Swiftが学べる企業研修おすすめ5選【未経験から経験者まで】

Swiftの研修を自社に導入したい!
でもどの企業研修が良いの?

この記事をご覧のあなたは、そんな疑問を抱いているのではないでしょうか?

Swiftは将来性のあるプログラミング言語のひとつであり、Swiftの研修を外部委託したいと考える方もいるでしょう。外部委託することで経験豊富な講師陣から実践的な学習が可能です。

そこでこの記事では、Swiftが学べるおすすめの企業研修を紹介していきます。

Swiftの特徴や学ぶべき理由、外部委託するメリットや企業研修の種類なども紹介するので、ぜひ参考にしてください。

目次

Swiftとは

Swiftとは
Swiftとは

Swiftは、2014年にAppleによって発表された新しいプログラミング言語です。Swiftに対応しているのは、MacOSとiOSとなります。Swiftでは、iPhoneやiPad、Macで使えるアプリを開発できます。

様々なアプリ開発に使われており、「クックパッド」や「グノシー」などが代表例です。

Swiftの特徴

Swiftの特徴は、コーディングが簡単なことです。従来は、iPhoneやiPad向けのアプリを開発するには、Objective-Cが使われてきました。しかし、Objective-Cは、複雑なプログラミング言語であり、学習するのに時間がかかります。

そこで、Swiftでは最新の設計思想が盛り込まれているためアプリ開発が簡単になりました。例えば、セミコロンが必要ないことや型の指定が必要ないなどが挙げられます。

Swiftを学ぶべき理由

Swiftは新しい言語のため、習得者が少ないです。そのため、いまのうちに習得することで市場価値の高いエンジニアになることが可能となります。

Swiftは、GoogleやFacebookが注目しているプログラミング言語であり、需要の増加が予想されています。Swiftを習得することで、将来性のあるエンジニアになれるのです。

Swiftの企業研修を外部委託するメリット

外部委託するメリット
外部委託するメリット

Swiftの企業研修は外部委託が可能です。外部委託するメリットは以下の3つです。

それでは、それぞれ詳しく解説していきます。

研修の準備や手間を省ける

効率的に社員を育成できるのは社外に研修を依頼するメリット

外部委託することで、研修の準備や手間が一切不要となります。研究への手間が省けることで、より自社の主力事業に時間をさけることができます。

研修への準備に毎回時間がかかっている企業の方は、外部委託を検討してみましょう。

経験豊富な講師から学べる

研修社員に実務を想定したスキルが身につくのは社外に研修を依頼するメリット

講師は、現役エンジニアやフリーランスエンジニアなど、知識と経験を兼ね備えた方々がそろっています。経験豊富な講師から学ぶことで、社員のモチベーションアップや生産性の向上に繋がるでしょう。

助成金が支給される

費用をおさえて研修できるのは社外に研修を依頼するメリット

日本国内では、企業研修で活用できる様々な助成金が用意されています。助成金によっては外部委託の費用を全てまかなうことが可能です。つまり助成金を活用して実質無料で研修を行えます。

企業研修の種類

企業研修の種類
企業研修の種類

Swiftの企業研修には、主に「講座形式」と「オンライン形式」の2つの種類があります。それでは、それぞれの特徴とどんな人におすすめなのか解説していきます。

講座形式

スライドなどの資料を講師が使いながら、講座形式で教育する企業研修となります。一般的に、講座形式の企業研修を提供する企業が多くなっています。

特徴

講座形式は、講師が直接その場で教えてくれるため、疑問点やわからない部分はその場で解決できるのが特徴となります。ただし、一度に可能な人数が限られてきます。

こんな人におすすめ

講座形式では、講師との積極的なコミュニケーションが重要です。そのため、コミュニケーションを活性化させたい企業の方におすすめとなります。

オンライン形式

講義形式のオンライン版となります。スカイプなどのオンライン通話で質問できるものや、独自のオンライン教材を解いていくスタイルなどがあります。最近では、オンライン形式の企業研修サービスが増えています。

時代の変化に伴い、講座形式の企業研修からオンライン形式にシフトしつつあります。

特徴

場所や時間の制限がなく、自分のペースでタイミングで学習を進められるのが特徴です。各社員の学習レベルに応じて、ひとり一人に適切なコンテンツを提供できます。

こんな人におすすめ

Swiftに対する社員の理解レベルにバラツキがあり、それぞれのレベルに合わせた学習が必要な企業におすすめです。また、講座形式よりもひとり一人へのサポートが手厚いため、少数精鋭でエンジニアを教育したい企業の方にもおすすめです。

Swift研修が依頼できるオンライン形式のおすすめ会社2選

侍エンジニアビズ

出典:SAMURAI ENGINEER Biz

経済産業省が定める「DX認定事業者」に認定されている法人向けオンライン研修サービス「SAMURAI ENGINEER Biz」では、依頼企業の成長を目的に「プログラミングスキルを活用して課題解決できる人材」の育成を行います。

