curriculums_2

プログラミング入門完全攻略ガイド【基礎学習/言語選び/アプリ開発/仕事獲得】

「プログラミングを学んだらどんなことが出来るの?」
「どの言語を学べばいいの?どうやって学習すればいいの?」
「どうやったらアプリ作れるの?」

多くのプログラミング入門者からそんな声をよく聞きます。

ひと昔前と比べれば無料で学べる学習サイトや、サービスは格段に普及しました。

しかしながら、それらをどこから手を付けて、どうやって学習していけば効率が良いのか、どうしたら挫折せずに済むのか、その答えに1人でたどり着ける人は殆どいません。

その原因は、「プログラミングの基礎学習方法〜言語選定〜オリジナルアプリ開発方法」までを、体系的にまとめられている記事や書籍が存在しないからです。

そこで今回、全くのプログラミング入門者がプログラミングの基礎学習から実際にアプリを作り、エンジニアとして仕事を獲得するところまでのノウハウを一つの記事にまとめました。

この記事の解説通りに学習を進めていけば、つまづくことなくプログラミング学習をすることができるでしょう。

カリキュラムの読み方

この記事はプログラミング入門者が最速でプログラミングの基礎学習を終えるところまでのノウハウをまとめた内容になってます。

既に学習を始めている方からすれば、常識的なことも書いてあります。そのため、以下のことを意識してお読みください。

  • 既に学習をスタートされている方は「目次」を活用し、読む必要がないところは飛ばしてください
  • 各章の内容はそれぞれ詳細記事が御座いますので、より詳しく知りたい場合はそちらをご覧ください

すでに学びたい言語が決まっている方

すでに学びたいプログラミング言語がお決まりの方は、下記の「カリキュラム記事」をご覧ください。

各言語に特化した学習方法などを紹介しています。これらを読めばより効率的に学習を進めることができるでしょう。

crruculums_swift

curriculums-c-lang

crruculums_python

3032_2

crruculums_java_0

crruculums_javascript_0

この記事の目次

1章:プログラミングとは何かを知ろう

この章はこんな人におすすめ

  • プログラミングってそもそも何なのかが知りたい
  • プログラミングでどんなことができるのか知りたい
  • プログラミングを学ぶとどんなメリットがあるのかを知りたい

この章では、そもそも「プログラミングとは何か?」という根本的なところから、プログラミングを使えばどんなことができるのか?また、学習する意味やメリットまでを明確にしていきます。

本格的にプログラミング学習にはいる前に、知っておきたい情報をまとめました。

そもそもプログラミングとは何かを知ろう

curriculums1_1↑本質を掴んでおくことがプログラミング学習において一番の近道(参照

【この記事で学べること】

  • プログラミングとは何か
  • プログラムとは何か
  • プログラミングの本質とは何か

プログラミングについて、最も根本的な概念を分かりやすく説明していきます。

プログラミングの世界は奥が深く、中には概要や本質を掴みにくいものもあります。学習に取り掛かる前にそういった、そもそもの概要や本質を掴んでおくと理解がしやすく、効果的に学習を進めていけます。

ここでは、「そもそもプログラミングとは何か」についてわかりやすく解説していきます。土台となる知識をしっかりと身につけましょう。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

プログラミングでどんなことができるのかを知ろう

curriculums1_2↑ITの世界の知る上で、プログラミングは必須(参照

【この記事で学べること】

  • プログラミングでどんな物を作れるのか
  • 学習することでどんな業界に入ることが出来るのか

プログラミングの可能性は無限大です。プログラミングでどんなことができおるのか、どんなものが作れるのか、どんな業界があり、どんな仕事ができるようになるのか。学習前の前提知識として知っておきたいところを紹介します。

プログラミング入門者やITの世界に疎い方でも、その世界の概要をしっかりと掴めるよう、わかりやすく解説しています。「プログラミング・エンジニアの世界観」を把握すること。本格的な学習前のとても大事なことです。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

