これぞ手に職!プログラミングができる5人の女性エンジニアがかっこよすぎる件

5737
灰猫
書いた人 灰猫

こんにちは!最近プログラミング学習を始めた女性ライターの灰猫です。

プログラミングと聞くと主に男性が働いているイメージがありますよね。

「女性でもプログラミングができるようになる?」
「プログラミングの世界で活躍している女性っているの?」


と疑問を抱いている人も少なくないと思います。

現在の日本では女性がプログラミングを学びたいと思っていてもなかなか周囲に見本となる女性がいません。

最近では子供や女性に向けたプログラミング勉強会が開催されるなど、女性も参加しやすい環境を作ろうという動きも見られますが、まだまだ日本では浸透していないのが現状です。

プログラミングは本来は男女関係なく「やればできる」というものなので特に女性が不利ということはないのですが、どうしても男性が多いのがプログラミングの世界。

意外と知られていませんが、女性でもプログラミングの世界で活躍している方々もいるんです!

これからプログラミングを学びたいと思っている女性なら、女性がプログラマとして成功することができるのか?また、どんな人生を歩んでいるのか気になりますよね?

そこで今回は女性エンジニアとしてプログラミングの世界で活躍している女性5人をご紹介します。

仲 暁子さん(Wantedly CEO)

naka-akiko

参照元

仲 暁子(なか あきこ)さんは、フェイスブックの社員として採用され、フェイスブックを利用した「Wantedly」というソーシャルリクルーティングサービスという独自のサービスを開発したカッコ良すぎる女性です。

プログラマとしてはもちろんですが、イラストや漫画も描ける万能女子です。ジョジョの奇妙冒険やエヴァでおなじみの庵野監督が好きということもあり、彼女のプロフィールページには「笑えばいいと思うよ」の名言が表示されています。

プログラミングといえば部屋にひきこもって作業するイメージですが、彼女はその逆で活発なイメージの女性です。
プログラミングを通してオリジナルのサービスを作り、独立している女性のお手本とも言える存在ですね。

個人的な意見なんですが、新しいものを作る人や今あるものを変えていける人って、自分の人生が有限であることを、強烈に感じられる人”だと思うんですね。

とにかく今、自分が面白いと思えることを手当たり次第にやることのほうが大切なんだと思います。

プログラミングを学びたいと思う女性なら少なからず彼女の考え方に同意してしまうのではないでしょうか?

人生を楽しく、自分らしく、かっこよくを実現していて生き方そのものに憧れてしまうような女性プログラマさんです!

先日取り上げられたTEDでのスピーチにはとても感動しました。ぜひ読んでみてください。

→ Wantedly仲暁子氏のTEDスピーチ「好きを仕事にする」 /ログミー

マリッサ・アン・メイヤー(Yahoo! CEO)

marissa

参照元

マリッサ・アン・メイヤーさんは20人程度の規模だったGoogleに女性エンジニアとして入社し、その後Yahoo!のCEOへと上り詰めた方です。

米Yahoo!の社長兼CEO。元Google検索製品およびユーザーエクスペリエンス担当副社長。Googleの顔の一人

99年に創業直後のGoogleに女性エンジニアとして入社。以来、検索や地図サービスの開発に携わり、2010年からは副社長も務め、12年間に渡って同社の躍進を支えた。

2015年には女の子の双子を出産するなど女性としての人生の転機を迎えても、変わらず仕事をしている世界レベルの”できる女性”

産休は数週間程度で、その間も(家から)仕事は続ける
マリッサ・メイヤーは初産から数時間後には病院のベッドから会社に電話してきて朝一番の会議に参加したらしい

出産直後に仕事に復帰したことから賛否両論もありましたが、そこはCEOとしての責任感の現れなのではないでしょうか。
日本でなくともここまで出世するのは並大抵のことではありませんが、マリッサのようにプログラミングから活躍の場を広げている女性もいます。

女性エンジニアとして活躍し、プログラミング業界での女性進出を象徴するシンボル的な存在ですね。

池澤あやかさん(女優)

img003

参照元

Rubyの女神と呼ばれ、女優でありながらギーク女子な彼女。本格的なプログラミングもこなせる女優さんなんて素敵です。女性としての美を備えながらプログラミングできる女性としてこれからプログラマを目指す女性の理想像になりえるかもしれません。

Rubyは本で勉強したり、島根県の産業振興課が主催する「Ruby合宿」に参加して勉強しました。Rubyで有名なのがRailsなので、徐々にWebの世界に落ちて行きました(笑)

当ブログでも特集していますので気になる人はチェックしてみてくださいね!

