【法人/企業向け】Docker研修会社おすすめ11選!選び方も紹介

Docker研修を実施している会社は複数あるため、どこにしようか迷う方は多いですよね。また「IT研修」という表記はあるものの「Docker研修を依頼できる」とは明記していない企業もあるため、本当に依頼できるのか不安な方もいるはず。

そこで、本記事ではDocker研修を依頼できる法人におすすめの研修先11社を、選び方も交えて紹介します。Docker研修を依頼するメリットも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

目次

自社にあうDocker研修会社を選ぶ5つのポイント

自社にあうDocker研修会社を選ぶ5つのポイント
自社にあうDocker研修会社を選ぶ5つのポイント

まずはじめに、研修会社を選ぶ5つのポイントを紹介します。

自社の課題解決に紐づくカリキュラムか

自社の課題解決につながるカリキュラムかを確認する

研修会社を選ぶ際には、自社の課題解決に紐づくカリキュラムが採用されているかを確認しましょう。

企業によって、研修のゴールは異なります。たとえば、Dockerとは何か、基本的な知識を身につけるための研修を実施したい企業もあれば、実際にコンテナ化まで習得させたいと考えている企業もあります。

カリキュラムが自社の課題解決に結びつくか確認しておかないと、研修を受けても目的を達成できず研修にかけた費用や時間を無駄にしかねません。事前にカリキュラムを確認しておけば、課題解決につながる研修会社の選定が可能です。

研修の時間や経費をムダにしないためにも、事前にカリキュラムを確認し、それが貴社の課題に沿うものかどうかを確認しておきましょう。

社員が受講しやすい研修形式・スタイルか

社員が受講しやすい形式・スタイルで研修が行われるかどうかも、確認しておくべきポイントです。主な研修形式と、それぞれのメリット・デメリットは次のとおりです。

社員が受講しやすい研修形式かを確認する
スクロールできます
メリットデメリット
オンライン場所を選ばず受講できる受け身での受講になりやすい
通学型他社の社員と交流できる可能性がある通学に費用や時間がかかる
講師派遣会議室など社員が慣れた場所で研修を受けられる自社で会場を用意する必要がある

研修スタイルには、次のようなものがあります。

社員が受講しやすい研修スタイルかを確認する
スクロールできます
メリットデメリット
集団研修他の受講者と交流や意見交換ができる個人の理解度にあわせて研修を進めるのが難しい
個別研修個人のスキルや理解度にあわせて研修を進められる費用が高くなりやすい
動画/eラーニング時間も場所も選ばず個人の都合にあわせて研修を進められるわからないことがあっても質問しにくい

社員が受講しやすい形式・スタイルを選ばないと、受講する社員にも負担がかかってしまうかもしれません。事前に確認しておけば、自社にあった形式・スタイルの研修を選べます。

研修社員の進捗を確認できるか

研修の進捗を確認できる研修会社を選ぶ

研修社員の進捗を確認できる機能やシステムがある研修会社かを把握しておくのも重要です。研修会社によっては、どこまでレッスンを進めたか、どの動画を閲覧したかなどを確認できるシステムが用意されています。

研修会社名進捗報告の方法
SAMURAI ENGINEER Biz月に1回インストラクターと管理部門の面談を実施可能
インターネット・アカデミー学習管理システムによる進捗状況の一元管理
進捗を確認できる研修会社の例

進捗がわかるシステムの有無を確認しておかないと、各社員がどれだけ研修を進めたかがわからず、配属や業務の割り振りに影響する可能性があります。進捗確認の有無や方法を確認しておけば、受講後の計画も事前に立てることができます。