プログラミングスキルを身につけるメリットを知ろう

curriculums1_3↑メリットを知ることでモチベーション維持につながり、挫折率大幅ダウン(参照

【この記事で学べること】

  • プログラミングを学ぶメリットとは何か
  • なぜプログラミング学ぶべきなのか
  • 学んだ後に得られるメリットとは何か
  • 学ぶだけで得られるメリットとは何か

あなたのプログラミングを学習する理由はなんですか?現時点で明確な理由があればいいですが、そうでない方もいるでしょう。目的や理由が明確ではないと、挫折してしまうかもしれません。

ここでは、プログラミングを学んで得られるメリットをご紹介します。どんなメリットを得られるかを知り、学ぶ目的や理由を明確にしましょう。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

最低限知っておきたい関連用語を知ろう

curriculums1_4↑横文字を理解することが苦手意識の克服に(参照

【この記事で学べること】

  • プログラミングをする上で必要最低限知っておきたい用語とは何か

プログラミングスキル習得のハードルが高い原因の一つに、その特異な「専門性」があるのではないでしょうか。デジタルな世界特有の「横文字の連続」に、多くの人が悩まされていると思います。

ここでは、プログラミング関連用語を入門者でもわかるように解説しています。基礎用語をしっかり押さえ、後のつまづきを減らしましょう。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

2章:プログラミング学習の前に知っておきたいこと

この章はこんな人におすすめ

  • プログラミングが自分でも習得可能なのかどうか知りたい
  • プログラミング学習の挫折率が高い理由を知りたい
  • 挫折を防ぐ、その対処法を知りたい

この章では、プログラミング学習に入る、その一歩手前の段階で知っておきたい情報や知識を学べます。誰しも、遠回りしたくないものです。最短距離でプログラミングを習得するための「事前知識」をしっかり覚えておきましょう。

特にプログラミング学習の挫折率とその理由、それに対する事前準備を行っておくことは非常に重要です。

プログラミングが誰にでも習得可能な理由とは何かを知ろう

2393_2↑プログラミングに対する心理的ハードルが高い今がチャンス(参照

【この記事で学べること】

  • 現代においてエンジニアの需要がどれほどあるのか
  • 昔に比べてプログラミング習得のハードルが低くなった理由とは何か

多くの日本人は学習したことがある・ないに関わらず、『プログラミング』に対する心理的ハードルが高い傾向にあります。あなたもそのうちの一人ではありませんか?実際には誰にだって習得できるものなのです。

ただ、どうしても難しいイメージだったり、心理的ハードルが高くなってしまうのもわかります。誰にだってプログラミングが習得可能な根拠が欲しいところですよね。

ここでは、「なぜプログラミングは誰にでも習得可能なのか」について、詳しく紐解いていきます。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

プログラミング学習の挫折率とその原因を知ろう

curriculums2_2↑3つの壁を乗り越えてしまえばプログラミングの習得は目前(参照

【この記事で学べること】

  • プログラミングの挫折率とは
  • 挫折の原因「3つの壁」とは
  • 挫折しないためにはどうすればいいのか

「プログラミングを独学で勉強することは可能なのか?」あなたを含めたプログラミング入門者の疑問の一つにこのようなものがあるでしょう。当たり前ですが、独学で習得できる人も挫折してしまう人も、どちらも数多くいます。

ただ、圧倒的に挫折してしまう人の方が多いのではないでしょうか。一説によると、プログラミングを独学する人の実に90%以上は挫折してしまうという結果が出ています。

一昔前であれば数十万円の価値がついていたような学習コンテンツが、今や無料でネット上から拾えます。学習コストは下がり、多種多様なコンテンツある中で、未だに挫折率は下がらず、挫折者が絶えないのはなぜでしょうか。ここではプログラミング入門者が挫折してしまう原因を「3つの壁」という形でまとめ、その壁を乗り越える方法についてご紹介しています。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