SAMURAI ENGINEER Bizでは、一般的な研修会社のようにすでにある既存のカリキュラムで研修を進めていくわけではありません。

依頼企業が抱える現状の課題や社員のスキルレベルをヒアリングしたうえでカリキュラムを作成するため、限られた研修期間でも成果に直結するSwift言語を効率的に習得できます。

Swift研修のカリキュラム例
  • 新規プロジェクト作成(SwiftUIを用いたアプリ開発に必要な新規プロジェクトの作成方法を学習)
  • SwiftUIレイアウト基礎(VStack/HStack/ZStackによるレイアウトの作成方法を学習)
  • タブビューの開発(Lineのような下タブのレイアウト作成方法を学習)
  • ナビゲーションビューの開発(ナビゲーションビューがあるアプリの作成方法を学習)
  • リスト表示の開発(ニュースアプリのようなリストの表示方法を学習)
  • 画面間データ連携(リスト表示/タップから次画面への遷移方法を学習)

参考:SAMURAI ENGINEER Biz

また、SAMURAI ENGINEER Bizでは

  • 研修外で質問できるオンラインQ&Aサービス
  • 研修外での学習コーチによるコーチングセッション
  • インストラクターとの面談を通じた学習進捗の報告

といったサポート体制を整えているため、新入社員でも挫折なくSwift言語の習得が可能です。

社員研修に加え、DXの推進や新規の事業開発を伴走支援する「メンタリングサービス」も実施しているため、社員を育成しながら企業基盤の改善・強化も並行して進められます。

社員のスキルアップと企業成長の双方をサポートしてくれるため、研修を通じて中・長期的に成果をあげる体制を構築できますよ。

  • 料金:264,000円(4週間〜)
  • 受講人数:1人〜大人数まで対応可能

TechAcademy

TechAcademy
出典:TechAcademy

TechAcademyでは、実務レベルでスキルが身につく企業研修を提供しています。これまでに600社、総勢30,000人を超える教育実績を誇ります。従来の研修とは異なり、多くのアウトプット機会を提供する能動的な学習スタイルを採用しています。

最大の特徴はひとり一人に「専属のメンター」がつくことです。合格率10%という狭き門を突破した各メンターにより、課題レビューやビデオチャットでのサポートが受けられます。完全オンラインで各自のペースで学習できる研修です。

  • 料金:139,000円〜
  • 受講人数:1人〜

Swift研修が依頼できる講座形式のおすすめ会社3選

ここからは、講座形式・オンライン形式それぞれおすすめの企業研修を紹介していきます。

まずは講座形式のおすすめ企業研修を紹介していきます。

カサレアル

株式会社カサレアル
出典:カサレアル

カサレアルの会場で定期的に開催しているオープン研修です。Swiftコースでは、Swiftの基礎的な知識を1日で学べる「速習Swiftプログラミング言語」や「SwiftによるiOSアプリ開発応用」など、基礎から応用まで様々なコースが用意されています。

カサレアルの研修は、1日や数日間と短期間で完了するコースが大半をしめるのが特徴となります。基礎を体系的に学べる研修です。

  • 料金:40,000円〜
  • 受講人数:各コースによる

トレノケート

トレケノートでは最新のメソッドやテクノロジーに対応した企業研修が可能です。取引している企業数はおよそ1,800社と実績のある企業研修となります。豊富なラインナップにより、新入社員から経営層まで幅広い従業員に向けた研修が可能です。

また、グローバル企業にも対応しており、海外出身の方に向けた研修も可能です。要望に応じて、人数・予算・期間などをカスタマイズして提供しています。研修の効果測定まで行える充実したサービスです。

  • 料金:柔軟に対応
  • 受講人数:1人〜

NECマネジメントパートナー

NECマネジメントパートナーは新人社員向けの企業研修となります。事前の課題やテストを行うなど、学習した内容の定着をはかるための様々な取り組みが行われます。

最大の特徴は、研修中にグループワークを設けており、「コミュニケーション機会」を促進していることです。オンライン上でのコミュニケーションが発達し、対面でのコニュニケーションが苦手な写真が増えている課題にアプローチしたコンテンツです。

また、育成支援システムを用意しており、受講状況や研修での成長を確認可能です。

  • 料金:要お問い合わせ
  • 受講人数:要お問い合わせ

まとめ

今回は未経験者から経験者まで、Swiftを学べる企業研修を紹介しました。

自社で企業研修を外部委託するイメージは湧いたでしょうか? Swiftの企業研修を外部委託することで、実績豊富な講師陣による質の高いコンテンツにより、社員の学習効率を高めることができます。

この記事がきっかけで、自社に合った企業研修が見つかれば幸いです。

目次