原綾香さん

img004

参照元

「就業ログと逆求人を融合した就職支援システムの開発」というプロジェクトがIPA未踏IT人材発掘・育成事業に採択された、いわゆる「未踏」の人。

女子中高生を対象としたITワークショップ「Life is Tech!」のリーダー。女性エンジニアをもっと増やしたいと考え、中高生向けIT教育事業の営業などを行っています。

女の子もやってみようよ。たとえその子に向いていないとしても、この世界を知らないままに過ごしてしまうのはもったいないよ。そういうメッセージを発信したいんです。

本来プログラミングとは男女差のないものなので、女性にもプログラミングの楽しさを知ってもらおうという考え方の持ち主です。
自らを「Code Girls 応援団長」として、Google、IBM、ソニーなど様々大手企業とコラボしながら女性の業界進出を応援する活動を行っています。

山本文子さん

img005

参照元

「日本一デキる女子高生プログラマー」

ネット系女子!山本さんは、中高生のためのスマートフォンアプリ開発コンテスト「アプリ甲子園」で優勝した経験のある日本一の女子高生プログラマーです。

まとめサイトでアプリを自作できることを知り、さらに同い年の角南萌さんがアプリ甲子園で優勝しているのをみて自分でも作ってみようとチャレンジしたのがきっかけとなり、プログラミングの世界に入っていきました。

上記で紹介した原綾香さんの主催するITワークショップ「Life is Tech!」でプログラミングの世界にハマってしまった女子高生の1人です。

毎年3月に赤坂BLITZで開催される高校生イベントのデザイン班長とPV班長をやっていて、ロゴやイベントスタッフのパーカなどのデザインをしているんです。

山本さんはプログラミングだけでなくデザインの分野にも興味があり、様々な活動をしています。

まとめ

プログラミングは世界共通で使えるスキルなので女性としてはまさに手に職タイプの仕事です。出産などでブランクがあってもアウトソーシングなどを活用することで働き方が選べるなど、女性にとってもメリットの多い職業となってきています。

プロとして企業でバリバリ働くことで男性を超える年収を獲得している女性や、在宅で自分にあった働き方ができるな自分にも自信が持てるようになります。

そのぶん向き不向きはありますが、一度ハマるとやめられない楽しさがプログラミングにはあります。ぜひこの機会に、学び始めてみてはいかがでしょうか?


33歳、未経験だった僕がフリーエンジニアになれた理由
現在フリーでWEBエンジニアをやられている濱口直行さん。33歳で、プログラミングを学び始め、約半年という短い期間で独立までされた学習ログを余すことなくインタビューさせていただきました。

プログラミングを学習中の方はもちろん、独立をお考えの方まで幅広く活用できる記事になっています。この機会に是非活用していただければと思います。


現役フリーランスエンジニアによる無料体験レッスン実施中!

もし、あなたが、

  • 経験、年齢、学歴に不安がある
  • 挫折しない学習方法が知りたい
  • アプリ開発で困っている
  • エンジニアの”生”の声が聞きたい!
  • 仕事獲得の仕方がわからない
  • エンジニアに転職したいが何をすればいいかわからない

など、プログラミング学習やキャリアのことでお困りであれば、まずは『無料体験レッスン』にお申し込み下さい。

あなたにとって、最適の解決策をご提案させていただきます。

詳しくは下の画像から詳しいサービス内容をご確認ください。

cta_mtm3

学習者インタビュー

32歳ベンチャー企業元役員が起業してプログラミングを学んだ話
ヨガスタジオのマネージャーだった私が3ヶ月でWeb制作をマスターするためにした”たった1つ”のこと
Uターン女子がRubyを学んで理想のライフスタイルを手に入れた話
ダメ営業マンがわずか3ヶ月でエンジニアデビューできた理由

プログラミング学習者必見

専属講師に質問し放題、レッスンし放題、最短1ヶ月でフリーランスエンジニア
プログラミング学習カリキュラム無料公開中
Ruby学習カリキュラム無料公開中
 1記事最大11,000円!テックライター募集


LINEで送る
Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!をしてフォローしよう

最新情報をお届けします

書いた人

灰猫

灰猫

プログラミングの学習を始めたギーク女子。電子回路や様々なガジェット好き。プログラムの羅列を眺めているだけでも幸せなので勉強が進まないのが最近の悩み。好きなショートカットキーはCtrl+Z