3章:あなたにあったプログラミング言語を選ぼう

この章はこんな人におすすめ

  • 自分に適したプログラミング言語を知りたい
  • 自分が作りたいモノを開発するために適したプログラミング言語を知りたい
  • プログラミング言語の種類を知り、その違いを知りたい
  • 今人気で今後も需要があるプログラミング言語を知りたい

この章では、どのプログラミング言語を学べばいいのかを決めることができます。はっきり言って、最初に学ぶプログラミング言語は今後のエンジニア人生は良くも悪くも大きく変えます。間違った選択をしないようにこの章を熟読し、最適なプログラミング言語を選びましょう。

「作りたいモノ」でプログラミング言語を選ぼう

eyecatch_template_4_1↑一番興味のあるものを作れる言語を選ぶことが目標達成への近道(参照

【この記事で学べること】

  • システムを構築したい時に学ぶべきプログラミング言語とは
  • WEBサービスを作りたい時に学ぶべきプログラミング言語とは
  • ゲームを作りたい時に学ぶべきプログラミング言語とは

世の中にはなんと200種類以上のプログラミング言語があるとされています。その中で自分に適した言語を選ぶには、「作りたいモノから選ぶのが鉄板」です。

ここでは、その200種類の中から実際によく使われている人気言語を「作りたいモノ」別に分類し紹介・解説しています。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

迷った時に選びたい言語を知ろう

2619↑読んだあとは思い切って言語を選んでしまおう(参照

【この記事で学べること】

  • 現代において選んで間違いのないプログラミング言語とは何か
  • 言語選びで失敗しないコツとは何か
  • 何を基準に学ぶ言語を決めればいいのか

どのプログラミング言語を学習するかによって、出来ることや、働ける業種、将来性など大きく変わってきます。また、難しい言語を選んでしまうと挫折しがちです。

どんな言語を選べばいいのか、判断基準や選ぶコツなんてプログラミング入門者は持ち合わせていないのが当然です。「迷った時はこの言語を学びましょう!」とプロから背中を押してもらって選んでもらうのも一つの手でしょう。ぜひ参考にしてみてください。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

4章:プログラミング学習の全体像を知ろう

この章はこんな人におすすめ

  • プログラミング学習にどれくらいの時間がかかるのか知りたい
  • アプリを開発できるようになるまでどれくらいの時間がかかるのか知りたい
  • プログラミング学習のロードマップを知りたい
  • プログラミング学習に必要なモノは何か、何を準備すればいいのか知りたい

プログラミング言語を決めたら、いざ学習スタートです。でもその前に確認しておきたいことがあります。どうやって学習していくか、頭の中に描けていますか?

何も考えず突っ走るのも一つの手です。ただ、遠回りをしたくなければ、学習のロードマップ(全体像)を手に入れるべきです。この章では、最短最速でプログラミングを習得するための「プログラミング学習の全体像」を学べます。

プログラミング学習の目安時間を決めよう

curriculums4_1↑終わりなき学習は勉強のための勉強になりがち(参照

【この記事で学べること】

  • プログラミング基礎学習での目安学習時間とは
  • アプリ開発の基礎学習での目安学習時間とは
  • プログラミング応用学習での目安学習時間とは

1つのプログラミング言語を完全に習得するのに約1000時間程かかると言われています。もちろん程度にもよりますが、プログラミングの世界は奥が深いです。学習しようと思えば、いくらでも学習できてしまいます。悪く言えば、キリがないんです。

何の目安も決めずに学習をスタートすると終わりのない学習を続けてしまう恐れがあります。

ここでは、「プログラミングを使ってアプリケーション開発を自力で行える」までを一つの目標にし、各ステップごとの学習時間に目安をつけました。

侍エンジニア塾の指導の中で目安にしている時間になりますので、是非参考にしてスケジュールなどを組んでみましょう。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

プログラミング学習の基本の3ステップをしろう

eyecatch_template↑自己流<<適切な学習方法(参照

【この記事で学べること】

  • 挫折しないプログラミング学習のやり方とは
  • プログラミング学習の基本的な3つのステップとは

プログラミング学習には「鉄板の学習方法」があります。実はあまり知られていませんが、今エンジニアとして活躍している人はほとんど全員そのやり方で学習してきました。

ここでは、プログラミング入門者では知りえない、その「鉄板学習法」を3ステップにまとめて解説しています。しっかり押さえて無駄な学習時間を省きましょう。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