研修の進捗に関する報告はあるか、どのような形式で確認できるのか、研修会社を選ぶ前に把握しておきましょう。

社員のモチベーションを維持する仕組みがあるか

社員のモチベーションを維持する仕組みがあるかを確認する

研修会社を選ぶ際には、社員のモチベーションを維持する仕組みがあるか、確認しておく必要があります。

新しいスキルを身につけようとしても、途中で挫折してしまう人も多くいます。企業の研修でも例外ではありません。

メンタリングやすぐに質問できる環境など、モチベーションを維持する仕組みがあれば、挫折する可能性を下げることができます。

研修会社名モチベーション維持の方法
SAMURAI ENGINEER Biz学習コーチによる月に1回のコーチングセッションが可能
TechAcademy週2回のマンツーマンメンタリング
モチベーション維持の仕組みを導入している研修会社の具体例

研修中、モチベーションを維持する仕組みがあるか確認しておかないと、自社で予想外のフォローが必要となる可能性もあります。モチベーションを維持する仕組みの有無を確認しておけば、社内でのフォローが必要か検討してから研修会社を選択可能です。

どのような仕組みで社員のモチベーションを維持するのか、事前に確認してください。

研修後のフォロー体制が充実しているか

研修後のフォロー体制が充実しているかを確認する

研修会社を選ぶ際には、研修後のフォロー体制の確認も必要です。

研修会社の中には、研修終了後から一定の期間を空けてフォローアップ研修を行う企業や、研修終了後もチャットなどで質問を受け付ける会社もあります。フォロー体制が充実していれば、実際に仕事をして、わからないことが出てきた場合などにも質問が可能です。

研修後のフォロー体制を確認しておかないと、自社でのフォローに想像以上の時間がかかってしまうかもしれません。フォロー体制について確認しておけば、自社で必要なフォローを事前に確認し余裕を持った対応が可能です。

研修後にフォローを行っているか、どのようなフォローを実施しているのか、きちんと確認しておきましょう。

企業/法人向けDocker研修会社一覧

企業/法人向けDocker研修会社一覧
企業/法人向けDocker研修会社一覧

下記に、今回紹介する企業/法人向けのDocker研修会社をまとめました。研修会社選びにご活用ください。

スクロールできます
研修期間実績研修形式資格対策コースの有無研修可能な定員数
SAMURAI
ENGINEER
Biz
短期間~長期間・累計指導実績3万5,000名以上
・経済産業省が定める「DX認定事業者」に認定
・無料カウンセリングの満足度98%
オンライン / 対面は要相談
・個別研修
要お問い合わせ少人数~大人数まで可能
CTC教育
サービス
1/3日間
※日程はコース内容ごとに異なる
・Oracle社「Oracle Excellent Instructor」を受賞
・VMware Learning Partner of the year 2020 AWARD受賞
会場/オンライン
・集合研修
予約空席数分
Tech
Academy
要お問い合わせ・受講生3万名以上
・導入企業800社以上
・第13回 日本e-Learning大賞「プログラミング教育特別部門賞」受賞
オンライン
・個別研修
1名~
RESKILL要お問い合わせ・36年間培ったノウハウ
・1,500社以上の研修実績
・プロフェッショナルの講師陣300名以上
会場/オンライン
・少人数/個別研修/集合研修
要お問い合わせ要お問い合わせ
トレノケート応相談・受講者数7万4,079名
・提供企業数1,362社
・満足度約90%
会場/オンライン
・集合研修
1人~大人数まで可能
Top Out
Human
Capital
2日間
※日程はコース内容ごとに異なる
・Citrix 2020 CALC Partner of the Yearを受賞
・EC-Council ATC of the Year Award 2020を受賞
・Cisco DevNet 500 に認定
会場/オンライン/講師派遣
・集合研修
予約空席数分
富士通
ラーニング
メディア
1日~8週間・年間受講者数25万5,000名(全コース含む)
・認定講師数1,808名
オンライン/対面
・集合研修/eラーニング
予約空席数分
インターネット
アカデミー
要お問い合わせ
※要望に応じて研修期間を調整可
・日本初のIT・Webプロフェッショナル育成の専門スクール
・教育業界唯一のW3Cメンバー企業
会場/オンライン
・少人数/個別研修/集合研修
要お問い合わせ
株式会社
カサレアル
1日要お問い合わせ会場/オンライン
・個別研修/集合研修/講師派遣/eラーニング
要お問い合わせ予約空席数分
i-Learning応相談要お問い合わせ会場/オンライン
・集合研修
要お問い合わせ予約空席数分
NEC
マネジメント
パートナー
1日~1年
(コース毎に異なる)
受講者数1万4,444名以上会場/オンライン
・集合研修
1名~

