも、企業とのつながりが深く推薦してもらえるので、内定をもらいやすいという側面もあり、多忙なエンジニアにはぴったりのサービスです。ぜひ活用しましょう。

転職に有利なスキルを習得

続いて転職エージェントに紹介してもらった求人のうち、志望度の高い企業が求める条件をコンサルタントにヒアリングしましょう。詳細に教えてくれるはずです。

そして、現在の自分のスキルと照らし合わせて足りない部分を、スキルアップして補っていきます。学習書やインターネット上の学習サイトを使って独学したり、スクールに通ってもOKです。

クラウドソーシングなどで副業で仕事を受けて収入を得つつスキルを磨けば、履歴書に実績として記載ができるようになるので一石二鳥です。

しっかり対策して面接に臨む

上記の足りないスキルを補うことはもちろんですが、面接対策もしっかりしておきましょう。転職エージェントでは、案件の紹介などの他に企業個別の面接対策をやってくれるところがほとんどです。

面接の際に過去どんなことを聞かれたか、スキル以外ではどんなことが重視されるか、職場の雰囲気はどうか等、内定をもらうための様々なヒントがもらえます。

こうした対策もしっかり行った上で、面接に臨みましょう。

フリーランスとして「独立」を前提とした年収を上げる方法

画像:Shutterstock

続いてはフリーランスのエンジニアとして独立して年収を上げる方法について解説していきます。

まずは「数」をこなす

クラウドソーシング等のサービスを利用し、現在の自分のスキルで受けられる仕事を、可能な範囲でたくさん受け、全力でこなしましょう。

これは信用と実績作りのため、そして開発スピードを上げるためです。仕事をくれたクライアントに対しての信用と実績にもなるし、経歴書やポートフォリオに記載することで、対外的なアピールにもなります。

また、スピードが上がれば、受けられる仕事の数も増えるのでそれだけで収入UPにもなります。

※ポートフォリオの書き方がわからない方は下記記事をどうぞ。

ポートフォリオを100倍魅力的に!作成のコツとホームページ実例集
更新日 : 2019年6月18日

「人脈」を作る

続いて、SNSを始めたり、同じエンジニア同士の勉強会やイベントに参加して人脈を作りましょう。

フリーランスは会社員に比べて収入が不安定になりがち。継続的に仕事をもらうことが収入を安定させるコツですが、そうした継続した案件を受ける上では人脈は作りは欠かせません。

なお、人脈の作り方は下記の記事が参考になりますので、参考になさってください。

知らなきゃ損!フリーランスの仕事を交流会で獲得する有益な方法
更新日 : 2019年1月10日

スキルアップ&営業

仕事に慣れてきたら、新たなスキルを身につけることも忘れずに! エンジニアは最新技術が次々に発表されます。ずっと一つのスキルだけで食べていけるわけではありません。

そのため、これからトレンドになるだろう分野のスキルを身につけていきましょう(例:現在であれば、AIや機械学習、VRなど)こうしたトレンドに乗れば大きく稼ぐこともできます。

また、同時にSNSやフリーランス向けエージェントを使い営業をかけましょう。ここで意識するのは「単価を上げて収入をアップさせる」ということです。

従来自分が受けていた単価よりも高めに設定し、決して自分のスキルを安売りしないようにしましょう。

「現職」のままエンジニアが年収を上げる方法

最後に、現職のまま収入をアップする方法をいくつかご紹介します。気になったものやこれはできそうだなと思うものから手をつけていきましょう。

直接、給与交渉をする

画像:Shutterstock

まずは、会社に直接給与交渉をする方法です。

現在の自分のスキルやこれまで会社であげた実績を整理し、その上で希望の給与金額を具体的に提示しましょう。

転職サイトによっては無料で年収査定サービスを行っているところもありますので、これを利用するのもアリです。

※例: doda年収査定パソナキャリア年収査定シミュレーション

昇給制度をチェックして対策

昇給制度を確認し、査定のポイントや周期などを確認してみましょう。会社によっては特定の資格を持っていることで昇給する制度があるところもあります。

たとえば、国家資格である「基本情報技術者試験」と「応用情報技術者試験」がその例です。

以下のTwitter投稿にもあるように、実際に取得したことで給料アップにつながったケースも。

それなりに勉強も必要ですが、昇給にもなりスキルアップにもなりますので、挑戦してみる価値は大いにあるでしょう。

なお、両資格について詳しくは以下の記事をお読みください。

応用情報技術者試験とは? IT業界で上を目指すなら取得したい資格を紹介
更新日 : 2019年6月20日

 

個人で案件を受ける(副業)

クラウドソーシング等を使い、個人で開発案件などを受注する「副業」で稼ぐという方法もあります。

自分のスキルを活かせる上に、給与交渉・昇給制度を利用するのと違い、比較的すぐにお金が入ってくるというのも大きなメリットです。受注した案件は自分の実績にもなりますので、転職やフリーランスとして独立する際にも有用。

ただし、会社の規定で副業についての扱いを事前にきちんと確認しておくようにしましょう。

ブログやSNSで広告収入を得る(副業)

続いても副業ですが、ブログやSNSを使って発信し広告収入を得るという方法もあります。

現代は、フリーになって自由に働きたいと考える人が増え、そのための手段としてエンジニアのスキル(プログラミング等)を身に着けようという動きが活発です。

そのため、自分のスキル・経験を活かしてブログを書いたりSNSで発信し、アフィリエイト広告やスポンサーによる広告収入を得ることも十分に可能です。

こちらも会社の規定の確認が必要ですし、何よりもコツコツと継続することが重要ですが、大きく安定的に年収を上げられるチャンスがあります。

年収をあげるためにはポートフォリオが重要

ここまで何度か触れてきたように、転職にも、フリーランスとして独立するにも、副業として仕事を受けるにも、非常に重要になるのが「ポートフォリオ」の質です。

ポートフォリオは、自分が何ができるのかを客観的にかつ魅力的に見せることができ、エンジニアが年収を上げるためには欠かせない存在です。

魅力的なポートフォリオの作成方法は下記の記事にまとめていますので、こちらもぜひお読みいただき、魅力的なポートフォリオを作成してください!

エンジニアのポートフォリオとは?未経験者に必要な訳と作成ポイント
更新日 : 2019年7月18日

まとめ

画像:Shutterstock

以上のように、エンジニアの年収を上げるための方法はいくつもあり、きっとあなたにもできる方法があるはずです。

年収はいくら欲しくて、それをいつまでやるかを決め、転職・独立・現職のままどれがいいのかを選んだら、自分で設定した期限までに徹底的にがんばってみましょう。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

ナカガワダイキ

ナカガワダイキ

■筆者について
他業種からIT業界へ転身しました。
初心者目線で誰でもわかりやすい記事の執筆を心がけます。
■プログラミングに対して一言
プログラミングは人生を変えるスキルだと思います。このブログからプログラミングに興味を持っていただける方が1人でも増えれば嬉しいです!
■好きなプログラミング言語
Swift
■フォローしているエンジニア
KBOYさん、KENTAさん

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説