いきなり入門書はNG!?正しいプログラミング学習教材の選び方

eyecatch_template_5_1
佐野裕史
書いた人 佐野裕史

プログラミング入門者が挫折する大きな原因の一つとして、「教材選びを間違えてしまっていること」が挙げられます。

教材選びを間違えると、難しい内容で理解ができなかったり、勉強する順番を間違えたりするので、要点を順序よく学ぶことが難しくなるからです。しかし、正しい教材を正しい順番で学ぶことで、学習時間を何分の一にも短縮することが出来ます。

そこで今回は、「正しい教材の選び方と正しい学習の順序」をご紹介します。

入門書から初めてはいけない!?

shutterstock_198302987
プログラミング入門の教材として、入門書を選ぶ方は多いです。

『入門』とか『絶対わかる!』などのタイトルを見て、『これならできそうだ!』と思い購入します。でも、なかなか思うように勉強がすすまない。このような経験をしている方がすごく多いのです。

実はプログラミング学習を書籍から始めることはあまり良くない方法です。書籍から初めることはいくつかのデメリットがあります。

デメリット

高くて重くて分厚い

入門書は辞書のような厚さをしていて、重いものが多く、価格も高いです。

持ち運びがしづらいので、机の上に置きっぱなしになることが増え、勉強する機会が減ってしまいがちです。

時間が掛かる

書籍は全体的に広く書かれているので情報量が多く、重要なところだけを勉強することが難しいので効率が悪いです。

またコピーができないため、1文字1文字を自力で打っていく必要がありますが、コードを打ち間違えることが多く、間違いを発見することに時間がかかってしまいます。

さらに、分からない言葉があった時はページを戻って学び直したり、ググッて調べなくてはならないので、分からない言葉が出てくるたびに学習が止まってしまいます。

入門書から初めることはこのようなデメリットが潜んでいます。でも書籍がダメならいったい何から初めればいいのか分からなくなりますよね。そこで、プログラミング入門におすすめの教材をご紹介します。

まずは無料学習サイトを使おう

shutterstock_234375982
無料でプログラミングが学べる学習サイトがあります。

入門書からよりも、学習サイトから初める方が初学者に適しています。

実は、学習サイトから勉強を初めることにはたくさんのメリットがあるのです。

メリット

いつでもどこでも使えて料金が安い

パソコン、タブレット、スマートフォンなどすべての端末に対応しているので、時間や場所を選ばずに勉強できます。

さらに多くのサイトは無料で使うことができます。無料でも、こんなに勉強できて無料でいいの?という質の高さですので十分学習ができるでしょう。

有料サイトの場合でも、月1000円〜3000円程度で安いので気軽に利用できますし、学習にプラスになる便利な特典があったりします。

早く学べる

書籍では詰め切れることも、動画だと圧縮必要があるので、重要なところだけポイントで学べるため効率が良いです。

また、ミスタイプしてもサンプルコードが用意されているので、コピー&ペーストすることによって、ひとまず進めることができます。

そして、わからない言葉で出てきても、画像や動画などで直感的に学べるので止まらずサクサク学ぶことが出来ます。

サイト紹介

学習サイトを使うことでこのようなメリットがあります。学習を行う際の手間や障害ができるだけ無いように工夫されているので、初学者に向いているといえるのです。

なお、おすすめの学習サイトはこちらの記事でご紹介しております。

これで『正しい教材選び』をすることができました。でも、学習サイトで勉強が終わったら次はどうすればいいのか、という学習の流れがまだ分からないですよね。

それでは次に、学習サイトからの学習の流れについて見ていきましょう。

『学習サイト→書籍』の流れで学習する

shutterstock_377989123

プログラミング言語の勉強は「学習サイト」で十分

プログラミング言語の学習は学習サイトで十分です。なぜなら、本当に必要な学習は『フレームワークの学習』だからです。
(フレームワークって何?という方はこちらの記事を読みましょう!)

プログラミング言語の学習とフレームワークの学習の割合は『2:8』で、フレームワークの学習の方が圧倒的に割合が多くなります。

プログラミング言語を使って、実際にどのようにモノを作り始めて、どうやって配信まで行うのかといった部分は、フレームワークの学習の中で学んでいくからです。

ただ、フレームワークはプログラミング言語で作られているため、プログラミング言語の基礎を先に学んでおくことで、フレームワークが理解しやすくなります。

フレームワークの学習は「学習サイト」+「書籍」

フレームワークは学習の8割を占める重要なところなので、しっかり学習したいです。

フレームワークは学習サイトで学ぶこともできますが、書籍の方がより詳しく書かれていますので、学習サイトをやったのち、書籍で詳しく落とし込んだ方がいいでしょう。

おすすめの書籍は、一部の言語ですがご紹介しておりますので、参考にしていただければ幸いです。

【Ruby on Rails】侍インストラクターおすすめの書籍5選
【保存版】WordPressの学習本をレベル分け!入門、中級、上級全6冊
【完全保存版】iPhoneアプリ開発オススメ入門書籍11選
【決定版】Androidアプリ開発のおすすめ書籍7選

もしこの中に無ければ、Amazonでレビューの高いもので、入門者向けのものを選びましょう。

最後に

いかかでしたでしょうか?入門書から始めてしまう方が多いうえに、フレームワークの学習の方が重要だという事実も、多くの方が知らないことです。

正しい教材の選び方は書籍より学習サイトを選ぶことです。正しい学習の流れは、まず学習サイトでプログラミング言語を学ぶ、次にフレームワークを学び、最後にフレームワークを書籍で詳しく学習することです。

これによって学習時間を何分の一にも短縮することが出来るでしょう。

現役フリーランスエンジニアによる無料体験レッスン実施中!

もし、あなたが、

  • 経験、年齢、学歴に不安がある
  • 挫折しない学習方法が知りたい
  • アプリ開発で困っている
  • エンジニアの”生”の声が聞きたい!
  • 仕事獲得の仕方がわからない
  • エンジニアに転職したいが何をすればいいかわからない

など、プログラミング学習やキャリアのことでお困りであれば、まずは『無料体験レッスン』にお申し込み下さい。

あなたにとって、最適の解決策をご提案させていただきます。

詳しくは下の画像から詳しいサービス内容をご確認ください。

cta_mtm3

プログラミング学習者必見

専属講師に質問し放題、レッスンし放題、最短1ヶ月でフリーランスエンジニア
月額たったの2980円で質問し放題!驚きの新サービス登場
プログラミング学習カリキュラム無料公開中
 1記事最大11,000円!テックライター募集


LINEで送る
Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!をしてフォローしよう

最新情報をお届けします

書いた人

佐野裕史

佐野裕史

侍エンジニア塾インストラクター。
主に技術担当をしています。

【経歴】
力仕事、接客業、営業職など様々な業界を経てIT業界に参入。
IT未経験からスタートし、1ヶ月で仕事獲得に奇跡的に成功。
1年半後にフリーランスに転身。

Web開発を主に行っており、得意とするのはRails、Ruby。
【技術スキル】
Rails、Ruby、Swift、Java(Android)、JavaScript

【趣味、趣向】
麻雀
MTG(マジックザギャザリング)
ダーツ、卓球、野球、ボウリングなどの球技

【Facebookページ】
https://www.facebook.com/hiroshi.sano.7
【Twitter】
プログラミング講師@佐野裕史
自分でプログラミングができない人のために情報を発信しています。
お気軽にフォローください。