それぞれの特徴をふまえて、自社にあう研修会社をピックアップしてください。

企業/法人向けのDocker研修会社おすすめ11選

ここからは、企業・法人におすすめのDocker研修会社を紹介します。

SAMURAI ENGINEER Biz(侍エンジニアビズ)

SAMURAI ENGINEER Bizのおすすめポイント
  • 完全オーダーメイド型のカリキュラム
  • 未経験の人材育成から既存エンジニアの育成も可能
  • DX推進時・新規事業開発時の伴走型サポートも提供

経済産業省が定める「DX認定事業者」に認定されている法人向けオンライン研修サービス「SAMURAI ENGINEER Biz」では、依頼企業の成長を目的に「Docker知識やノウハウを活用して課題解決できる人材」の育成を行います。

SAMURAI ENGINEER Bizでは、一般的な研修会社のようにすでにある既存のカリキュラムで研修を進めていくわけではありません。

依頼企業が抱える現状の課題や社員のスキルレベルをヒアリングしたうえでカリキュラムを作成するため、限られた研修期間でも成果に直結するDockerの知識やノウハウを効率的に習得できます。

Docker研修のカリキュラム例
  • コンテナ技術の基礎知識(Dockerとはなにかを学習)
  • Dockerの基礎知識(Dockerの操作方法を学習)
  • Dockerの実務的な運用方法(Docker-composeの使い方を学習)

参考:SAMURAI ENGINEER Biz

また、SAMURAI ENGINEER Bizでは

  • 研修外で質問できるオンラインQ&Aサービス
  • 研修外での学習コーチによるコーチングセッション
  • インストラクターとの面談を通じた学習進捗の報告

といったサポート体制を整えているため、新入社員でも挫折なくDockerの知識やノウハウ習得が可能です。

社員研修に加え、DXの推進や新規の事業開発を伴走支援する「メンタリングサービス」も実施しているため、社員を育成しながら企業基盤の改善・強化も並行して進められます。

社員のスキルアップと企業成長の双方をサポートしてくれるため、研修を通じて中・長期的に成果をあげる体制を構築できますよ。

研修期間短期間〜長期間(柔軟に対応)
実績・累計指導実績3万5,000名以上
・経済産業省が定める「DX認定事業者」に認定
・無料カウンセリングの満足度98%
主な
研修内容
・Dockerの基礎知識
・コンテナ技術の基礎知識
(Dockerの実務的な運用方法など自由にカスタマイズ可能)
・DX推進や新規事業開発の伴走支援
・ITリテラシー研修
・プログラミング研修(使用言語は柔軟に対応)など
研修形式オンライン / 対面は要相談
アクセス完全オンライン

SAMURAI ENGINEER Bizの導入事例

NAYUTA株式会社

求めている順番通りに研修してくださったので、侍エンジニアにしてよかったなと強く感じています。
自分たちが「こういう人をここまで育てたい」と考え、それに合ったカリキュラムをご用意いただける。侍エンジニアの法人研修の魅力を最大限に引き出すのはそこなのではないかと思いますね。まあ侍エンジニアなら何も考えていなくても、色々ご提案いただけると思います

引用:SAMURAI ENGINEER Biz

CTC教育サービス

CTC教育サービスのおすすめポイント
  • 必要に応じて他のIT研修も受講可能
  • Dockerコンテナの管理やDockerlifeの管理を習得可能
  • Dockerの概要や基本知識を学べる

CTC教育サービスは、Dockerだけでなく、ITに関する幅広い研修を行っている研修サービスです。CTCテクノロジーのオリジナルコースや、ベンダー認定の資格取得を目指す方向けのコースもあります。