プログラミング学習に必要なモノを準備しよう

curriculums4_3↑最高の準備をしてプログラミング学習をはじめよう(参照

【この記事で学べること】

  • プログラミング学習に必要なモノとは
  • プログラミング学習をする場合、WindowsとMacどちらがいいのか
  • パソコン以外に必要なものとは

プログラミングを習得するには色々と必要なモノがあります。それは物質的なもの以外にも、様々なモノが必要です。

学びたい!と強い気持ちを持つ事も重要ですが、学ぶ準備も重要です。ここでは、プログラミング学習に必要なモノを紹介しています。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

5章:プログラミングを効率よく学習するための方法を知ろう

この章はこんな人におすすめ

  • プログラミングスキルを効率的に習得する学習方法を知りたい
  • アプリ開発が最短最速で出来るようになるまでの方法を知りたい
  • 正しい学習教材とその使い方を知りたい

プログラミング学習のロードマップは頭の中に描けましたか?ここからは実際にプログラミング学習に入っていきます。

ただ、ここでも大事なことがあります。プログラミング言語を勉強することには間違い無いのですが、それだけの学習で十分でしょうか?実は言語以外にも学ばなくてはならないことが有ります。

この章では、あなたの目標や目的をクリアするために最も効率的な学習方法を学べます。

最も効率的なアプリ開発の方法を知ろう

curriculums5_1↑自分で書くコード量を極限まで省くことがアプリ開発の最大のカギ(参照

【この記事で学べること】

  • 本当に学習すべきこととは
  • プログラミング言語学習よりも時間を割いて学習すべきこととは
  • 最近のアプリ開発が極端に短く出来ている理由とは

プログラミング入門者からして、アプリ開発は未知の領域でしょう。一体どこから手を付ければ良いかわかりませんよね。そもそも、本当に自分がアプリ開発なんて出来るのか不安にもなるでしょう。

ただ、実は、自分で書かなければいけないソースコードをほんの僅かに抑えて、開発の難易度を減らす仕組みがあります。時と場合にもよりますが、一般的にエンジニアが直接自分で書く必要があるコード量はなんと全体の1%未満であることがほとんどです。

そんな最強の仕組みをご紹介していきます。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

正しい教材の選び方とその使い方を知ろう

curriculums5_2↑挫折する原因の一つは間違った教材選びにあり(参照

【この記事で学べること】

  • 正しい教材とは
  • 正しい教材の使い方とは
  • 正しい学習の順序とは

プログラミング入門者が挫折する大きな原因の一つとして、「教材選びを間違えてしまっていること」が挙げられます。

教材選びを間違えると、難しい内容で理解ができなかったり、勉強する順番を間違えたりするので、要点を順序よく学ぶことが難しくなるからです。しかし、正しい教材を正しい順番で学ぶことで、学習時間を何分の一にも短縮することが出来ます。

そこで今回は、「正しい教材の選び方と正しい学習の順序」をご紹介します。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

作品制作をするメリットとその方法を知ろう

curriculums5_3↑作品制作がエンジニアとしての付加価値を生み出す(参照

【この記事で学べること】

  • 作品制作のメリットとは
  • 作品制作の大まかな流れとは
  • プログラミング基本サイクルとは

実はプログラミング学習の最大のキモは「作品制作」です。つまり、「オリジナルのアプリケーションを開発すること」です。作品制作を行うと、自分で考えて調べながらコードを書けるようになります。

それによって、作りたいものが思い通りに作れるようになったり、エンジニアとして仕事ができるようになったりと、プログラミングが使えるスキルになってきます。

意外と知らないその重要性やメリットと、制作の方法について解説していきます。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