Docker入門コースでは、Dockerの基本的な知識や使い方を習得できます。研修を受けることで、Dockerコンテナの管理やDockerlifeの管理ができるようになります。

前提知識として、Linuxシステム管理を受講完了、もしくはそれと同等の知識が必要です。Dokerの概要や基本操作に関する研修を実施したい企業に適しています。

研修期間・1日間
・3日間
※コース内容によって日程が変わります。
実績・Oracle社「Oracle Excellent Instructor」を受賞
・VMware Learning Partner of the year 2020 AWARD受賞
主な
研修内容
・Linux入門研修
・Dockerを使用したコンテナ環境の構築・運用管理入門
・Kubernetesを使用したコンテナ環境の構築・運用管理入門
など
研修形式会場/オンライン
・少人数/個別研修
アクセス※住所をタップすると、GoogleMapへ移動します。
東京都港区虎ノ門4-1-1
神谷町トラストタワー

CTC教育サービスの導入事例

現在、導入事例は調査中のため、随時更新いたします。

TechAcademy(テックアカデミー)

TechAcademy(テックアカデミー)のおすすめポイント
  • 未経験から実務レベルまで習得可能
  • パーソナルメンターによるサポートあり
  • 短期間で結果を出せる独自のカリキュラム

TechAcademy(テックアカデミー)は、現役エンジニアから学べる、オンラインに特化した研修サービスです。IT研修はもちろん、企業ごとの悩みにあわせたDX研修や、ITスキルの高い人材を紹介するサービスも提供しています。

Docker研修は、未経験者でも実務レベルまで習得可能な内容です。Dockerの基礎基本を学ぶとともに、オーケストレーションも習得し、複数のホストでコンテナを運用する方法が学べます。

短期間で結果を出せる独自のカリキュラムと、パーソナルメンターが学習をサポート。丁寧なフォローと進捗報告を期待する企業におすすめです。

研修期間要お問い合わせ
実績・受講生3万名以上
・導入企業800社以上
・第13回 日本e-Learning大賞「プログラミング教育特別部門賞」受賞
主な
研修内容
・Dockerの理解
・コンテナの基本的な使い方
・Dockerfileの理解と基本的な使い方
・オーケストレーション(Kubernetes)での開発の方法とスキル
など
研修形式オンライン
・少人数/個別研修
アクセス完全オンライン

TechAcademyの導入事例

新卒社員研修でOJTで教えることが困難になり、オンラインプログラミング研修を導入!
社内リソースを用いることなく、未経験者でも実務に活かせるスキルを習得。

引用:TechAcademy

RESKILL(リスキル)

RESKILL(リスキル)のおすすめポイント
  • すべての研修を一律料金で受講可能
  • コマンド操作やイメージ作成を行いながらスキルを習得可能
  • 環境のカスタマイズができるようになる

RESKILL(リスキル)は、すべての研修を一律料金で受講できるのが特徴の研修サービスです。IT研修以外に、伝え方研修やキャリア研修などビジネス全般に関わる研修も行っています。

Docker研修では、Dockerの全体を理解し、コマンド操作やイメージ作成を行いながらスキルを習得可能です。仮想化とコンテナの前提知識から、自ら環境をカスタマイズできるようになるところまでを実践します。

研修を受講するにあたって必要な知識は特に設定されていません。未経験者向けのDocker研修を実施したい企業に適しています。

研修期間要お問い合わせ
実績・36年間培ったノウハウ
・1,500社以上の研修実績
・プロフェッショナルの講師陣300名以上
主な
研修内容
・Dockerの概要や基本技術の理解
・Dockerfileで任意のイメージ構築
・Docker Composeで複数コンテナを管理
など
研修形式講師派遣/オンライン
・集合研修
アクセス各企業のオフィスにて研修実施

RESKILLの導入事例

現在、導入事例は調査中のため、随時更新いたします。

トレノケート

トレノケートのおすすめポイント
  • Dockerの概要から学習できる
  • エンジニアだけでなくプロジェクトマネージャーなども対象
  • プロジェクトに関わった経験を持つ人向けの講座

トレノケートは、IT研修とビジネス研修を提供している研修サービスです。各種の資格取得を目指せるコースも多数用意されています。

Docker入門コースでは、Dockerの概要から複数コンテナの連携、コンテナの活用までを学習できます。Dockerに興味を持っているソフトウェアエンジニアや、開発環境としてDockerの採用を検討しているPM/PL/TLの方が対象の講座です。

前提条件として、LinuxシェルやWindowsコマンドプロンプト、ソフトウェア開発プロジェクトに携わった経験などが求められます。現在プロジェクトに参加しているメンバーのスキルをより高めたい企業におすすめです。

研修期間応相談
実績・受講者数7万4,079名
・提供企業数1,362社
・満足度約90%
主な
研修内容
Dockerとは
コンテナ・イメージの作成
コンテナの活用 など
研修形式会場/オンライン
・集合研修
アクセス※会場名をタップすると、Google Mapが表示されます。
東京会場
東京都新宿区西新宿6丁目8番1号
住友不動産新宿オークタワー20階
大阪会場
大阪府大阪市北区中之島3丁目2番18号
住友中之島ビル11F
名古屋会場
愛知県名古屋市中区栄3-3-21
セントライズ栄10階
その他全国に会場あり。
詳しくはこちら

トレノケートの導入事例

SCSK株式会社

トレノケート様には、コロナ以前から複数年にわたり、弊社新入社員研修を支援頂いています。そのため前年度からの変更点に関する議論に集中でき大変助かっています。コロナ以前と同等の内容をオンライン研修で実現して頂いており、今年度も弊社の要望や状況に合わせ柔軟に対応頂きました。オンライン研修を制約ではなく機会と捉え、演習環境のクラウド化・受講者のレベルに応じたクラス分け・eラーニングと研修の効果的な組み合わせなど、前向きにさらなる改善をして頂いてます。今後もトレノケート様と共に知恵を出し合いながら新入社員を育成していきたいと思っています。

引用:トレノケート

Top Out Human Capital

Top Out Human Capitalのおすすめポイント
  • DockerだけでなくRancherやKubernetesも同時に学べる
  • コンテナの構築方法や管理方法を学べる
  • コンテナ化の総合的なスキルを身につけられる

Top Out Human Capitalは、IT人材の育成を行う研修サービスです。IT基礎やDXなどの知識のほか、ヒューマンスキルとしてマネジメントやチームビルディングの研修も受けられます。

コンテナ仮想化を学ぶ Docker / Rancher / Kubernetes 実習コースでは、Dockerだけでなく、RancherやKubernetesのスキルも同時に習得可能。各ツールの基本的な概要から、コンテナの構築方法、管理方法も学べます。

受講対象者は、Linuxの知識があり、基本コマンドの入力・実行ができる方です。コンテナ化の総合的なスキルを身につけてほしい企業に適しています。

研修期間2日間
※コース内容によって日程が変わります。
実績・Citrix 2020 CALC Partner of the Yearを受賞
・EC-Council ATC of the Year Award 2020を受賞
・Cisco DevNet 500 に認定
主な
研修内容
・Dockerの基本的概要/使い方
・Dockerの基本コマンドの使用方法
・Dockerfile および Docker Compose の記述・ビルド方法 など
研修形式会場/オンライン/講師派遣
・集合研修
アクセス※住所をタップすると、GoogleMapへ移動します。
東京都港区芝5-29-20
クロスオフィス三田

Top Out Human Capitalの導入事例

社名非公開

非常に良かった。 レッスンプロではなく現場経験を現役で豊富に積まれている方が講師を務めてくださっているので、実務に即した質問にも的確に答えていただき資格の勉強にとどまらない範囲まで非常に得るものが多かった。