6章:初心者プログラマとして働こう

この章はこんな人におすすめ

  • 実務で使えるプログラミングスキルを磨きたい
  • エンジニアとして転職をしたいけどどうすればいいかわからない
  • 初心者プログラマで働ける自信がない
  • 実際のエンジニアはどんな働き方をしているかひとまず見てみたい

自作アプリを作ることで、なんとなくプログラミングについて理解できたことでしょう。

しかし、プログラミングスキルは実践で使って初めて自分のものになります。

実際にプログラミングを使う仕事をして、本物のプログラミングスキルを身につけましょう。

初心者プログラマ・未経験エンジニアでも働ける理由を知ろう

curriculums7_1↑経験がある・ないは関係ありません。大事なのはまずやってみること(参照

【この記事で学べること】

  • なぜ未経験でも働くことができるのかを知れる
  • 初心者プログラマでも働けるという自信を持てる

「そもそも初心者プログラマで実務経験なしの未経験エンジニアが企業で働くことなんてできるのか?」

こういった疑問や不安を抱えている方は少なくないはず。

専門職であるエンジニアに転職するには、実務経験やプログラミングスキルといった「立派な経歴」が必要だとお考えなのでしょう。

大前提として、プログラミングを「学ぼうとする姿勢」は必要です。しかし、必ずしも実務経験やプログラミングスキルが必要なわけではありません。

実務経験ゼロの「未経験」でも、プログラミングスキルゼロの「文系出身者」でも、エンジニアとして転職できます。

この記事では、なぜそんなことが言えるのか?その理由についてお答えしていきます。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

エンジニアならではの「仕事獲得の方程式」を知ろう

curriculums7_2↑仕事獲得の方程式を知ることで安定したエンジニアライフを送れる(参照

【この記事で学べること】

  • エンジニアならではの「仕事獲得の方程式」を知れる
  • 未経験からエンジニアとしてでも仕事を獲得できるノウハウを知れる

これといったツテがない未経験エンジニアはどのように仕事を獲得すればいいのか?

誰もが知りたいような情報ですが、体系的にまとめられた記事や情報は今まで出回っていませんでした。

この記事では、どのように未経験エンジニアが仕事を獲得すればいいのかを事細かに解説しています。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

仕事獲得を成功させるコツを知ろう

curriculums7_3↑未経験ならではの不安はコレで解消(参照

【この記事で学べること】

  • 仕事獲得の方程式をさらにうまく利用する方法を知れる
  • 転職サイトの上手な使い方を知れる

「エンジニアになりたいけど、これといって実績もないし、大丈夫かな…」
「転職サイトって上手く使うコツとかないのか…」

こういった悩みを解決してくれる記事です。

転職サイトを使う際の要点や、意識すべきポイントなどをご紹介しています。

エンジニアとしてのみならず転職活動全般における大切なこととも言えますが、エンジニアならではの適正や、専門性のアピール方法などにも触れています。

しっかり押さえれば、「コネなし」「スキルなし」でもエンジニアになれるでしょう。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

7章:プログラミング入門における8つのコツ

この章はこんな人におすすめ

  • プログラミング学習のコツが知りたい
  • プログラミング学習をより効率的に進めていきたい
  • 最短最速でプログラミングをマスターしたい
  • プロのエンジニアがどのようにプログラミングを学んできたか知りたい

プログラミングの基礎学習〜言語選定〜アプリ開発〜仕事獲得方法と大きく3つの内容を学びました。この章では、プログラミング学習のコツを余すことなく紹介します。全部で8つのコツです。

1〜6章で学んだ内容でも十分ですが、この章を頭に入れるだけで、学習の効率は10倍以上変わります。

プログラミング学習の3大原則を知ろう

curriculums6_1_1↑基本以上に大事なものはない(参照

【この記事で学べること】

  • プログラミング学習の原則とは何か
  • プログラミング学習でしてはいけないこととは何か

プログラミングは独学の場合、「約1000時間」の習得が目安とされています。これは脱初心者で、という意味です。もちろん、その半分の時間で習得される人もいれば、倍の時間がかかる人もいるでしょう。