引用:Top Out Human Capital

富士通ラーニングメディア

富士通ラーニングメディアのおすすめポイント
  • 目的にあわせて最適な講座を受講可能
  • さまざまなスタイルで受講可能
  • 一部の講座は英語にも対応

富士通ラーニングメディアは、ITや働き方に関する研修を提供しているサービスです。対面やオンラインでのライブ、eラーニングなどさまざまなスタイルでの受講が可能で、一部の講座は英語にも対応しています。

Dockerが学べる講座は「アプリ開発者のための、Dockerで学ぶコンテナ仮想化入門」や「速習! Kubernetes & Docker」など複数あるため、目的にあわせて最適な講座を受講可能です。コースによって、受講対象者や必要となる前提知識も異なります。

細かくコース分けされた研修の中から、自社に最適なものを選びたい企業におすすめです。

研修期間1日~8週間
実績・年間受講者数25万5,000名(全コース含む)
・認定講師数1,808名
主な
研修内容
・Dockerを使用したコンテナ型仮想化技術の使用方法
・開発/テスト環境の構築方法 など
研修形式オンライン/対面
・集合研修/eラーニング
アクセス全国に会場あり
詳しくはこちら

富士通ラーニングメディアの導入事例

現在、導入事例は調査中のため、随時更新いたします。

インターネット・アカデミー

インターネット・アカデミーのおすすめポイント
  • 仮想環境の構築から設定までを通して学べる
  • コンテナ技術を理解した上でコンテナ管理ができるようになる
  • カリキュラムのカスタマイズが可能

インターネット・アカデミーは、ITやビジネスマナーなどの講座を提供している研修サービスです。ITパスポートや基本情報技術者などの資格を取得したい方向けの研修もあります。

「Vagrant、Docker研修」は、仮想環境の構築から設定までを通して学べる講座です。インフラエンジニアとして業務に携わる方や、開発部門に配属される新入社員の方が対象で、コンテナ技術を理解した上でコンテナ管理ができるようになります。

カリキュラムは、自社にあわせてカスタマイズも可能。新入社員向けの研修を実施したい企業におすすめです。

研修期間要お問い合わせ
※要望に応じて研修期間を調整可
実績・日本初のIT・Webプロフェッショナル育成の専門スクール
・教育業界唯一のW3Cメンバー企業
主な
研修内容
・Dockerのインストールとチュートリアル
・Dockerコマンド
・Dockerfileを使ったコードによるサーバ構築
など
研修形式会場/オンライン
・少人数/個別研修/集合研修
アクセス※会場名をタップすると、GoogleMapへ移動します。
新宿AVENUE校
東京都新宿区新宿2-5-12 FORECAST新宿AVENUE 10F
新宿校
東京都新宿区新宿2-5-15 新宿山興ビル2階
渋谷校
東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー5階

インターネット・アカデミーの導入事例

アドビ株式会社

受講者によってスキルセットにばらつきがある中で、初心者に合わせないでほしいとも伝えていたので、受講したメンバーによってはついていくのが大変だったと思います。
しかし、受講者からは、わかりやすかったという声とともに、プログラミングを自分で行う実践演習が組まれていたおかげで、吸収した知識を定着させることができたという感想がたくさん聞こえてきました。

引用:インターネット・アカデミー

株式会社カサレアル

株式会社カサレアルのおすすめポイント
  • オンラインでも双方向の研修を受講できる
  • 短期間で必要なスキルを身につけられる
  • アプリケーションのコンテナ化をハンズオンで学習できる

株式会社カサレアルは、研修だけでなくイベントやセミナー、システム開発などのサービスを提供している会社です。オンラインでもZoomを使って双方向の研修を行うため、わからないことがあればその場で質問できます。

Docker入門講座では、インターネット上に公開されているコンテナ・イメージの利用方法や基本的なコンテナの管理方法を学習します。さらに、独自のアプリケーションをコンテナ化し、配布する方法もハンズオンで学習可能です。

短期間で必要なスキルを身につけられるのが特徴です。時間をかけず、自社に都合の良いスタイルを選んで研修を実施したい企業に適しています。

研修期間1日
実績要お問い合わせ
主な
研修内容
・コンテナ/イメージの作成
・複数コンテナの連携
・コンテナの活用 など
研修形式対面/オンライン
・個別研修/集合研修/講師派遣/eラーニング
アクセス※校舎名をタップするとGoogle MAPが開きます。