ではその時間の差は一体なんでしょうか?プログラミング学習の「3大原則」を抑えられているかどうかです。

「基本」や「原則」というのは、非常に非常に大事なことです。

僕がいつも言っていることは基本に忠実になれということです。基本に忠実なんて言うといやな顔をする人が多いかもしれません。なんだそんなことかと。しかし、これは大事なことなのです。多くの人は基本に忠実にやらないで失敗するのです。/堀江貴文

堀江貴文さんもこのように言っているように、基本をおろそかにする人ほど、失敗の可能性は上がります。

プログラミング学習でいう失敗とは「挫折」や「諦め」ですね。この記事を見ているあなたは、もちろんこうなりたくないはずです。

ではプログラミング学習における「基本」とは、一体どんなことなのか、ご紹介していきます

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

プログラミング学習に必要な環境を作ろう

curriculums6_2↑現状を変えるには環境を変えるのが一番はやい(参照

【この記事で学べること】

  • プログラミング学習に必要な環境とは何か
  • その環境を作るにはどのようにすればいいのか

あなたは「プログラミングって何から勉強すればいいかわからない」と思った事はないですか?

当然のことながら、闇雲に学習を始めればそれだけ壁にぶつかる回数は増えてしまいます。学習の道しるべをしっかりと立てることによって作業効率や挫折率を軽減できることは多くの生徒さんを見て実感しております。

スティーブジョブズの名言の中に

right time , right place

という言葉があります。

直訳で「正しい時に正しい場所にいる」。つまりなにかを成し遂げるためにはただ闇雲に努力するのではなく、成功できる” 環境 ”に自分の身を置くことが成功の秘訣である、と訴えています。

では、プログラミングスキルを身につけるための ” 環境 ” とは一体どの様なものなのでしょうか。ここでは、侍エンジニア塾が考える「環境」についてご紹介していきたいと思います。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

プログラミング学習が捗るカンペの作り方を知ろう

curriculums6_3↑プログラミング学習において重要なのはいかにして無駄を省くか(参照

【この記事で学べること】

  • プログラミングの理解が早くなる方法とは
  • プログラミングで覚えたことが忘れなくなる方法とは

プログラミング学習中の方がよくされる質問の一つに、

効率的にプログラミングを勉強する方法はないか?

というものがあります。もしかしたら、あなたもこういった悩みを抱えているかもしれませんね。

こういった方々には私達は決まって、「『カンペ』を作りましょう!」と言います。カンペと言っても、テストで使うあのカンペではないですよ。用途は全く違いますので、安心してください。

ここでは、プログラミング学習における「カンペ」とは一体なんなのか、作るメリットとは、またその作り方についてお話していきます。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

プログラミングが上達する「検索術」を知ろう

curriculums6_4↑意外と知らない人が多いググり方のコツ(参照

【この記事で学べること】

  • より素早くエラーを解決する方法とは
  • 知って得するググり方のコツとは

より優れたエンジニアの条件として、「検索力」があることは絶対条件でしょう。

「検索力」とは、つまり、「ググる力」のことです。プログラミングだけに当てはまる話ではありませんが、エンジニアは常にエラーと戦います。事実、プロのエンジニアでも毎日、何度も何度も「検索」して情報を得ています。

ここでは、なぜ「検索力」がエンジニアにとって重要であるのか、またどのようにして検索をすれば良いのかといった「検索術」ついてご紹介していきたいと思います。

読み終わる頃には、エンジニアの必須スキルである「検索力」についての理解や「検索の仕方・テクニック」を習得することができるでしょう。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

プログラミングの勉強会に参加しよう

curriculums6_5↑勉強会は正しい知識、人脈、リアルな情報など得られるものが豊富(参照

【この記事で学べること】

  • プログラミング勉強会とは何か
  • プログラミング勉強会を見つける方法とは

プログラミング学習は孤独との戦いです。

自宅で勉強している時、エラーに詰まり解決できず、パソコンと本を投げ出してベッドに寝っ転がってスマホでfacebookチェックしちゃう…。あなたはこんな経験をしたことがありませんか?

「周りに刺激を受けながら勉強したい」「自分が勉強した内容をアウトプットしたい」「自分がわからないことを気軽に聞きたい」そんなあなたの望みを叶えてくれるのが「プログラミング勉強会」の存在です。

ここでは、あなたの望みを叶えてくれるプログラミング勉強会の種類や探し方、見つけ方についてご紹介していきます。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

プログラミング学習に必要な集中力を高める方法を知ろう

curriculums6_7↑1日の学習時間が限られている人にとって集中力は生命線(参照

【この記事で学べること】

  • 学習自体の集中力を上げる方法とは
  • 集中力を上げるアイテムとは

プログラミング学習に限らず、クリエイティブな作業や仕事は集中力を必要とします。

中でもプログラミングは論理的思考を必要とされ、とにかく頭を使います。コードを書いてる時、プログラミングの勉強をしている時、頭が破裂しそうになった経験はありませんか?

ここでは、そんな重要な「集中力」を高める方法について紹介していきます。今日から効果を発揮できるものばかりです。ぜひ参考にしてみてください。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

プログラミング学習の必須アイテムを知ろう

curriculums6_6↑お気に入りのアイテムでモチベーションもUP(参照

【この記事で学べること】

  • プログラミング学習の集中力を途切らせない方法とは
  • プログラミング学習の集中力を途切らせないアイテムとは

プログラミング学習は、何かと誘惑の多いネット環境を使わざるを得ない状況になります。

YoutubeやTwitter、Facebookの誘惑に負けたことはありませんか?

ここでは、そんな誘惑に負けないための方法やアイテムをご紹介いたします。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

挫折しそうになったらこれを読もう

curriculums6_8↑ここまで言われるとプログラミングに興味を持たざるをえない(参照

【この記事で学べること】

  • プログラミングを習得して成功した人物とは誰か
  • 成功者の語るプログラミングの重要性とは何か
  • なぜ学習し、どのように学習したのか

プログラミング学習はつまづいている時間が「8割」です。トライ&エラーを繰り返す中で挫けそうになってしまうことはありませんか?

そんな時は、この記事を読んでください。プログラミングを武器に「成功」を掴み取った偉人たちの言葉を集めています。きっと、折れそうなあなたの心をV字回復させてくれます。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

まとめ

いかがでしたでしょうか?プログラミング学習の道筋がイメージできたでしょうか?

簡単な道のりではありませんが、プログラミング可能性はまだまだ伸び続けます。

この機会に1人でも多くの方がプログラミングスキルを習得し、アプリ開発や仕事獲得のチャレンジをしていただく機会にしていただければ幸いです。

最短でプログラミングを習得したい方へ

元々ITリテラシーのある方やプログラムの学び方がわかっている方は独学でプログラミングを習得することができるでしょう。

ただし、実際の学習期間中はつまづいている時間がほとんどです。

「なかなかやり遂げられ無い、挫折してしまった」
「時間が足りない」

このような悩みを抱えている方も少なく無いと思います。

  • もう挫折したくない
  • 本業と両立しながら、好きな時間で自分のペースで勉強を続けていきたい
  • 自分だけのカリキュラムで効率的に勉強したい

そんな方はお気軽に侍エンジニア塾までご相談ください。

弊社では、プログラミング基礎学習からオリジナルアプリ開発、仕事獲得まで一通り学習できます。

お一人お一人に専属のインストラクターがつくので、通常のスクールでは難しい、オリジナルアプリ開発や、フリーランスとしての仕事獲得まで支援しています。

まずは「無料体験レッスン」で、弊社のコンサルタントと一緒にあなた専用の学習方やカリキュラムを考えてみませんか?

挫折しない学び方や、通常1000時間以上かかる学習時間を1/3にする方法などより具体的なアドバイスもさせていただいています。

詳しくは下の画像をクリックして弊社サービス内容をご確認ください。
cta_mantoman3-1

LINEで送る
Pocket