カサレアル品川トレーニングセンター
東京都港区港南一丁目2番70号
品川シーズンテラス 24階

株式会社カサレアルの導入事例

株式会社クレディセゾン

個人的には、カサレアルどうこうではなくて、受講者が12名もいるので、脱落者が出てもおかしくないと思っていました。得意不得意もありますし。ただ、カサレアルが研修してくれることに対しての不安はありませんでした。普通は任せてしまうと、主導権を握られるのが通例なんですが、こちらの意見もちゃんと聞いてもらえました。

引用:株式会社カサレアル

i-Learning(アイ・ラーニング)

i-Learning(アイ・ラーニング)のおすすめポイント
  • レガシーシステムエンジニアのスキルシフトもサポート
  • オンラインでの受講が可能
  • 基礎からアプリケーション開発まで学べる

i-Learning(アイ・ラーニング)は、ITスキルやビジネススキルの研修を行うサービスを提供している会社です。対面での研修だけでなく、オンラインやeラーニングでの研修も提供しています。

Dockerを学べるのは「触れて学ぶコンテナ基礎 ~Docker操作編~」のコース。コンテナ技術の基本原理を理解するところから、マルチコンテナ環境のアプリケーション開発まで学べます。

初めてコンテナ技術に触れる方を対象としたコースですが、受講するにはLinuxの基本的なコマンド操作を身につけておかなければなりません。コンテナ初心者向けの研修を実施したい企業におすすめです。

研修期間応相談
実績要お問い合わせ
主な
研修内容
・ コンテナ技術の基本動作原理
・ Dockerのコマンド操作
・目的に適したコンテナ・イメージの作成 など
研修形式会場/オンライン
・集合研修
アクセス※会場名をタップすると、Google Mapが表示されます。
アイ・ラーニング 研修センター (東京 / 茅場町)
東京都中央区日本橋箱崎町4-3
国際箱崎ビル2階、6階、7階
アイ・ラーニング 研修センター(大阪)
大阪府大阪市中央区淡路町3丁目5番13号
創建御堂筋ビル9
その他全国に会場あり。
詳しくはこちら

i-Learningの導入事例

現在、導入事例は調査中のため、随時更新いたします。

NECマネジメントパートナー

NECマネジメントパートナーのおすすめポイント
  • 手を動かしながら学べる
  • インストールから学習をスタートできる
  • 管理方法までしっかり学べる

NECマネジメントパートナーでは、ITやビジネススキル、グローバルスキルの研修を行っています。資格取得対策コースもあります。

Docker入門講座では、インストール方法からコンテナの管理方法まで解説。ハンズオンで手を動かしながら学べます。

インストール方法から、丁寧に学べる研修を求める企業におすすめです。

研修期間1日~1年
(コース毎に異なる)
実績受講者数1万4,444名以上
主な
研修内容
・コンテナ/イメージの利用方法
・基本的なコンテナの管理方法
研修形式会場/オンライン・集合研修
アクセス

NECマネジメントパートナーの導入事例

現在、導入事例は調査中のため、随時更新いたします。

Docker研修を依頼する3つのメリット

Docker研修を依頼するメリット
Docker研修を依頼するメリット

ここまで、おすすめのDocker研修会社を選び方も交えて紹介しました。ただ、中にはDocker研修が本当に必要なのか疑問をいだいている方もいますよね。

そこで、ここからはDocker研修を外部に依頼する3つのメリットを紹介します。

効率的に社員を育成できる

効率的に社員を育成できるのは社外に研修を依頼するメリット

Docker研修を依頼するメリットは、社内のリソースを割かずに社員育成ができることです。自社内でDocker研修を実施するとなると、有限なリソースを適切にやりくりしなければなりません。

例えば、研修を一から企画するにしても、限りある人的資源を割く必要があります。教材(テキスト)の作成や受講者のスケジュール調整など、やるべき作業が山積みです。

加えて、自社内研修では講師役になる社員も必要となります。自社の社員を講師役とすれば、研修当日は持ち場を離れなければならず、本来の業務にも影響があります。

研修を外部に依頼すれば、このような準備は必要ありません。

実務を想定したスキルが身につけられる

研修社員に実務を想定したスキルが身につくのは社外に研修を依頼するメリット

Docker研修を外部に依頼すると、実務を想定したスキルが身につけられる点もメリットです。

自社で研修を行う場合、社員が講師役を務めます。社員は、Dockerの扱いには長けていても、人に教えるスキルが高いとは限りません。

また、自社でDockerに対する知見が乏しい場合は、研修にかけた時間に対して少ないスキルしか身につかない恐れがあります。

外部の講師は教えることを専門としており、初心者がどこでつまづきやすいか、どのようなスキルなら習得しやすくすぐに現場で役立つかを把握しています。

実務経験豊富な講師陣を擁する外部の企業に研修を依頼すれば、実務を想定したスキルが効率よく身につくでしょう。

費用をおさえて研修できる

費用をおさえて研修できるのは社外に研修を依頼するメリット

外部に研修を依頼すると、費用をおさえられる可能性があります。

外部に研修を依頼する場合、自社で研修を行うより費用がかさむイメージを持っているかもしれません。しかし、次のような助成金を活用すれば、研修にかかる費用をおさえられます。

制度名助成額
人材開発支援助成金・IT分野未経験者に対する研修:最大60%の助成金が支給
・高度なデジタル分野の訓練:最大75%の助成金が支給
社内型・民間派遣型スキルアップ助成金年度内100万円
オンラインスキルアップ助成金・小規模企業者:27万円
・その他の中小企業等:20万円
DXリスキリング助成金64万円

今回紹介した研修会社のうち、助成金を使える企業は次のとおりです。

助成金を利用できる場合、自社で研修を行うより費用をおさえられる可能性があります。助成金の利用には条件があるため、事前によく確認してから研修会社を選んでください。

DockerとKubernetesの違い

DockerとKubernetesの違い
DockerとKubernetesの違い

「Docker研修」を調べていると「Kubernetes」という言葉が一緒に出てくるケースが多いため、違いが曖昧な方も多いのではないでしょうか。

結論、DockerとKubernetesには「コンテナを用いてアプリケーションを実行する」という共通点があります。しかし、DockerとKubernetesは、根本的に異なる技術です。

DocerとKubernetesの違いは次のとおりです。

スクロールできます
用途
Docerアプリケーションの実行環境を構築するツールコンテナの作成・起動・停止
Kubernetesコンテナ化したアプリケーションの管理・運用ができるオープンソースのプラットフォームコンテナの管理

Dockerはコンテナの作成・起動・停止という機能を有する一方で、管理機能は有していません。そこでDockerの管理機能を担うのがKubernetesなのです。

いうなれば、DockerとKubernetesは切っても切れない関係にあります。それぞれ独立した機能を持ちますが、お互いに補完しあうことで、さらなる相乗効果をもたらすのです。

Dockerを上手く活用するには、Kubernetesとの連携が必要不可欠。よって「Dockerのみを学習する」「Kubernetesのみを学習する」など、どちらか一方に偏るよりも二つを連携させることが大切です。

DockerとKubernetes両方の研修が受けられる研修会社は、次のとおりです。

Docker研修を検討しているなら、併せてKubernetes研修の受講も検討しましょう。

まとめ

今回は、Dockerの研修を行っている研修会社を紹介しました。研修会社を選ぶ際には、研修スタイルや進捗報告の有無を事前に確認しておきましょう。

外部に研修を依頼すると費用がかさむと思っているかもしれませんが、助成金を利用すれば費用がおさえられるなど、さまざまなメリットがあります。この記事を参考に、自社にあう研修会社を探してみてはいかがでしょうか。

目次